去年の冬、きみと別れの作品情報・感想・評価

去年の冬、きみと別れ2018年製作の映画)

上映日:2018年03月10日

製作国:

上映時間:118分

3.7

あらすじ

最愛の女性との結婚を控えた新進気鋭の記者、耶雲(岩田剛典)が狙った大物は、猟奇殺人事件の容疑者、天才カメラマンの木原坂(斎藤工)。真相に近付く耶雲だったが、木原坂の危険な罠は耶雲の婚約者、百合子(山本美月)にまで及ぼうとしていた―。

「去年の冬、きみと別れ」に投稿された感想・評価

深い深い、愛の物語。
サ行

サ行の感想・評価

-
裏切られた感は少なかったけれど
全員狂っている感じが良かった
前半ちょっとだれていた?気がしたけど
もう一度観たら伏線とか見えるかしら
蝶の写真に引きずり込まれる感覚は
ぞくぞくしました
日(英字幕)
スカッとする。
Taikisss

Taikisssの感想・評価

3.5
去年の冬、きみと別れ...
岩田さんの演技は言われてるほど悪くないです。面白かったです。
後で書きます。
メガネ岩田剛典はイケメンさんだなぁと思うのだけど、それだけ。
なるほど後半明かされる仕掛けは感心しなくもないが、それにしたって設定から演出まで穴だらけで、なんだかなぁ。
芝居の演出も所々おかしいし、何より最後に感動風にしたかったんだろうけど、ならばパスポート渡すシーンでは男が取り残されるべき。そこをあっさり立ち去るからただのサイコパスにしか見えなくて…
この監督の以前の作品でも似たこと思ったので、僕との相性が悪いのか?監督のセンスが無いのか。
意味深なタイトルに惹かれましたが、見事でした。

騙されるというか、この結末を事前に導くことができる人はいないんじゃないでしょうか。
とても巧妙に作られていた話です。

ただ、インパクトには欠けますし、オチで衝撃という感じではありません。

本当によく考えたなぁ、という感想です。
mito

mitoの感想・評価

3.5
観賞記録

『必ず騙される』っていうからどんなもんだろうと思って見に行ってみた。
でも、途中で予想がついちゃった。
>|