去年の冬、きみと別れの作品情報・感想・評価

去年の冬、きみと別れ2018年製作の映画)

上映日:2018年03月10日

製作国:

上映時間:118分

3.7

あらすじ

最愛の女性との結婚を控えた新進気鋭の記者、耶雲(岩田剛典)が狙った大物は、猟奇殺人事件の容疑者、天才カメラマンの木原坂(斎藤工)。真相に近付く耶雲だったが、木原坂の危険な罠は耶雲の婚約者、百合子(山本美月)にまで及ぼうとしていた―。

「去年の冬、きみと別れ」に投稿された感想・評価

深い深い、愛の物語。
Lily

Lilyの感想・評価

3.8
見応えあって面白かった!
絶対騙される、という宣伝に対抗しようと色々考えてある程度まで想像して見たけど、最後想像を超えてきた。
岩ちゃんだけど、岩ちゃんじゃなかった!
かなぴ

かなぴの感想・評価

3.7
想像していたより、だいぶ見応えがあった。タイトル、そういう意味だったか。

このレビューはネタバレを含みます

どんでん返しがあるだろうという心構えの中、結末が全く見えないまま話は進んでいく。

途中までは、異常な人格を醸し出す木原坂雄大と取材する耶雲恭介という構図が前面に出ている。
心地良くないけれども思わず引き込まれて観てしまうという、サスペンス特有の魅力が全開。

そして、全ては耶雲の復讐劇だったという結末。

次々と種明かしがされる終盤は、頭の中の雲がひとつひとつ晴れていく感覚がある。

脚本がよく練られている。
buenavista

buenavistaの感想・評価

4.0
予想外に良かった(σ´Д`)σ
ただ、化け物っていうほど猟奇的ではない、もう少し種明かしを丁寧にしてほしかった。

最後は、時間が余ったのかな?
余計な回想と主人公のアップいらない👋
イマリ

イマリの感想・評価

3.9
ストーリーが進むたびに予測してもどんどん裏切られていく!岩ちゃんってもうダンサーじゃなくて俳優だ!
ELA

ELAの感想・評価

3.5
映像不可能と言われた作品。
たしかに、原作を読んだ時は難しいだろうと思った。
でも、映画では本当にうまく設定変更されてたし、見終わった後もストンと心に落ちたかな。
原作を読んだあとは、たしかに興奮したんだけど、すごく頭疲れた記憶がある。

映画で良かったのは、復讐者が彼氏から化け物に変わった時の顔!
復讐者が誰かは、映画で確認を(^^)
K

Kの感想・評価

1.5
猟奇殺人事件の容疑者であるカメラマンと彼を追うフリーランスのライター。映画が進むごとに、事件の真相が明らかになっていく。

ただ、この映画に限ったことではないが、あまりに映画のジャケットで色々と物語過ぎており、前半の早い段階でだいたいが想像できてしまったという、サスペンス物を楽しむにはあるまじき状況となってしまった。

“猟奇的”設定のキャラにはもっと振り切った演技をして欲しかったし、色々とにかく物足りなかった。
3回目の鑑賞となるともだちと一緒に岩ちゃんを観てきた。
映画の始まる前、ご存知、映画泥棒のところで、なんかわたしの座席がめっちゃ揺れてると思ったら、隣のともだちが映画泥棒にめっちゃノリノリで足でリズム刻んでてこわかった
Hide

Hideの感想・評価

-
バカかこれ。脚本とストーリーがめちゃくちゃ。
>|