タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜2016年製作の映画)

택시운전사/A Taxi Driver

上映日:2018年04月21日

製作国:

上映時間:137分

4.2

あらすじ

ソウルのタクシー運転⼿マンソプは「通⾏禁⽌時間までに光州に⾏ったら⼤⾦を⽀払う」という⾔葉につられ、ドイツ⼈記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま⼀路、光州を⽬指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に⼊る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの⾔葉に⽿を貸さず、ピーターは⼤学⽣のジェシクとファン運転⼿の助けを借り、撮影を始める。し…

ソウルのタクシー運転⼿マンソプは「通⾏禁⽌時間までに光州に⾏ったら⼤⾦を⽀払う」という⾔葉につられ、ドイツ⼈記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま⼀路、光州を⽬指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に⼊る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの⾔葉に⽿を貸さず、ピーターは⼤学⽣のジェシクとファン運転⼿の助けを借り、撮影を始める。しかし状況は徐々に悪化。マンソプは1⼈で留守番させている11歳の娘が気になり、ますます焦るのだが…。

「タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜」に投稿された感想・評価

事実を基に再構成、という成り立ちを無視しますけれども。

幾らか映画を観てきた経験からその傾向を割り出して当て嵌める事が可能ですからして、物語としての着地点はなんとなく予想出来る訳じゃないですか。

それで以て予想通りに展開したとして、しかしそれで詰まらないと切り捨てる気もないんですよ、過程に創意工夫が発見出来ればそれこそがこちとらの求めるものな訳ですからして。

本作の場合その過程が全て、泣かせる為のお膳立てに見えてしまいましてねえ。

思いがけず泣かされる段落に出逢って感じるカタルシス、これにはもう初めての撮影に臨むアダルト女優よろしくに無条件で身を委ねますけれども、実際には熱くないと事前に含まれた上で熱湯風呂に落とされたって上手いリアクションはとれませんや、こちとら芸人じゃあありませんもの。
lalatino

lalatinoの感想・評価

4.5
泣きすぎて脱水症状になりそう。

今は、アイフォンがあってSNSがあれば誰でも発信できるけど、フィルムがなければ現実を伝えられない、そういう時代の映像取材をする記者の役目はとてつもなく重要だったことを痛感。

きた道を戻るドライバー。検問の青年。光州のタクシーおじちゃんず。彼らの姿を見て、君はどう生きるか?と言われているようだった。
Hquuuu

Hquuuuの感想・評価

4.2
ユ・ヘジンを映画館のスクリーンで見て笑いたい!と思ってみたのに、、、
感動というか、衝撃というか、、
光州事件ってのを初めて聞いた、くらいの皆無の地域で見に行ったけど、、
びっっっくり、これも韓国の歴史のひとつ。ですね
レッドファミリーとかこの映画とか、韓国映画は驚くことが多い
HST

HSTの感想・評価

4.5
もうめちゃくちゃ泣いた。光州の人達の優しさに、命をかけた手助け。タクシー運転手の心情の変化やドイツ人記者と間に芽生えた友情。もう全てに心打たれた。この映画の存在を知るまではこの事件の事分からなかったんだけど知ることが出来て良かった!!映画最高!!てか、この話を映画にして1200万人以上の観客を動員する韓国すげぇ!!
ウノ

ウノの感想・評価

4.8
こんなことが本当に起こったなんて信じられない、ということを映画は教えてくれる。
人情溢れるタクシー運転手のおじちゃんたちが商売道具を武器に権力と闘う姿が恰好いい。

泣き顔で苦し紛れに作る笑顔も恰好いい。

最後まで名もなき運転手であり続けたことが何より恰好いい!
タクシーの運ちゃんたちが最高過ぎて……

おにぎりに泣かされた。

人情喜劇からサスペンス、戦争モノ、そしてかなりガチのカーチェイスまで盛り込んで、丁寧なシナリオでひたすら泣かせる素晴らしい映画。

肝心な所は表情と佇まいのみで体現するソン・ガンホの凄まじさよ。
Shinobu331

Shinobu331の感想・評価

3.7
ソンガンホさんはじめ、
みなさんの演技が素晴らしいです。笑わせ、ほんわかさせ、
ほろっとさせて、
そして、とてつもない、
痛みを与えてくれる映画です。
あのような事実を知らないで、
私は生きていました。
この、映画に出会えて感謝です。
50

50の感想・評価

4.0
日曜日の朝一番、10時から観賞。観客多め。
前半のコミカルな感じから一転、後半シリアスになるが、前半の呑気な場面との対比で、緊迫感が良く伝わってくる。
全く調べていない映画を観て。それがまた凄い出逢いでした。ジャーナリズムの本髄と、日本では聖子ちゃんやたのきんトリオや金八先生の1980年に近くの異国にこんなことがあったのと、無知だった自分が思い知らされました。観てよかった。