去年の冬、きみと別れの作品情報・感想・評価

去年の冬、きみと別れ2018年製作の映画)

上映日:2018年03月10日

製作国:

上映時間:118分

3.7

あらすじ

最愛の女性との結婚を控えた新進気鋭の記者、耶雲(岩田剛典)が狙った大物は、猟奇殺人事件の容疑者、天才カメラマンの木原坂(斎藤工)。真相に近付く耶雲だったが、木原坂の危険な罠は耶雲の婚約者、百合子(山本美月)にまで及ぼうとしていた―。

「去年の冬、きみと別れ」に投稿された感想・評価

MakiMinami

MakiMinamiの感想・評価

5.0
話しが、すごーく良くできてます。👏
これは、本を読んでも面白そう🎵
実写化が難しいと
されていた本を映画化。

岩ちゃん演技が、
前半と後半で全然違います。

猟奇的殺人犯、
天才カメラマンに
殺された女性の真相を追うライター。
真相はひとつひとつ解けていくが、
その先にある真実は👀‼️

驚きの展開と切なすぎるラスト。
見なければわからぬ、
これ以上話せません(>_<)

数々のヒット作を生んだ、
監督、脚本家のコンビはさすがです。
愛ゆえの狂気を感じるあの感じ
ストーリーの構成から流れは掴みやすい印象があるが、思っているより面白い作品だった
エレン

エレンの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

狂った姉弟に人生を振り回され、自分を捨て、化け物になった主人公の復讐劇

そもそも姉弟はひどい虐待をされて育った背景がある。。
似たような作品があったけど、それも残虐的で恐ろしかったな
本当に狂ってる人たち、役が見事にハマってた。

化け物になる前の主人公が、愛した人の前で見せた笑顔が貴重すぎるなぁ
回想シーンでしか見られない 切ない


主人公最初から怪しかったけれど、
婚約者のくだりは騙された
この復讐の一連で何か救われたのは婚約者だけだったのかな。

愛した人を失う怖さ、
愛した人を奪われた悲しみ、屈辱

果たして自分だったら…
ボブ

ボブの感想・評価

3.8
この映画は最後の方の山本美月のセリフの途中から本気だったんだからね、に救われるかもしれない。

配役が合っていたし、斎藤工のサイコパス役が似合う
そんなうまいこといかないだろ、という感想。
山本美月の役は美女だからこそ成り立つ展開。
Mi

Miの感想・評価

3.5
2018-32
め

めの感想・評価

3.5
確かにオチに意外性はあったけど…そんなに意外ではなかったというか……ちょっと期待値を上げすぎた感は否めない…!
全体的には面白いサスペンスドラマでした。ストーリーの構造が面白い。
りょん

りょんの感想・評価

3.4
どんでん返しだが、衝撃足らず。
いまいち印象に残らない作品
ゆーみ

ゆーみの感想・評価

3.4
誰もが騙される
というキャッチコピーは少し煽りすぎかなという印象

途中から、だろうなと予想はできる結末

愛は人を狂わせる、とはよく言ったもので
>|