去年の冬、きみと別れの作品情報・感想・評価

「去年の冬、きみと別れ」に投稿された感想・評価

中々の見応えのある作品だった。
結末を知ってから思い返して見ると演技の使い分けに感心。
斎藤さんと北村さんの怪演もあってシナリオに厚みをもたらしていた。
れんげ

れんげの感想・評価

3.3
誰も幸せにならない。
色々と私には合わない作品でした
みゆ

みゆの感想・評価

4.6
原作を読んでから見たけど、所々違う展開にまた引き込まれた。
最後の方の伏線回収はとってもドキドキした!

岩ちゃんかっこいい!
yu

yuの感想・評価

4.1
最後の展開がすごかったw
2019/03/18(月)DISCASのレンタルにて鑑賞。


原作読まず、かつ前情報まったく無しでの鑑賞、
プロローグからの導入後『第二章』から始まり、一瞬「あれっ?」となりますが、
これは時間軸をずらした見せ方で、きっと最後に『第一章』がくるのだろうな、と読めますのでご安心を。

また、こういったミステリーなので、だいたい本当の悪い奴って・・・と、ある程度推測できる部分はありますが、
後半の焼死体の部分は「なるほどー!そうきたか~!!」と、ちょっと痛快なゾワゾワ感が味わえました。

また、途中種明かしされるまでは「んー?これ設定おかしくないか???」と不安になる部分があったのですが、
しっかり回収されていて、かつ「あぁ!そういう事だったのか・・・!」となり、
原作を基に、脚本再構成した人も大変だったろうなあ、と感服でした。

ゾワゾワしたい時にはぴったりな秀作。面白かったです。
かのん

かのんの感想・評価

3.5
原作読んでないのもあって普通に楽しめたけど、罠かけまくりみたいな宣伝してるからちょっと先が読めちゃって勿体ない
山本美月も岩ちゃんも演技上手になった

色の使い方が上手で
不気味さ際立ちすぎてる

この手の映画にあるやばすぎる話の矛盾も感じなくてすっきり〜
2019(50本目)
an

anの感想・評価

4.5
先に原作を読んでいたので
大まかなストーリーを分かってたけど、
これをどう映画にするのか気になり1人映画。

難しいストーリーなのに
うまくハマってすごい面白かった。
まあ原作と違うところは多少あったから、
逆に余計わからなくて、原作みてても楽しめた。

岩ちゃんの顔つきがシーンによって
全然違ってすごく別人のように感じた。
>|