去年の冬、きみと別れの作品情報・感想・評価

去年の冬、きみと別れ2018年製作の映画)

上映日:2018年03月10日

製作国:

上映時間:118分

3.7

あらすじ

最愛の女性との結婚を控えた新進気鋭の記者、耶雲(岩田剛典)が狙った大物は、猟奇殺人事件の容疑者、天才カメラマンの木原坂(斎藤工)。真相に近付く耶雲だったが、木原坂の危険な罠は耶雲の婚約者、百合子(山本美月)にまで及ぼうとしていた―。

「去年の冬、きみと別れ」に投稿された感想・評価

 ガンちゃんこと岩田剛典の白黒つかない役柄と演技は興味深かったです。
悔しさに震えているところなど、特に。

 斎藤工は一瞬、綾野剛かと思った不気味さを備えていた

 中村文則の小説は映像化することが難しいと思わされた作品 
現代の日本が舞台なのに、まるで香港映画をみているような滑稽な物語運びや、過去が重すぎる登場人物ばかりが出てくるせいなのか。
 そして、途中でラストの展開が安易に想像できてしまうのが残念です


同じ中村文則原作の「悪と仮面のルール」よりはずっと練られていて、俳優たちの演技もよい
i

iの感想・評価

4.4
記録
rie

rieの感想・評価

-
なかなか!
みや氏

みや氏の感想・評価

3.5
途中で話読めたしbgmや映像の暗い感じでゾクゾクして途中怖かったけど面白かった!タイトルの去年の冬、きみと別れの意味が分かった時辛かった、、、想い合ってるからこそ
退屈な時間がいっこもなくて面白かった。
真美

真美の感想・評価

4.6
こんな岩田剛典が見たかった 〜完〜

原作が小説であることを大いに利用したトリックだったからどうなるかと思ってたけど
全然ありだった そう来たかという感じ
むしろ映像であることを利用していた
ただ宣伝の仕方が下手くそすぎて犯人を予想できてしまうのが惜しい
あと主題歌が完全に雰囲気をぶち壊しててだめ 曲調はすごく好きだし歌詞もあってたけど「yo!」じゃない

でも登場人物ごとに目線を追っていくと全然違う物語になるしいろんな楽しみ方ができていい
こんな岩田剛典が見たかった(2回目)
ariiiiyo

ariiiiyoの感想・評価

4.5
展開が面白かった。
shizuka

shizukaの感想・評価

3.6
◽︎ 原作未読

衝撃のラストとかみんな騙されるとか
そういうフレーズに惹かれるのだけど
だいたいが予想できたり面白くなかったり
そういうのが多かったけどこれはほんとに
騙された。そうきたか!ってなった。
日本のサスペンスはリアルで怖いけど面白い。
sk2

sk2の感想・評価

4.0
斎藤工と北村一輝の怪演に引っ張られる
kasway116

kasway116の感想・評価

3.2
小説読んでたから内容は知ってたけど、
複雑で難しくてなかなか進まなかったやつ。
どう映画化されるのか不思議だったけど
とてもわかりやすく描かれてた!🙋‍♀️
原作から省かれてる部分もあるけど
逆に省いて正解な気が👍笑
まあ面白かったかな!✨
>|