去年の冬、きみと別れの作品情報・感想・評価

去年の冬、きみと別れ2018年製作の映画)

上映日:2018年03月10日

製作国:

上映時間:118分

3.7

あらすじ

最愛の女性との結婚を控えた新進気鋭の記者、耶雲(岩田剛典)が狙った大物は、猟奇殺人事件の容疑者、天才カメラマンの木原坂(斎藤工)。真相に近付く耶雲だったが、木原坂の危険な罠は耶雲の婚約者、百合子(山本美月)にまで及ぼうとしていた―。

「去年の冬、きみと別れ」に投稿された感想・評価

 ガンちゃんこと岩田剛典の白黒つかない役柄と演技は興味深かったです。
悔しさに震えているところなど、特に。

 斎藤工は一瞬、綾野剛かと思った不気味さを備えていた

 中村文則の小説は映像化することが難しいと思わされた作品 
現代の日本が舞台なのに、まるで香港映画をみているような滑稽な物語運びや、過去が重すぎる登場人物ばかりが出てくるせいなのか。
 そして、途中でラストの展開が安易に想像できてしまうのが残念です


同じ中村文則原作の「悪と仮面のルール」よりはずっと練られていて、俳優たちの演技もよい
裏切られてると分かっていても引き込まれた。途中で気付けたが、震えた
リコ

リコの感想・評価

3.6
ストーリーや設定は普通に面白いのに、なんだか入り込めない。

伏線が分かりやすくて、割と回収前に予想がつきます。
展開も読めるせいか、余計にもっと狂気じみた演技を期待してしまった。

なんだか惜しい作品。
山本美月を見たいがためだけに借りたけど力入れず展開先読みしなければ普通に面白かった。
確かに騙された。
浅見れいなが艶っぽく色っぽい。
ユキミ

ユキミの感想・評価

3.4

予告の煽りがすごかったから
どうなんやろーと思ったけど
想像以上に楽しめた


岩ちゃんて人の顔が、なぜかすごい苦手…
(^_^;)
Yuki

Yukiの感想・評価

4.4
どんでん返し劇場
これはなかなかよかった。
irina

irinaの感想・評価

3.7
キャッチコピーどおり、この罠にハマりました。
こういう映画は、私みたいにちょっとアホな方が、先読みできないから楽しめる気がしてきた。ハマる映画にはハマり、騙される映画には騙された方が面白いし。
暗い映画なのになぜか気持ちいい映画でした。
LeBois

LeBoisの感想・評価

3.3
あそこ、いる?
最後だけに、残念…
>|