タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜の作品情報・感想・評価

上映館(1館)

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜2016年製作の映画)

택시운전사/A Taxi Driver

上映日:2018年04月21日

製作国:

上映時間:137分

あらすじ

「タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜」に投稿された感想・評価

しらこ

しらこの感想・評価

4.5
タクシー運転手とドイツ人記者が巻き起こす正義の物語!
この作品をきっかけに光州事件を知りましたが、こんな悲惨な事件が韓国であったなんて知りませんでした。
ソンガンホ演じるタクシー運転手がぶっきらぼうで人情味あるお陰で、暗くなり過ぎずに楽しく史実を知ることができたのが、この映画の一番の価値なのではないでしょうか。
家にいながら世界を知ることができる貴重な作品です。
yonemo

yonemoの感想・評価

4.0
よかった。こういう報道のあり方であって欲しい。
み

みの感想・評価

4.2
ずっと気になってたこの作品。
警察や軍隊が一方的に丸腰の市民に暴力を振るう光景が、今香港で起こっていることと重なった。
テーマは重いけど、ソンガンホ演じるタクシー運転手が常に明るくユーモアに溢れているから、唯一の心の救いだったように思う。
弾圧とかクーデターがテーマといえど、その中でも「タクシー運転手と外国人記者」っていう本来なら多くの人が知らなかったであろう小さなドラマを扱っているのが新鮮でとてもよかった。
韓国の映画は、(こういうジャンルだと特に)忠実に再現してくれるからリアル度が増して良いな、、
おひさ

おひさの感想・評価

3.0
2019/08/16
WOWOW


「ラッキー」で主演だった、ユ・へジンが
とっても印象深かった。
アレって かつら?😆

もちろん ソン・ガンホは 文句なし。
覚醒して 引き返す時の表情は とても鬼気迫るものがあって 素晴らしかった。

記者と運転手の 再会は叶わなかった。
2018年の鑑賞作品の整理として。

娘を育てることに手一杯で、政治に無関心で、小ずるい感じのタクシー運転手が、大金に目がくらんで、客(記者)を奪った結果、光州事件に巻き込まれて、色んな犠牲の結果、客の記者と心を通わせて行くって感じのお話。

ちなみに、光州事件って1980年の出来事。
で、この後に「1987、ある闘いの真実」があるってこと。
自分的には、中学生から大学入学くらいまでのお話しなんですが、お隣の国でこんなことが怒ってたんだって感じ。

ちなみに、タクシー運転手は、かなり切羽詰まるまで小ずるい感じは抜けません。
でも、最終的には、なんとなく地味だけど、熱いカーチェイスを経て、大号泣。
特に、「1987、ある闘いの真実」にも出てたけど、ユ・ヘジンがカッコイイ。
それから、チェ・グィファが怖い。

やっぱ、韓国映画って良いねな1本。

2018年に劇場で観た映画の中で6位(152本中)です。
まあ、この映画より上位の映画が、カメ止めとスリー・ビルボードとバック・トゥ・ザ・フューチャー3部作なんで、実質1位と言っても過言ではないかも?

(2018/05/03 T・ジョイ博多 2D 字幕)
(2018/07/01 シアターシエマ 2D 字幕)
俺は基本的に韓国のことが大っ嫌いですが、映画とアイドルとキムチとチヂミだけは認めておりやす

この映画は光州事件という韓国政府がいまよりほんの少しだけ悪かったがために起きた事件を描いていて、前半のふざけたBGMと後半の主人公が事態を知ってからの緊迫したBGMの対比が印象的でちた

なにより主役のガンホー(パズドラじゃないほう)が役作りでタクシー運転手5年やったのかと思うくらい自然。大自然

果たして日本で普通のおっさんを主役に歴史大作撮れるんですかね。まず山○○人か菅○将○に佐藤○入れないとダメでしょ、演技派ジャニーズ笑を脇役に入れなきゃだめ、ヒロインはCMいっぱい出てる女の子だからおっぱいは出せません濡れ場もだめ

こうして素晴らしい原作に欲望たっぷりのウンコを塗りたくって出来上がった作品が多いから差が広がってんじゃないの!だからドラクエだってクソ

あ、タクシー来たので終わりにします
浜田

浜田の感想・評価

4.0
見てて辛かった。1980年代の韓国であった事件だと信じられない。この後の政府の公表の仕方と軍部への制裁が気になる。
orokamono

orokamonoの感想・評価

4.2
ずっと見たかった作品

そして本当に見て良かった。

光州事件は知ってはいたがこれだけ命懸けの行動があったからこそ知れた真実。
>|