去年の冬、きみと別れの作品情報・感想・評価

去年の冬、きみと別れ2018年製作の映画)

上映日:2018年03月10日

製作国:

上映時間:118分

3.7

あらすじ

最愛の女性との結婚を控えた新進気鋭の記者、耶雲(岩田剛典)が狙った大物は、猟奇殺人事件の容疑者、天才カメラマンの木原坂(斎藤工)。真相に近付く耶雲だったが、木原坂の危険な罠は耶雲の婚約者、百合子(山本美月)にまで及ぼうとしていた―。

「去年の冬、きみと別れ」に投稿された感想・評価

yap

yapの感想・評価

3.0
2018.03.24鑑賞。
中村文則原作の割には「すべての人がこの罠にハマる。」という、ずいぶんと軽いキャッチコピーをつけたなと思ったが、戦略としては大正解。
エンターテインメントとして売らないとヒットしないだろうし、主演のLDHの岩田君ファンに向けて売るとしたら尚更だ。
鑑賞してみると、やはり中村文則ワールド全開の重く、暗い話だ。
ところどころの描写にアンフェア感を感じるのが否めないが、見事に騙された。斎藤工と浅見れいなのキャスティングバランスの勝利。
ボブ

ボブの感想・評価

3.8
この映画は最後の方の山本美月のセリフの途中から本気だったんだからね、に救われるかも。

配役が合っていたし、斎藤工のサイコパス役が似合う
そんなうまいこといかないだろ、という感想。
山本美月の役は美女だからこそ成り立つ展開。
Mi

Miの感想・評価

3.5
2018-32
め

めの感想・評価

3.5
確かにオチに意外性はあったけど…そんなに意外ではなかったというか……ちょっと期待値を上げすぎた感は否めない…!
全体的には面白いサスペンスドラマでした。ストーリーの構造が面白い。
りょん

りょんの感想・評価

3.4
どんでん返しだが、衝撃足らず。
いまいち印象に残らない作品
ゆーみ

ゆーみの感想・評価

3.4
誰もが騙される
というキャッチコピーは少し煽りすぎかなという印象

途中から、だろうなと予想はできる結末

愛は人を狂わせる、とはよく言ったもので
M

Mの感想・評価

2.0
個人的に斎藤工はすごいハマってた気がする。人間にここまでさせる、愛ってほんとすごいな。
okyk

okykの感想・評価

3.3
悲しい復讐の話だね
マジか!!ってほどの驚きは無かったけれど、構成はそれなりに面白かった
ただまぁ、登場人物みんな歪んでるなぁって感じ
この復讐も、自己満足的な感は否めませんが・・・
とりあえず、ゆりこさんが、死んでなくて、実はホッとしたかも
「ふたりのYK」、見た瞬間は分からなかったけれど、なるほどそう言えばそうだね
設定は少々雑な面があるがストーリー展開が軽快。
>|