anankeigo

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜のanankeigoのレビュー・感想・評価

4.3
名優ソン・ガンホ主演で、ポスターの雰囲気と内容は全然違うという噂で見にいく。前半は鼻歌交じりで運転してたり、白米をキムチだけで食べていたり、修理代をケチったり、労働者としての一面が描かれ、うだつが上がらないタクシー運転手としてのキャラクター描写。(後に父子家庭の経緯がわかるようになっている。食べるものも後半うどんになったりする。)家主に家賃を借りるくだりは面白かったw。明るい雰囲気漂うが、そこにドイツ人記者が加わり、事態が動き出していく。光州側の他のタクシー運転手たちのキャラがいいw。後半は前半とは全く違う様相を呈してくる。名もなきタクシー運転手たちが軍事独裁から追われ希望をつないでいく様子は個人的にはローグ・ワンのラストを思い出した。他にも印象的なシーンが多く盛り込まれて見応え充分。箝口令や報道規制、暴走する政府と学生や民衆などはピリピリと緊張感を与えてくる。うどんを食べるシーンでおにぎりをくれるが、あれは市場の女性たちが何か自分たちもできることがないかということで、おにぎりを実際に配っていたらしくそれを表しているらしい。この辺り荻上チキのセッション22で専門家による解説が聞くことができる。この事件はまだまだ多くが明らかになっていないということが韓国が民主化に向かう上での障壁の大きさを感じさせる。