ShigenKubo

去年の冬、きみと別れのShigenKuboのレビュー・感想・評価

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)
3.8
山本美月ファンとして鑑賞。

邦画を見たのも久々。
映画館で見たのはもっと久々だった。
邦画の予告が流れることに驚くぐらい久々だった。

サスペンスは面白いが疲れる。
これが正直な感想。
心労が甚だしい。
ただスッキリもする。これが面白い。
常に画面に、言葉に、気を配り、釘付けになり。
サスペンスならではの楽しさがあるのがいい。

友人が言っていた。
邦画のほうが内容が濃いと思う。
うん、あながち間違いではない、そう思えた作品。