タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜の作品情報・感想・評価・動画配信

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜2017年製作の映画)

택시운전사/A Taxi Driver

上映日:2018年04月21日

製作国:

上映時間:137分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜」に投稿された感想・評価

shogo

shogoの感想・評価

4.0
こんな悲惨な事件を初めて知った。
m

mの感想・評価

4.0
教科書で聞いたことあった光州事件、40年前にこんなことがすぐ隣の国で起こっていたのに何も知らなかった。実話というのが悲しくもあり感動でもある。ポスターもうちょっと変えた方がいい。
nakko

nakkoの感想・評価

4.0
実話なのが驚きで感動する。
月並みだけど、人の助け合いと思いやりが本当に素晴らしかった。
日本と韓国はマナーや思いやりの面でよく比較されることが多いけど、正直同じだと思うし、この映画を観てもそう思った。
違うのは昔の歴史があって培われてきた国民同士の団結力とか愛国精神とかだなぁと。
いつになっても、少しでも助け合いとか思いやりとかそういう温かい気持ちを忘れない人間で有りたいと思う。
ゆん

ゆんの感想・評価

4.8
思ったことも感じたことも刺さったこともいっぱいあったのに、感想がまとまらない。

実際に起きてたことなんだもんな、、、、
みさき

みさきの感想・評価

4.0
感動。実話。
1980年の韓国光州。軍事独裁政府によって、学生などの民主化を求めて立ち上がる民衆が弾圧されるも情報統制によって外の町では誰も知らない状況下。噂をつかんだドイツ人記者をソウルから光州へ送り迎えするために、父子家庭のタクシードライバーが命がけで最前線へ向かう。
序盤はちょっと強引なマンソプの普段の生活がえがかれているが、光州に入ってからは周りの光景が一変。観ている人も情報統制されているところから、想像以上の混乱に踏み込むような感覚に陥った。
最初は人のことよりも自らの安全を優先していたマンソプが次第に使命感に燃えてくる様子は熱い。ドイツ人記者のピーターや光州で手助けをしてくれた人々との友情も素敵だった。
しかし、軍事独裁政権下とはいえ、ほんの40年前の韓国という身近なところで、このような状況だったのは衝撃。完全に通行を遮断することでデモが暴走しているように見せかけられるなんてなかなか想像もできない。
ぶんTA

ぶんTAの感想・評価

3.9
この映画からどうやったらこのポスターができるんだ、、笑

凄惨な事実に基づく国や職業を超えた絆の物語。
目を背けたくなるようなシーンもあるけど懸命に立ち向かう人々の姿に釘付けになった。

この映画の元となった事実こそ記者やメディアの存在する意味なんだろうけど、今の日本や世界では全然意味を成してないように感じてしまうね。
yuca

yucaの感想・評価

4.4
歴史を知らないで生きる罪深さ
eriiko

eriikoの感想・評価

4.0
とても良い映画だった。再会出来たらなぁ。
>|