ブラッド・スローンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ブラッド・スローン2016年製作の映画)

Shot Caller

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:121分

3.8

あらすじ

エリートコースを歩み順風満帆な人生を送っていたジェイコブ(ニコライ・コスター=ワルドー)。ふとした事故を起こしたことで監獄に収容され、人生が一変する。収容された監獄は、殺し合いの抗争渦巻く暴力が支配する世界だった……。この酷薄無情の悪の世界で生き抜く術はただひとつ、“殺られる前に殺る”。男は体を鍛え全身凶器と化して、熾烈な抗争に立ち向かう!

「ブラッド・スローン」に投稿された感想・評価

USK

USKの感想・評価

4.7
日本版DVD&Blu-rayのジャケ写が北野監督の『アウトレイジ』最新作と完全に一致。B級でもなくパロディでもない良くできた傑作がこれじゃあ台無し。

ごく一般的な家族を持つ生真面目な男性がひょんな事から事故を起こしてしまい刑務所に投獄されるのだが、その刑務所が血と暴力に塗れた地獄で、生き残って家族に会うため自らも血と暴力に染まっていく究極のサバイバルを描いた映画。

現在と過去を交えた演出は余り好きではなかったが、破天荒で男なら誰もが惚れる格好良さを兼ね備えた脚本に虜になった。ただ地獄でのサバイバルを描いただけでなく、家族愛だったり、『スナッチ』のラストみたいな思わずほくそ笑んでしまう様な展開も準備されており、ただ格好良いだけの監獄アクション映画になってない点が良かった。
刑務所内での成り上がりとか派閥とか色々想像して〜楽しみにしてたんだけど…
案外、外でのお話しが多かった…
いやっ!!でも楽しめましたよ♪
とにかく体鍛えなければ!!って思いました笑

バーンサルさんの危うい感じで、心配になっちゃう演技好きです。
前半は、生き残るためには殺るしかない!
後半は、家族を守るためには頂点に立つしかない!

囚人役に格闘家、エキストラに本物の前科者やギャングが集められてるので暴動のシーンとか迫力がある。

やっぱり脇見運転は止めましょうってこと。
人

人の感想・評価

3.7
ワイルドな男達の激しい銃撃戦を思わせるパッケージながら、意外にもこれはクールな頭脳戦でした。そして、テーマは家族愛。ある日突然事故によって一般人が凶悪犯達の巣窟に押し込まれてしまったら、その中で生き抜く為にもこの手段を取るしかない。どれだけ人としての道は外れても、どれだけ刑期を重ねても、最後まで家族だけは守り続けた彼の家族愛。息子も良い子でしたね。まさかの秀作でした。
死亡事故を起こしたエリートトレーダーが刑務所内でのし上がるお話。
リアルな刑務所描写と釈放後更正の難しさなどハード描かれており良し☆
主人公の知恵と度胸だけで渡り歩くスリリングさがハラハラして面白かったです(^^)
この作品、実際のサンフランシスコの刑務所に潜入取材して集めたネタを元にした話だというところがスゴい(*_*)
情け容赦無用の血飛沫ドロドロの本作に、【ブラッド・スローン(血まみれの王冠)】と邦題を付けたスタッフは最高です(笑)
kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.8
「ブラッド・スローン」
原題「Shot Caller」
2017/9/30公開 アメリカ作品 2018-060

原題の(Shot Caller)は刑務所でのスラングで、「リーダー」を意味するようですね。
エリートサラリーマンが交通事故をキッカケにそれまでの順風満帆な人生が一転、殺し合いの抗争が渦巻く酷薄無情な監獄の中で生き抜くため、自らの肉体を鍛え上げ、囚人同士の争いに立ち向かっていきます。そして、その心の底には家族を守る強い信念が。
そんな心情を静かにそして時に激しくニコライ・コスター=ワルドーが素晴らしく演じています。
獄中と、収監されるまでの物語がクロスオーバーされながら進んで行くのもぐっと引き込まれます。
秀作ですね!!

大ヒットテレビシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」のニコライ・コスター=ワルドウ主演で、凶悪な囚人たちが支配する刑務所で生き抜くために戦う男の姿を描いたクライムサスペンス。リック・ローマン・ウォー監督がメガホンをとり、実在の刑務所で撮影を敢行。エキストラに本物のギャングや前科者を集め、迫力の暴動シーンを撮り上げた。
mai

maiの感想・評価

3.1
殺るか殺られるかのキャッチコピーの本作。
まんまだった!
中々のワイルド感だった!

だけど…サンズオブアナーキーを全部観た私からしたら少し生温く感じたかな。何かが物足りない様な…気が……
もう少しワイルドさが欲しかった惜しい作品(ŏㅂก̀๑)↯↯
感想川柳「生き残る ただそれだけの はずだった」

予告が気になって観てみました。φ(..)

ささいなことから事故を起こしてしまい、刑務所に収監されたジェイコブは、それまでの順風満帆な人生が一変。殺し合いの抗争が渦巻く監獄の中で自らの肉体を鍛え上げ、生き抜くための争いに立ち向かっていく…というお話。

エリートからの転落人生という映画も珍しくないですが、これはまたビターというか渋いくてカッコいいノワールですね。( ̄ー ̄)パッケージの「全員凶悪」とか「全員悪人」は最近のギャングやマフィアものによく使われますけど、これには当てはまらないでしょう。(゜Д゜)ほんのり「アウト・レイジ」な風味もしますけど。

ジェイコブもいいですが、息子がまた良いんですよね〜(。>д<)

結局刑務所の出入りを繰り返す人って、こういう感じなんだろうなと改めて痛感しました。( ´△`)

主人公は「ゲーム・オブ・スローンズ」で有名らしいですけど、自分にとっては「MAMA」,「真夜中のゆりかご」、「おやすみなさいを言いたくて」の印象です。(  ̄ー ̄)ノ表情や雰囲気は申し分ないのに、付け髭感が凄いと思うのは自分だけでしょうか?(;´∀`)ジョン・バーンサルは相変わらずの役どころ(笑)( ̄▽ ̄;)

邦題の「ブラッド・スローン」もゲーム・オブ・スローンズにあやかってたらサムいな〜(´д`|||)それなら原題の「Shot Caller」(リーダー、司令塔)の方がいい。

日本は交通刑務所があるのでここまで転落しないと思いますが、交通事故には気を付けたいですね(;´д`)

んでまず(^_^)/~~
春日

春日の感想・評価

4.0
あまり考えずに観れる作品かなと思っていたが、ストーリー展開・内容がしっかりしていて面白かった。
アメリカの刑務所の実情らしいだけに、暴動でのサクサクやってるシーンは手慣れた感があって怖かったw
骨太のある意味サクセスストーリー
脳筋バイオレンス映画なのかなーと思って観たら全然違って、道を外れた主人公が父としていかに家族を想い守れるかという骨太ストーリーでした。使うのは筋肉じゃなく頭(筋肉も大いに使ってるけど)

ジョン・バーンサルが顔面と筋肉に似合った良い役所で脇を固めてました。

教訓:飲酒運転ダメ絶対(不注意なのに刑務所入るなんておかしいわ!と叫んだ主人公の妻には最後まで感情移入できず)