通りすがりの旅芸人

去年の冬、きみと別れの通りすがりの旅芸人のレビュー・感想・評価

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)
3.0
 ガンちゃんこと岩田剛典の白黒つかない役柄と演技は興味深かったです。
悔しさに震えているところなど、特に。

 斎藤工は一瞬、綾野剛かと思った不気味さを備えていた

 中村文則の小説は映像化することが難しいと思わされた作品 
現代の日本が舞台なのに、まるで香港映画をみているような滑稽な物語運びや、過去が重すぎる登場人物ばかりが出てくるせいなのか。
 そして、途中でラストの展開が安易に想像できてしまうのが残念です


同じ中村文則原作の「悪と仮面のルール」よりはずっと練られていて、俳優たちの演技もよい