takumi

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜のtakumiのレビュー・感想・評価

4.6
号泣…

韓国軍による市民の虐殺が行われた「光州事件」の実情を世界に伝えたジャーナリストと彼を乗せたタクシー運転手の物語。

前半はほんわかムード。韓国の懐メロとともに、笑えるシーンも多いです。一方後半は一気にギアチェンジ。残酷な死があり、カーチェイスあり、連発される泣けるシーンに涙腺崩壊です。登場人物の描写が丁寧だし、伏線も分かりやすく物語に入りやすく、感情移入しまくりです。多少の脚色はあるでしょうが、実話とは思えない映画的な展開に驚きです。

また、本物のタクシー運転手にしか見えないソン・ガンホの演技力、安定の顔面力といい役どころのユ・ヘジンとキャストは最高。『新感染』でホームレス役だったチェ・グィファの残忍な私服軍人もいい意味で最悪でした。

今年の韓国映画は本当に傑作続きですね。歴史を知るという意味でも、多くのひとに観てもらいたい1本です。