Vega

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜のVegaのレビュー・感想・評価

4.0
ソン・ガンホ(好きすぎておかしくなりそう)が素晴らしいのは言わずもがな、タクシー運転手ユ・へジン、大学生リュ ・ジュンヨル、光州の人々の陽性と善性、その温かみが光州事件の陰惨さと悲しみを際立たせていた。

多くの犠牲を伴い勝ち取った民主化。韓国の人たちの民主主義への想いの強さと、2年前に大統領退陣へと追い込んだあの平和的なろうそくデモに込めた深い願いを想像する。(あのデモはマジ羨ましい)

韓国映画を観る中で光州事件の影を匂わせるような場面に遭遇することが幾度かあって、その度にこの件が韓国人に背負わせた傷の深さを考えていた。昨年の今頃だろうか、光州事件を扱ったハン・ガンの小説『少年が来る』を悲しみに身を捩らせ流涙ししばしば愕然と放心しつつ読んでそれ以来、隣国に関心を寄せずにはいられずにいる。

先月ソウルひとり旅したばかりなのでおそらく今年は無理かもしれないが、近々光州を訪れたい。再来年あたり、ビエンナーレもあるし。

さて、フィクションに寄せ過ぎた終盤のあのシーンは賛否両論あるのかな。私は許容範囲内というところ。