ブラッド・スローンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ブラッド・スローン2016年製作の映画)

Shot Caller

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:121分

3.8

あらすじ

エリートコースを歩み順風満帆な人生を送っていたジェイコブ(ニコライ・コスター=ワルドー)。ふとした事故を起こしたことで監獄に収容され、人生が一変する。収容された監獄は、殺し合いの抗争渦巻く暴力が支配する世界だった……。この酷薄無情の悪の世界で生き抜く術はただひとつ、“殺られる前に殺る”。男は体を鍛え全身凶器と化して、熾烈な抗争に立ち向かう!

「ブラッド・スローン」に投稿された感想・評価

思ってたのとちょっと違ったけど最後までダレずに観れた。

刑務所内の勢力図とか、もうちょい事前情報を入れてから行けばもっと楽しめたのかも。

とりあえずゲーム・オブ・スローンズとウォーキング・デッド好きはアガるキャスティングなので観るべし!
イイナ

イイナの感想・評価

3.6
人はここまで変われるものか⁉︎

入所後のその心と風貌の変化の過程を、もっとみたかった。
刑務所での抗争を描いた名作、Blood in Blood outのリアリズムには及ばないものの、真逆の世界で頂点を極めずにはいられなかった主人公の想いが深い!
しかし、アメリカの刑務所はギャング養成所と化してる。
結構好き。
刑務所内のあれこれをあまり語らず、サクッと済ませてるのはもったいない気がするけれど、そのさっくりした中でも、その後の様子からあーだこーだ想像できるのが良い。
ニコライのイケメン裕福株屋からの変身ぷりはなかなか。株屋の頃から目端がきいて、かつおねだり上手と言われていたくらいだから、嫌味なく抜け目なかったのだろう。そのスキルが初刑務所でも活かされてた。
バーンサル演じるチンピラとの微かな摩擦もいい。最初はショットガンが上だったのに、アタマが足りない唯のチンピラなショットガンはあっという間に追い越されてしまうし、ムショから出ても扱いが違う。ショットガンの焦りや見栄が見え隠れするところが哀しい。
ビーストが言うようにやっぱり頭脳戦なんだよ。
Cocoa

Cocoaの感想・評価

3.0
Game of thronesのジェイミーラニスターじゃないか!
映画で見たの初めてだわ。しかも髭が!この手のお顔はあまり汚れない方が似合うと思うんだけど、内容はごりごりの刑務所ギャングものです。
刑務所が舞台の映画て好きで、あらすじ読むかぎり楽しみだったんだけど期待しすぎてしまったせいかイマイチだった…

刑務所よりはシャバ出てからの話が多くて、時間軸が過去と何度も入れ替わる。
一般市民が監獄に入ってヤンキーデビュー!ていう過程をこっちは楽しみたかったので普通に順番的に見たかったな。

実際の刑務所で撮影し、エキストラに本物のギャングや前科者を集めたっていうのすごい!
乱闘シーンとかあったけど喧嘩ならんかね⁈休憩時間とか気が気じゃないよ…!
ぴよ

ぴよの感想・評価

3.7
話のテーマ的には
バイオレンスで面白そうと思ったけど…

映画自体が、ギャングばかりの監獄内とそこを出た後の話が繰り返されて行くんだけど、
思いの外予告で描かれてた監獄内でのスリル要素あるシーンがなくて、
わりと淡々と進んで行く感じ。

それでも、ジェイコブが自身や家族を守るためにギャングに染まっていく様は、眼を見張る。
不器用ながらも愛のある男だった。
てるる

てるるの感想・評価

4.0
事故で友人を死なせてしまい、投獄されたエリートサラリーマン。

男は生き残るために強くなるしかなかった。
男は家族を守るためにギャングに染まるしかなかった。

そして男が足を踏み入れたのは果てのない悪の道だった…。

究極の自己犠牲と家族愛を描くクライム・サスペンス!

骨太すぎるストーリー展開、男スメルがプンプン臭うキャストに悶絶必至。
とにかくタトゥーだらけの上半身裸祭!

それでいて「人間の武器は頭脳だ」というギャングのボス「ビースト」との対決もギャップがあってなかなか面白い。

「ゲーム・オブ・スローンズ」のニコラス・コスター=ワルドーが主役を務め、相変わらず頭悪そうな役のジョン・バーンサル、不気味なメガネ野郎ジェフリー・ドノヴァンも良い味出しとる。
他にも格闘技界や本物の前科者やギャングたちがエキストラで出演してるので威圧感がスゴイ。

レイク・ベルが主人公の妻役で出演してるけど、「マン・アップ」と違って切なすぎるよ…。

家族のために悪に手を染め、冷酷にならなければならないという展開は「ブレイキング・バッド」に近いかもしれない。
でもブレイキング・バッドと違うのは、主人公の覚悟。

逃げることも言い訳もしない潔さには身震いする。

重いけど見応え充分なので、クライム物やギャング系の映画が好きなら激オススメ!
面白くなかった…開始10分でダメだった…

刑務所の中で力がモノをいう話なのかと思いきや、外に出てからの話だったので単純に期待と作風のズレがあったというのもあるけど、ひたすら続く会話…すべてを会話で済ませようと運ぶ展開がしんどかった。

エピソード、感情、その他諸々をセリフで片付けてしまうので画的に面白くはないのはもちろん、セリフ回しさえ面白ければそれでも問題はないんだけど、それらしい事を普通に話してるだけで特段気も利いてないので飽きる…

あの厳つい刑務所自体はいい設定だったので、あの中でのし上がっていくというシンプルさでも良かったのかなと。
TOT

TOTの感想・評価

3.9
血を守るため血に染まるニコライ・コスター=ワルドー!
監獄モノの様式美あるセオリーに、集団坊や独居坊、屋外檻等たっぷりのビジュアルと細部、役者たち。
一瞬の過ちで戻ることのできない深みにはまっていく主人公。
あ〜〜つらい〜〜ニコライ〜〜〜〜!!!
はい、おめでとう、良いおつらみ映画です(認定)。
リズ・アーメッド主演のHBOドラマ『ナイト・オブ』も思い出すおつらみぶりでした。ああ、つらい。
邦題はゲースロ人気にどっこいしょ感ナシではないけど〜原題のShot Callerの方が非情さと悲しさ溢れて好き。
yoruichi

yoruichiの感想・評価

3.8
監獄では頭脳が武器。戦士になるか犠牲者になるかどちらしかない。牛耳るのは看守では無く ギャング。そんなところにエリートコースを走り 順風満帆な生活を送っていた男が放り込まれる。弱味を見せたら負け、やるかやられるか。男は 別人のように変わっていく。更生させるための刑務所のはずが そうさせてはくれない場所であり 一度ハマったらシャバに出ても関係ない。守るべき者の為に頑張る姿が泣ける。アメリカの刑務所の実態、恐るべし。