タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜の作品情報・感想・評価

「タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜」に投稿された感想・評価

暴力の残酷さ、過剰さ、異常さを訴え否定するのではなく、人の温かさ、親子愛、友情を最後まで描き続けたところに、この映画の魅力はあると思う。

政治、軍隊、ジャーナリズム、暴力。かつて1980年に韓国で実際に起こった悲劇。「光州事件」。2018年に日本で生きる自分は世界史の試験で穴埋め問題で「( )事件」と見たことがある、くらいの認識。
この映画、なんで外国でも受け入れられたかって、主人公がまさに「ぼくたち」と同じスタンスだから。デモ参加者に対する視線は冷ややか。自分のことで手一杯で、デモなんて他人事に過ぎない。そう、自分のことで精一杯なんですよ。
物語が進んでいくにつれて、自分の暮らすソウルから遠く離れた光州に行くことになるわけです。それで光州への道が封鎖されていたのだが、それすら知らない。まあ、知ることができない状況というのは後々明らかになるんですけども。
お金目当てで始めたのに、最終的に自分も当事者になってしまい、最後のカーチェイス。主人公と対比的で、光州の市民がみんな他人への配慮が足りて余るほどなのもよかった。
もう1人の主役のドイツ人ジャーナリストとの、言葉を超えて、国境を超えて友情を育む様も丁寧。
本当のこの映画のラストに到達した時、この世に存在した本当の友情を見た気がしました。
どこかにいるのかな、と思うことは希望なのではないか。

正直、細部が粗いなとは思ったけど、この映画の写すものは本物だった。
友一

友一の感想・評価

3.3
ポスタービジュアルから想像するイメージとはかけ離れた、凄まじい所に連れていってくれる作品でした。
Rucola

Rucolaの感想・評価

4.0
続けて『エクスペンダブルズ』といきたいところですが、まだ観てないので小休止。
前に観たけどレビューしてなかったのをサクッと何本か。

恥ずかしいのですが、まず光州事件を知らなかったです...しかも1980年なんて、自分が生まれた1年後に、お隣の韓国でこんなことが起きていたことに驚きとショック。

事実に基づいた映画っていうことで、とてもずっしりと重い内容でした。
そう感じたのも演技が素晴らしかったから。
ソン・ガンホをはじめとして、迫真の演技。ドイツ人記者役の人は何かの映画に出てたなと思ったら...『戦場のピアニスト』のあの人だった!!

歴史の知識を深めるもよし、演技を堪能するもよし、な良作でした。
この映画の題材となっている光州事件は1980年の出来事なので、ホントつい最近の話なんですよね。こんな滅茶苦茶な事が韓国で起こってたなんて全然知りませんでしたね。映画の中では具体的な数字は出て来ませんが、軍の制圧による被害者数は死者154人、行方不明者70人、負傷者1628人という恐ろしい数なんですよね。電話はもちろん、新聞やテレビなどのメディアにも情報規制が敷かれていた為、陸の孤島と化していた光州。その実態を世界に知らしめようと奔走した人々の物語がこのタクシー運転手というわけです。
主演はこれはもう皆さんお馴染みソンガンホ先輩です。ポスターでは満面の笑みですが、劇中ではどんどん青ざめていきます。あとユヘジンも登場しますし、コレがまたカッコいい見せどころがあって非常に良かったですね。
想像していたよりも大きなインパクトでした。映画をキッカケにでもこういう歴史を知る事が出来て良かったと思いました。
kosuke

kosukeの感想・評価

3.9
こんなに社会派な映画だったとわ。
4

4の感想・評価

-
ドラマチックにしすぎだったけど、それでも感動しちゃう。
マンソプが状況を理解していくのと並行して、前半の明るい雰囲気が徐々に深刻なものになっていく。それによって光州の人にしかわらかない悲惨さが際立って見える。
わかりやすい展開で読めてしまうのと、過剰な演出で少し入り込めないところがあるが、教科書通りの安心感もあった。
外国人役として出てくる人がいると言動の違いで浮いてしまい、流れを止めているように見える。
比較しない方がいいかもしれないけど『1987、ある闘いの真実』の方が好きだった。
この事件知らなかった。

歴史を紐解くと昔の韓国ってこういう所あっからおっかねぇ〜よ、マジで...

こんな事が韓国で実際にあったとは...

ラストの一個手前の展開が脚色を付けた加えた感があって少しだけ冷めました。

ただ善人キム(ソン・ガンホ)変わっていく様は胸打たれる事必至です✨

塩むすび。
yukko

yukkoの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

映画館に観に行きたくて行けなかった作品

きっかけはリュジュンヨルさんが出てるから見てみたいと思って気になってたけど、こんな内容とは知らずに、本当に心にズンっときた

こんなテーマの、こんなジャンルの映画を見るのは初めてだったけど、あんなに酷いことがこの世で数年前に起きていたと思うと本当に恐ろしいし、今自分が生きている場所がいかに平和なのか、平和なことがどれだけ幸せなのか、感じさせられる映画だった

リアルな描写がたくさんあって、だいぶショッキングな映像だと思う

最後のタクシーの運転手さん達がすごくカッコよかった
自分を犠牲にして、皆を助けるっていうところが、本当に感動した

特に、心に残ったシーンは、検問でソウルのナンバーが見つかった時、そのまま検問を通したあのシーン
あの兵隊さんは、おかしいと思いながらも国に従っていたんだと、その当時の人の心の葛藤があったんだと思わされる描写だと思った

重いテーマの作品だったけど、これは見るべきだと思う
今の自分の幸せを再確認できた
韓国では'80年代の民主化運動を題材にした映画が注目され、日本では2016年に公開された「弁護人」、そして今年は「1987、ある闘いの真実」と、この「タクシー運転手」が公開され、多いものでは1000万人を超える動員を記録している。国民の5人に1人が、この社会派作品を観ている計算になり、韓国映画の勢いを思い知らされるし、実際、どの作品も本当に力強くて素晴らしい。

本作は民主化運動初期の「光州事件」を題材にし、報道規制の網の目をくぐり韓国軍事政権の悪態を世界に知らしめるべく奮闘したタクシー運転手の活躍を描いている。主演は「弁護人」と同じソン・ガンホ。元々は庶民派でどちらかというと保守的だった主人公が、ドイツから来たジャーナリストやデモに関わる人達と心を通わせる中で、悪政に対する憤りを感じ、活動家と共闘していくようになる展開は「弁護人」と非常に良く似ている。

主人公のモデルとなった人物は、映画公開時点で行方が分からなかったそうで、彼に関する描写は、関係した人物の証言を基に作られたと思われる。故に、実話物でありながら、派手なカーチェイス等、やや現実離れしたシーンが入る。そこは賛否両論あるようだが、僕はその二面性こそが本作の魅力だと感じた。

特に印象的なのが、登場するタクシーの運転手達がギアをバックに入れるシーン。普段の仕事では滅多に入れる事のないバックにギアを入れる時、それは彼らが仕事を超えて1人の人間として覚悟を決める瞬間の比喩表現なのだ。このシーンは劇中の肝心な箇所で何度が挿入される。軍部隊を圧倒しながらバックで爆走するタクシーが、こんなに感動的に見えるとは!
kanako

kanakoの感想・評価

4.5
良いというか何というか、もう映画でこんな泣くってぐらい泣いてしまった。
むっちゃ描きたいけどかけない。もう一回見たい。
>|