去年の冬、きみと別れの作品情報・感想・評価

去年の冬、きみと別れ2018年製作の映画)

上映日:2018年03月10日

製作国:

上映時間:118分

3.6

あらすじ

「去年の冬、きみと別れ」に投稿された感想・評価

いち

いちの感想・評価

4.5
この手の映画は前知識無しで見た方が2倍楽しめます。宣伝の、あなたもだまされる!といううたい文句はよく見かけますが、受け手側が最初から疑って鑑賞してしまうので、毎回悪手では?と感じます。もったいない。

ストーリー前半で散りばめられた小さな違和感が後半に全て回収される様は体が震えるほど興奮します。またその小さな違和感の見せ方が「こういう演出なのかな?」と思わせる程度なのも本当に上手い。
ライターの復讐劇と見せ掛け、更に二段階三段階上をゆく展開と期待を上回る真実に満足感でいっぱいです。
ただ映像化あるあるなんですが、やっぱり微妙に詰めの甘い部分があって、ラストも、結末というには気持ちの消化ができない所がありました。
その辺は小説を読んで考察を深めなければ楽しめないのかな、と感じます。

岩田剛典さんのファンでもともと彼目当てで鑑賞したのですが、予想をはるかに越えた良作でした。
個人的好きな邦画ランキング上位です。
ぴな

ぴなの感想・評価

3.2
北村一輝目当てで鑑賞。

色んな意味でとてもグロテスク。
過去のしがらみが複雑に絡み合った事件で、一筋縄ではいかなそうな気配がプンプンしてるのだけれど、それでも更に斜め上をいった。
せっかく重めなサスペンスなのに、宣伝やポスタービジュアルがロマンス臭強くてもったいない。
完全に騙された。いい意味で。
ただの歌手の人ってイメージを大きく覆れた。良い作品でした。完全にネタバレなしで観れたことに感謝。
Yu

Yuの感想・評価

-
自分の予想を超えてくれたから少し好きだった
ああ、なるほどね〜〜、とは思ったけど、伏線回収シーンからとてもチープで残念。。
とんでもない狂気でミステリーな感じだった。
海風

海風の感想・評価

3.5
岩ちゃんの表情の変化が怖くて、不気味なカメラマンよりゾッとした。原作はもっとおぞましいのかな?読んで見たいと思う。
>|