タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜の作品情報・感想・評価

「タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜」に投稿された感想・評価

隣国の話やのに、知らなかった光州事件。
軍事クーデターに反発した市民が、軍隊に弾圧される。
それを知った海外のジャーナリストと、彼が大金を叩いて現地に向かうと知ったタクシー運転手が、お互いおまんまのタネの為、現地に乗り込む。

光州での悲惨な現実を知った時、彼らは…
いやはや、壮絶なお話。

タクシー運転手と乗客のほっこり日常モノではなく、そんな深いお話。

脚色はあるんやろうけど、それでも皆が皆、命をかけて戦っとる。

言葉が通じない運ちゃんとジャーナリスト。
共に何かに向かい、必死になった人達だけに産まれる言語を超越した絆。
サイコーにクサくて、サイコーにカッコいい。

カッコいいといえば、現地のタクの運ちゃん達。
決死の妨害劇には素直に拍手。
タクシーってこんなイカした車やったか?笑

期待はそこまでじゃなかったものの、見終わった後の充足感バッチリ。

でも、なんやかんや言って、結局ソン・ガンホ。
ホンマあかんわこの人の泣き顔。
すげぇ締め付けられるもん。
Yumi

Yumiの感想・評価

4.2
政治的な題材に、身近な存在であるタクシーをメインとして取られた映画。518を取り上げた映画はいくつかあるけど、他と違ってこれは民間人と国家の戦いという視点ではなく、巻き込まれてしまった2人が中心となっていて新しいと思ったし、見ている方は感情移入しやすい。
実話と思えないほどストーリー自体も良くて、めちゃくちゃ泣いた。

このレビューはネタバレを含みます

ずっと行きたかった、
高田世界館で、
一緒にいる人とみた。

全然知らなかった韓国の歴史。

時代や歴史の変わり目に、
誰かの努力、犠牲とともに、
こんなストーリーが生まれたこと。

実話と聞くと、
やっぱり重い。

でも、多くの人に知ってもらいたいそんな映画。

ピーターさん、
再開してほしかったな。
masa

masaの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

予告編から観たかった
無知すぎて感想を書くのに時間がかかった

ソンガンホの可愛らしさに微笑む
ユヘジンも可愛かった
「日常」のシーンまではホッコリしながら観ていたんだけど…

後半からのスピード感に引き込まれる
理不尽な制裁
そんなに昔の話じゃ無いのに、こんなことが起こっていたなんて…

実際に自分がその場にいたら、同じように動けていたか?
写真も取らずに逃げた?

最後にジャーナリストに名前を伝えず、
ただのタクシードライバーでありたかった主人公が、カッコいい
る

るの感想・評価

3.9
ノンフィクションには弱い
HORI

HORIの感想・評価

4.0
笑かすところは笑かして、怖がらせるところは怖がらせ、泣かすところはしっかり泣かす。
あざといほどの"意図"を感じるが、近年の韓国映画はその点において振り切っているので、観ていて清々しい。

日本映画もこの映画の持つ純粋無垢な面白さ(あるいは分かりやすさ)を漫画原作とかに頼らずに体現していけたらな。
Kimi

Kimiの感想・評価

-
ふごくいい
いわい

いわいの感想・評価

4.2
とても最高に熱い作品でした!
自分が生まれる10数年前、隣国であんな残酷な事実があったということに驚きと自分の無知に恥ずかしくなりました。
ラストの光州の運転手の命を張った場面は涙せずには見られません。
後世にずっと残ってほしい映画ですね。
何たる美談、韓国の運ちゃん最高❗️
マーチ

マーチの感想・評価

3.9
《韓国映画特集2018 | 韓国映画の今》

[韓国映画 怒濤の10本レビュー:前半戦]
❶『タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜』

さあ、皆さん今年もやって参りました!
マーチ選出の韓国映画10本を一気にレビューする年1回の特集です。
尚、昨年は特に制限を設けず無作為の10本でしたが、今年は2018年に日本公開した作品のみから10本選出しました!!
昨年の10本は下記ハッシュタグ「#韓国映画10本レビュー」からご覧下さい。(今年の特集分も含みます。)

それでは、今年も10本いってみよー!!


【省略レビュー🚖】

実話である光州事件の映画化。

この事件の真実を世界に知らしめたドイツ人記者と、その記者を事件現場まで送り届けた運転手の話で、緩やかなコメディタッチで前半は描かれていたし、ソン・ガンホがとにかく笑わせてくるので楽しく観ていたのだけれど、後半事件が深まるにつれて笑えないどころかシリアスさが増してきて壮絶な展開を迎える。

タクシーチェイスのシーンには思わずハラハラさせられたし、描かれている事件の悲劇性に憤りを覚え、要所要所で泣かされた。

光州事件のことを何も知らなかったので、少なからず日本との関わりがあったことにも驚いた。


【p.s.】
忙しくてレビューをしっかり書く機会が無いので短めに今年観た作品のレビューを投稿しています。
暇があれば正式なレビューと入れ替えますが、きっとそんな瞬間は訪れないでしょう。
だって、私ですからね。
>|