タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜2016年製作の映画)

택시운전사/A Taxi Driver

上映日:2018年04月21日

製作国:

上映時間:137分

4.2

あらすじ

ソウルのタクシー運転⼿マンソプは「通⾏禁⽌時間までに光州に⾏ったら⼤⾦を⽀払う」という⾔葉につられ、ドイツ⼈記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま⼀路、光州を⽬指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に⼊る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの⾔葉に⽿を貸さず、ピーターは⼤学⽣のジェシクとファン運転⼿の助けを借り、撮影を始める。し…

ソウルのタクシー運転⼿マンソプは「通⾏禁⽌時間までに光州に⾏ったら⼤⾦を⽀払う」という⾔葉につられ、ドイツ⼈記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま⼀路、光州を⽬指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に⼊る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの⾔葉に⽿を貸さず、ピーターは⼤学⽣のジェシクとファン運転⼿の助けを借り、撮影を始める。しかし状況は徐々に悪化。マンソプは1⼈で留守番させている11歳の娘が気になり、ますます焦るのだが…。

「タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜」に投稿された感想・評価

spica

spicaの感想・評価

4.8
何から何まで良かった。

笑えるシーンではしっかり笑わせ、観客を引きつけておいて、緊迫した実話ベースの後半に繋げる。主人公に親近感を持ってしまった後だから、グッと深刻な事態が迫ってくる。すごいなぁと思った。

光州事件のことはほとんど知らなかったが、こんな恐ろしいことが起こってたんだ。
38年前に。
軍隊が丸腰の市民を攻撃するって、ありがちなことなのかもしれないけど、やはり恐ろしい。
誰を守るための軍なの?と思ってしまう。
軍隊を持つというのは、こういうとも含めてなのだと思った。

報道を封じられる恐ろしさもよくわかった。

生活に追われ、政治に無関心だった主人公が、光州での出来事をきっかけに大きく変わるところが良かった。

こういう時代を経て、今の韓国があるのかと思うと、日本は…

レディースデイとはいえ、2席くらいしか空いてなかった。男性が半分くらいか。もっとみんなに見てもらいたい映画だ。
これは、面白いわ。
評価高いなぁと何となくで行きましたが、これは面白い。

さて、何て言うか、事実を元にはしてるだろうけど、どこからどこまでが事実か。
ちょっと混乱します。
韓国は、残念乍らその被害を倍どころか10倍100倍にして語る中華圏国家の特色があると思えば、軍事独裁してたのでそれくらいはやりそうだよねってところはある。
まぁ、真実は闇の中っていうか、まだ事件についても賛否両論あるこの時代にこのワクワクする感情移入させる映画。
なかなか、メディアを巧く使ってますな。


まぁ、韓国の暗部ですが、映画としては面白い。
主人公は最初は何にも深いこと考えないけど面倒は御免だのキャラが世の中の事実を見てしまい、義侠心もあり最後までやり遂げる。
素晴らしい父親、子供に誇れる父として帰ってくる。
個人的には、そこまでヤらしいお涙頂戴も描かれていないように感じたけど、ジーンとなった。
記者との別れも良い。
ああいう別れこそロマンだわ。


にしても、途中の軍隊とのカーチェイスあれはちょっと笑いそうになったんだが、あれは脚色してるよね????
命からがら脱出くらいのもんよね???

ここ数日観た映画では段違いに面白い。
ダブ丸

ダブ丸の感想・評価

3.6
ソン・ガンホはじめとするタクシー運転手たちがいいよね。オープニングのチョー・ヨンピルの『おかっぱ頭』のシーンから始まってソン・ガンホはずっと最高。ダンス最高。
冒頭以外の音楽の使い方に個人的興醒め。
KaiSaito

KaiSaitoの感想・評価

4.1
恥ずかしながら、光州事件について全く知らず、こんなことがあったのか…と純粋にショックを受けました。自分の中の韓国のイメージといえば、作品の最後に流れる現代の街並みの印象が強く、当時の社会の雰囲気を感じられる作品です。
前半の呑気なコメディ調が打って変わって、後半では凄まじいハラハラな展開。役者の演技もさる事ながら、街を走る車の車種やデモの描写など、再現度が高いのも見どころ。
これまた実話ベースなんだから驚き。まだどこかでこのタクシー運転手は、お客さんを乗せ続けてるのでしょうか。
ひろ

ひろの感想・評価

3.9
笑いとシリアスの切り替えが上手い。冒頭に史実とうたうことで没頭感アップ。軍と人民の衝突シーンは迫力あり。ソン・ガンホはダメ男→いい奴の役をやらせたら天下一品。
やの

やのの感想・評価

4.2
最初から最後までソンガンホ~!!な映画でした。
広州事件については全く知らなかったので良い勉強になりました。たった40年前ぐらいに、あんなことが起きてたなんて。
私服軍人怖すぎないか。。
ソンガンホがうどんとおにぎり食べるシーンぐっときました。
shimalucky

shimaluckyの感想・評価

2.8
光州事件を一般人の人情劇に仕上げた大げさな映画。実話を元にとはうたっているが、証言者のドイツ人ジャーナリストがディテールまで事実を語ったとは思えないし、虚飾の人情劇は大袈裟で嘘くさく誰一人もシンパシーを感じない。
ハリウッド大作風に作る事で観客を呼び、光州事件にフォーカスを当てる意図は成功したかもしれないが、客観的にこの事件の犠牲者に失礼んs気がしてならない。
ako

akoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

正直なところ、好みでない要素がたくさんあったのですが、にも関わらず、観た後の感想としては、とても見応えがあって凄い映画だなと思いました。

生活と事件、国民と国家、の関係性は情報から想像するしかなくて、間近な体験によって変わる意識とか芽生える感情とか戸惑いとかは、残酷な事件をより強く感じさせる重みで、心が張り裂けそうでしたが、展開のせいか、張り裂けずになんなら上がったので、ひたすら感心です。
光州事件のお話

なにも知らないタクシー運転手が外国ジャーナリストを歴史的事件の現場に連れていくお話
(史実のドライバーさんはもともと事件関連の知識層と関わりがあったようですが)

娘との生活のために始めは強かな感じの運転手さんだけど、事件のあまりの悲惨さ、かつその惨状が光州以外に届いていない状況に奮起するという展開が熱い

出来事って結局距離感というか身近さがないと、実感にならないですよねというのを感じます
実感になって行動にまで移せる人が英雄や偉人になるわけですが

居間で学生の下手くそな歌を聴いていたシーンが後にまで響く印象的な場面でした
fabio

fabioの感想・評価

4.0
光州事件について。
新聞が真っ白、電話も通じない、今みたいにSNSもない、テレビは嘘の報道。丸腰の市民が殺される。
韓国はほんの数十年前にこういうことを乗り越えてきたんだ、と思った。

穏やかな日常と修羅場の描き方が絶妙。
ソン・ガンホはさすが。
これ観終わって帰って来て「大統領選の理髪師」を再度観た。