タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜2016年製作の映画)

택시운전사/A Taxi Driver

上映日:2018年04月21日

製作国:

上映時間:137分

4.2

あらすじ

ソウルのタクシー運転⼿マンソプは「通⾏禁⽌時間までに光州に⾏ったら⼤⾦を⽀払う」という⾔葉につられ、ドイツ⼈記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま⼀路、光州を⽬指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に⼊る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの⾔葉に⽿を貸さず、ピーターは⼤学⽣のジェシクとファン運転⼿の助けを借り、撮影を始める。し…

ソウルのタクシー運転⼿マンソプは「通⾏禁⽌時間までに光州に⾏ったら⼤⾦を⽀払う」という⾔葉につられ、ドイツ⼈記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま⼀路、光州を⽬指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に⼊る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの⾔葉に⽿を貸さず、ピーターは⼤学⽣のジェシクとファン運転⼿の助けを借り、撮影を始める。しかし状況は徐々に悪化。マンソプは1⼈で留守番させている11歳の娘が気になり、ますます焦るのだが…。

「タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜」に投稿された感想・評価

たかし

たかしの感想・評価

4.5
前半丹念に人物描写を描き込んだ結果、中盤に情けない主人公のなけなしの勇気を振り絞った決断に泣かされる。
同じく今そこにある不条理を描いた「デトロイト」は徹底的に恐怖を描いたが、今作はエンタメ要素と目も当てられない現実が上手く織り合わさっていて、後者の方が圧倒的に見やすさがあると思う。故に様々な人の目に届きやすいという点で非常に価値がある。ソン・ガンホのその辺のおっさんにしか見えなさも素晴らしい。傑作!
りま

りまの感想・評価

4.2
報道、記者とは何かを考える映画
韓国の光州で起きた軍によるデモの話
軍によるデモで軍によって人が殺されてるのに学生が殺してると偽られた嘘の報道を覆すぞ!ということです

こういう風に作品を通して現実の事件を知れるというのは本当に映画の醍醐味だと思います
この映画も一種のニュースというか報道なのか?
おじいさん、おじいさんに会ってあげて!!!!

122
1980年光州事件
チョンドファンの軍政下、光州で起きた民主化を求める運動。軍事政権での弾圧。
1979年「ソウルの春」という民主化を求める運動が活発になる。
軍をおさめていたチョンドファン大統領は、民主化運動を抑えるために、民主活動家で政治家のキムデジュン氏(のちの大統領)を誘拐。
光州市では、非常時に軍隊に政治権をゆだねる制度をやめる事やキムデジュン氏を釈放する大規模なデモが起きる。

よく知らなかったから調べてみたけど、平たく言うとこんな感じかな?

こんな酷いことを隠して光州皆殺しにしているのも同じ!
狂った政治。

タクシードライバーが明け方に帰ろうとした時に途中、娘の靴を買うものの涙が溢れたシーンは、私も号泣。
自分の気持ちとの葛藤。きっと私も同じ行動をとる。
館内人数は多いものの鑑賞年齢高いように感じたけど若い人にも知ってほしい。

私は、観て知って良かったと思った。
ソン・ガンホ演じるソウルのタクシー運転手、最初は光州で起きていた事件も親から大学通わせてもらってる学生の分際で騒いでるだけだろ、みたいなスタンスだったのが、当地で現実を目の当たりにして変わっていく。国が民衆に暴力、銃を向ける韓国の現実に失望し、立ち向かった一人の愛国者と亡くなった多くの英雄、そして世界に発信したドイツ人ジャーナリスト。ラストのエピソードやインタビューも哀愁漂う感じで見ていて涙が止まらなかった。
国茶

