タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜の作品情報・感想・評価

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜2016年製作の映画)

택시운전사/A Taxi Driver

上映日:2018年04月21日

製作国:

上映時間:137分

4.2

あらすじ

ソウルのタクシー運転⼿マンソプは「通⾏禁⽌時間までに光州に⾏ったら⼤⾦を⽀払う」という⾔葉につられ、ドイツ⼈記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま⼀路、光州を⽬指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に⼊る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの⾔葉に⽿を貸さず、ピーターは⼤学⽣のジェシクとファン運転⼿の助けを借り、撮影を始める。し…

ソウルのタクシー運転⼿マンソプは「通⾏禁⽌時間までに光州に⾏ったら⼤⾦を⽀払う」という⾔葉につられ、ドイツ⼈記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま⼀路、光州を⽬指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に⼊る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの⾔葉に⽿を貸さず、ピーターは⼤学⽣のジェシクとファン運転⼿の助けを借り、撮影を始める。しかし状況は徐々に悪化。マンソプは1⼈で留守番させている11歳の娘が気になり、ますます焦るのだが…。

「タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜」に投稿された感想・評価

隣国の話やのに、知らなかった光州事件。
軍事クーデターに反発した市民が、軍隊に弾圧される。
それを知った海外のジャーナリストと、彼が大金を叩いて現地に向かうと知ったタクシー運転手が、お互いおまんまのタネの為、現地に乗り込む。

光州での悲惨な現実を知った時、彼らは…
いやはや、壮絶なお話。

タクシー運転手と乗客のほっこり日常モノではなく、そんな深いお話。

脚色はあるんやろうけど、それでも皆が皆、命をかけて戦っとる。

言葉が通じない運ちゃんとジャーナリスト。
共に何かに向かい、必死になった人達だけに産まれる言語を超越した絆。
サイコーにクサくて、サイコーにカッコいい。

カッコいいといえば、現地のタクの運ちゃん達。
決死の妨害劇には素直に拍手。
タクシーってこんなイカした車やったか?笑

期待はそこまでじゃなかったものの、見終わった後の充足感バッチリ。

でも、なんやかんや言って、結局ソン・ガンホ。
ホンマあかんわこの人の泣き顔。
すげぇ締め付けられるもん。

このレビューはネタバレを含みます

ソン・ガンホのキャラクターに甘えすぎの感がのこる。外国人記者との友情?も中途半端。タクシー運転手同士の助け合いもやや過剰。カーチェイス見たい訳じゃないんだけど。
いい題材なのになぁ。脚本が甘い。ドラマとしての葛藤がイマイチ。
NF

NFの感想・評価

3.5
話自体は面白かったんだけども…
どんなジャンルの映画でもアクションシーンブッ込んでくるのは製作費が潤沢だからなのかな
実話の映画化なのにあそこまでされると若干萎える
taka181

taka181の感想・評価

4.0
骨太な映画だなと。シリアスな描写と感動誘いとコメディ風味とのバランスが秀逸。100年以上前だけが歴史じゃない、ですよね。
ソン・ガンホは、やはり良い。
ユ・ヘジンも最高。
トーマス・クレッチマンはやっぱりリーアム・ニーソンに似てる。
高地戦も観ねば。
okke

okkeの感想・評価

-
2018年8月 早稲田松竹にて 併映『ペパーミント・キャンディー』
何度か書いた覚えもあるが、あらためて
「韓国映画は、スゴイ!」
画づくりだとかテーマのとらえどころだとかもさることながら、この題材をアクション映画にまでしてしてしまうハリウッド並のバイタリティーにまず脱帽である。

言わば南北問題以上にデリケートなテーマを、偏ってはいるがグッと突っ込んでえぐるような描き方で、どうだと言わんばかりに堂々とした出来。

合わせて観た2000年製作の『ペパーミント・キャンディ』が、断片的ながら"光州事件"を扱った作品として物議を呼んだことを思えば、よくぞここまで掘り下げてくれたと感じ入ってしまう。

これが日本だと、非常にこじんまりとしたお家騒動的なものになりかねない。

非常にコミカルだけど、見ている者に"義"の本質を問いかけるような主人公の葛藤が銀幕からにじみ出ていてとても良かった。

これまでが偏った報道しかなかったのだから、これはこれで意義あるものだと思う。
鍾馗

鍾馗の感想・評価

4.3
なるべく作品の内容は事前情報を入れずに見る方です。
そしてたまに完全に打ちのめされて帰ってきたりします。
今日の作品がそうでした。

なんの変哲もないタイトル。
恥ずかしくなるようなサブタイトル。
若い頃の毒蝮三太夫のようなソン・ガンホの笑顔のポスター。

騙されてはいけません。
重い作品です。
1980年。高額の報酬に目が眩んだノンポリのタクシー運転手が、ドイツ人記者を載せて向かった先で光州事件に巻き込まれていくという実話を再構成した作品です。
軍が市民に銃口を向け、私服警官が市民に暴行を加えます。
重いなんてもんじゃありません。
発煙弾の煙の向こうから銃を撃ちながら市民を次々に斃していく軍と私服警官。
はっきり言ってジェノサイドです。
そして後半はハンカチが離せません。
泪のトリガーはおにぎりです。
あそこでおにぎりは反則です。泣くに決まってるじゃないですか。

2時間20分とちょっと長尺物ですがお薦めです。
光州事件については、少し聞いた事がある程度で
詳細や光州の場所やソウルとの距離もわからないのですが

コメディ人情劇風に始まったかと思えば
少しずつ雲行きが怪しくなる

最終的には、ものすごい重たい作品となっていた
自分のできることを力の限りやる、という話にむちゃくちゃ弱い。ずっと涙腺が緩んでいたけれど、運転手同士のハンドサインで語る別れで爆発した。そして、物語冒頭の「この話は実話を基に再構成しています」と言うテロップが、ラストに向けて最高に効いてくる。史実で再会できなかった記者と運転手を、物語の中でそっともう一度接点をもたせる。そのありえたかもしれない可能性を補強するフィクションの優しい嘘に、また映画を好きになってしまう。(Wikipediaに、韓国でこの映画公開後に実際に起きた出来事が記載されており、その顛末がまたこの映画の結末の印象を強める)
>|