鷺宮テラス

去年の冬、きみと別れの鷺宮テラスのレビュー・感想・評価

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)
4.6
ミステリィとしてこれ以上のものはない。
原作は純文学だなんて信じられない。

"ネタバレなし"

とにかく声が良く聞こえるように録音されていたことが良かったです。リップを塗る音までもクリアに!

清涼院流水が"コズミックジョーカー"でミステリィを破壊してから(ミステリィにおける絶対的タブーを謎の中に織り込んだ)ミステリィの再生はいかに人間ドラマを描くかにかかっていたわけで(近年では泣かせる方向に走りがちだったが)本作は登場人物の背景、動機が(ミステリィの中では)素晴らしく周到にミステリィらしく用意されていたと思いました。

同伴者が岩ちゃんLoveで私は斎藤工💕だからそれだけで楽しめたのも事実ですw

それにしたって斎藤工の存在感なしでは岩ちゃんの可愛さとシリアスさは生きなかったと思うのです。もう斎藤工で金田一シリーズ的なのやって欲しい。金田一は古いから取って代わるものを作家さん頑張って!

タイトルの意味がわかるのもいい。
チョイ役の方まで出演者全員素晴らしかった!

予備知識なしでご覧くださいませ☆