国茶の感想・評価

4.3
序盤はホンワカだったけど
どんどん雲行きが怪しくなり
だいぶシリアスになった

演技うますぎや
めっちゃ面白かった

劇場でゴキブリ出なければもうちょい集中出来たかな(-ω-)笑

でも面白かったのには変わりない
kamijyo

kamijyoの感想・評価

4.0
"実話にもとづいた"を
疑いたくなるほど悲惨な事件
人を人とも思わない暴力シーンは
見ているのがつらくなるほどだった
その裏で活躍したのが
しがないタクシー運転手
彼がいなければ
今の韓国はなかったと言っても
過言ではないかもしれない
なんて
まったく知らなかった
おっさん、最高にかっこいいぜ!
笑いも涙も感動も
アクションだって入ってる
最初から最後まで飽きさせないのは
さすが韓国映画
shoken

shokenの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

序盤のソウルのシーンはコミカルなのに、そこから光州に向かうに連れて少しずつ不穏な空気が漂い始めるのを、何も知らない主人公目線で描いて不安を煽る感じが良かった。
ソウルに帰ろうとして光州を抜け出して寄った町が普通に平穏で賑わっていて電話も繋がるっていうのが、ついさっきまでとんでもないところにいたというのが嘘みたいで、この対比が残酷だった。
治安の悪いところで記者が取材するというのはこういうことで、そこには現地の人たちの助けや世界中の人に知ってほしいという思いが多分にあるのねと感じた。

終盤、民間人に銃が向けられるのを見て無言で涙を流すソンガンホにグッときた。あと、家に泊めてくれた運転手からやるせなさとか悲哀だとかが物凄く伝わってきた。

最後記者と二人で光州から抜け出した後の光州の人たちが描かれていないところがとても感慨深かった。あの土地で出会った人たちはあの後どうなったんだろうと思った。

個人的には韓国映画ではサニー以来のドストライクだっただけに、色々とあともういっちょ!っていうところが本当に本当に惜しかった。でもめっちゃいい作品でした。
9642

9642の感想・評価

-
ポスターの笑顔に騙された……。韓国で1980年に起きた民衆虐殺事件のお話。実話を元にしたフィクション。大きな事件に巻き込まれたときに、一体それが何なのか精確に理解できず戸惑う様が、とてもリアルだった。 012/050, 100w
higa

higaの感想・評価

5.0
1980年に韓国で実際に起きた事件を映画化したもの。

ソン・ガンホが演じるタクシー運転手を視点から描かれる。この映画の前半は明るくてどこかしらヒューマンドラマだ。主人公のタクシー運転手のキムは、走行距離が60万キロ以上にもなるタクシーを走らせ、11歳の娘の靴も満足に買ってもらえないほどの貧乏だが、基本性格はどこか前向きで『自転車泥棒』のように現状は悲惨ながらも前向きに必死に生きようとする姿が明るい。ある日、彼はドイツ人記者を乗せることになるのだが、向かった先は、韓国でもまともに報じられていない光州のデモがあり・・・。

光州事件は、1970年代に起きたシルミド事件などと同様に韓国の黒歴史といってもよい事件で150人以上の死者が出たのだが、韓国メディアは園事実を隠し、国民には真実を伝えていなし、当然、日本でもこの事件は報じられていない。韓国は当時独裁政権で、夜には戒厳令が発令される事も日常茶飯事であったらしい。その為、民主的な国家でもなく、治安も経済もあまりよくなかったらしい。しかし、この光州事件をきっかけに変わっていき、1980年代後半には完全に民主化になったという。

『タクシー運転手』は、そんな複雑な背景を描いた作品でありながら、「映画=娯楽」という姿勢も忘れてはいなく、銃撃の場面はスピルバーグの『ミュンヘン』のような緊張感があった。前半はのほほんとしていたのに後半に急に来るサスペンスが映画にギャップを与え、「光州事件について勉強できたし、またものすごい楽しい映画をみた」という気持ちにもなれる。これ、遺族たちに了承を得るのに相当な時間もかかった事だろう。下手な事もできないし。

とにかく、すさまじくて単純に面白い映画だった。ブルーレイ発売が待ち遠しい。
これが実話だというから恐ろしい…

この映画を通して韓国の歴史や、この事件で苦しんでいる人たちがいる事を初めて知った。

涙が止まらなかった。

2人が再会できたら良かったのに。

泣ける度
★★★★