夏色ジーン

コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道(はんどう)の夏色ジーンのレビュー・感想・評価

4.3
感想川柳「いつ見ても ユフィだけは やりきれない」

劇場で観てまいりました。φ(..)

仮面の反逆者「ゼロ」として反ブリタニア勢力「黒の騎士団」を率いるルルーシュ。親友のスザクはブリタニア第3皇女ユーフェミアの騎士に任命され、それぞれの立場で力をつけていく2人だったが、ユーフェミアがエリア11副総督として行政特区「日本」の発足を発表し、大きな転機が訪れる。行政特区日本が実現すれば黒の騎士団の存在意義が失われてしまうことから、ルルーシュはユーフェミアとの面会を試みるが…というお話。

だいたい第1部中盤から第2部中盤くらいまで、山場はやっぱり「ユフィ」かな〜。(´Д`)いつ見ても「あ〜」( ノД`)…と思ってしまう。

第2部の序盤はほぼカットされてました。(;´∀`)ロロと佐夜子さんはいつの間にかといった感じ。

ゼロとスザクがメインではありますが、何となくスザク寄りな感じもする。(´・c_・`)

シンクーもそんなに目立たない。f(^^;というか井上さんがやられたのはあそこだったか〜( ; ゜Д゜)改めてアニメを見返したくなりますね。ずっとゼロの機体は「ガウェイン」だと思ってましたが、それはブリタニアから奪った機体で、ラクシャータに改造されて「蜃気楼」という名になったんですね。f(^ー^;

さ〜次は5月に「皇道」です。( ̄ー ̄)またあの悲しい場面が訪れるのか…?そしてラストにまた号泣してしまうのか(*゜Q゜*)

んでまず(^_^)/~~