タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜の作品情報・感想・評価

「タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜」に投稿された感想・評価

暴力の残酷さ、過剰さ、異常さを訴え否定するのではなく、人の温かさ、親子愛、友情を最後まで描き続けたところに、この映画の魅力はあると思う。

政治、軍隊、ジャーナリズム、暴力。かつて1980年に韓国で実際に起こった悲劇。「光州事件」。2018年に日本で生きる自分は世界史の試験で穴埋め問題で「( )事件」と見たことがある、くらいの認識。
この映画、なんで外国でも受け入れられたかって、主人公がまさに「ぼくたち」と同じスタンスだから。デモ参加者に対する視線は冷ややか。自分のことで手一杯で、デモなんて他人事に過ぎない。そう、自分のことで精一杯なんですよ。
物語が進んでいくにつれて、自分の暮らすソウルから遠く離れた光州に行くことになるわけです。それで光州への道が封鎖されていたのだが、それすら知らない。まあ、知ることができない状況というのは後々明らかになるんですけども。
お金目当てで始めたのに、最終的に自分も当事者になってしまい、最後のカーチェイス。主人公と対比的で、光州の市民がみんな他人への配慮が足りて余るほどなのもよかった。
もう1人の主役のドイツ人ジャーナリストとの、言葉を超えて、国境を超えて友情を育む様も丁寧。
本当のこの映画のラストに到達した時、この世に存在した本当の友情を見た気がしました。
どこかにいるのかな、と思うことは希望なのではないか。

正直、細部が粗いなとは思ったけど、この映画の写すものは本物だった。
masa

masaの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

予告編から観たかった
無知すぎて感想を書くのに時間がかかった

ソンガンホの可愛らしさに微笑む
ユヘジンも可愛かった
「日常」のシーンまではホッコリしながら観ていたんだけど…

後半からのスピード感に引き込まれる
理不尽な制裁
そんなに昔の話じゃ無いのに、こんなことが起こっていたなんて…

実際に自分がその場にいたら、同じように動けていたか?
写真も取らずに逃げた?

最後にジャーナリストに名前を伝えず、
ただのタクシードライバーでありたかった主人公が、カッコいい
る

るの感想・評価

3.9
ノンフィクションには弱い
HORI

HORIの感想・評価

4.0
笑かすところは笑かして、怖がらせるところは怖がらせ、泣かすところはしっかり泣かす。
あざといほどの"意図"を感じるが、近年の韓国映画はその点において振り切っているので、観ていて清々しい。

日本映画もこの映画の持つ純粋無垢な面白さ(あるいは分かりやすさ)を漫画原作とかに頼らずに体現していけたらな。
Kimi

Kimiの感想・評価

-
ふごくいい
いわい

いわいの感想・評価

4.2
とても最高に熱い作品でした!
自分が生まれる10数年前、隣国であんな残酷な事実があったということに驚きと自分の無知に恥ずかしくなりました。
ラストの光州の運転手の命を張った場面は涙せずには見られません。
後世にずっと残ってほしい映画ですね。
何たる美談、韓国の運ちゃん最高❗️
マーチ

マーチの感想・評価

3.9
《韓国映画特集2018 | 韓国映画の今》

[韓国映画 怒濤の10本レビュー:前半戦]
❶『タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜』

さあ、皆さん今年もやって参りました!
マーチ選出の韓国映画10本を一気にレビューする年1回の特集です。
尚、昨年は特に制限を設けず無作為の10本でしたが、今年は2018年に日本公開した作品のみから10本選出しました!!
昨年の10本は下記ハッシュタグ「#韓国映画10本レビュー」からご覧下さい。(今年の特集分も含みます。)

それでは、今年も10本いってみよー!!


【省略レビュー🚖】

実話である光州事件の映画化。

この事件の真実を世界に知らしめたドイツ人記者と、その記者を事件現場まで送り届けた運転手の話で、緩やかなコメディタッチで前半は描かれていたし、ソン・ガンホがとにかく笑わせてくるので楽しく観ていたのだけれど、後半事件が深まるにつれて笑えないどころかシリアスさが増してきて壮絶な展開を迎える。

タクシーチェイスのシーンには思わずハラハラさせられたし、描かれている事件の悲劇性に憤りを覚え、要所要所で泣かされた。

光州事件のことを何も知らなかったので、少なからず日本との関わりがあったことにも驚いた。


【p.s.】
忙しくてレビューをしっかり書く機会が無いので短めに今年観た作品のレビューを投稿しています。
暇があれば正式なレビューと入れ替えますが、きっとそんな瞬間は訪れないでしょう。
だって、私ですからね。
期待を裏切らない超傑作。
一言で表すと"最高に熱い映画"。
史実(光州事件)ベースの為シリアスだが、人間ドラマが何ともハートフルだった。

信念を持つ人間が沢山登場するところがこの映画最大の見所だ。
学生ジェシクのメッセージと、運転手ファンのジェスチャーには涙腺が崩壊した。
英語が喋れる軍人もかなりのキーパーソン。

虚報・捏造が横行する国家。ニュースを見るとき「今日はましかもしれないよ」の台詞は突き刺さる。レベルこそ違うものの隠蔽体質は今も変わらない。

そして暴動シーンは迫力満点。
視覚的な満足も得ることができた。
タクシーがこんなにカッコよく見えたのは初めてだ。ちょっとカッコよすぎな気もするがそこは演出なので許せてしまう。

あとこの映画を語る上で欠かせないのが"靴"。この映画には様々な靴が出てくる。監督のこだわりに脱帽した。

とにかく笑って泣けて温かくなる韓国映画No.1❗
栞

栞の感想・評価

-
バックの運転、うま〜〜
>|