タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜の作品情報・感想・評価 - 96ページ目

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜2016年製作の映画)

택시운전사/A Taxi Driver

上映日:2018年04月21日

製作国:

上映時間:137分

4.2

あらすじ

ソウルのタクシー運転⼿マンソプは「通⾏禁⽌時間までに光州に⾏ったら⼤⾦を⽀払う」という⾔葉につられ、ドイツ⼈記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま⼀路、光州を⽬指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に⼊る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの⾔葉に⽿を貸さず、ピーターは⼤学⽣のジェシクとファン運転⼿の助けを借り、撮影を始める。し…

ソウルのタクシー運転⼿マンソプは「通⾏禁⽌時間までに光州に⾏ったら⼤⾦を⽀払う」という⾔葉につられ、ドイツ⼈記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま⼀路、光州を⽬指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に⼊る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの⾔葉に⽿を貸さず、ピーターは⼤学⽣のジェシクとファン運転⼿の助けを借り、撮影を始める。しかし状況は徐々に悪化。マンソプは1⼈で留守番させている11歳の娘が気になり、ますます焦るのだが…。

「タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜」に投稿された感想・評価

marev

marevの感想・評価

4.0
映画館。

1980年に起きた光州事件という事件を基にした話。
当局の検閲などで報道を遮断されていた中に突入して海外に知らしめたドイツ人記者と、それを助けたタクシー運転手。

光州に着くまでは主人公のキャラなどで笑えるくらいコミカルな感じ。
その後は一転してシビアな展開になる。

内容は全然知らずにクレッチマン目当てで見に行ったのだが、いい映画だった。

こういうの見るといつも思うんだけど、自国民を殺す軍隊ほど無意味なものは無いよなあ。
ほのか

ほのかの感想・評価

3.9
嘘でしょ…リュジョンヨル…
私この前ザ・キング観たところなんですけど、ザ・キングと今作で最推しキャラを演じてる俳優が同じってそんなことある?!韓国の俳優さん詳しくないのでまっっっったく調べずに行ってそんな偶然。
すごくない?いやすごい。
しかもそれ、今、もしかして…と思って調べて発覚したのでほんと文字通り愕然としてる。リュジョンヨルに対してすごいとやばいと好きと怖いって気持ちを同時に抱いたわ…。



勿論映画自体もめっちゃよかったです!!
楽しいところと悲しいところの落差がすごい。

中盤まで、も〜ほんとソンガンホめんどくさいおじさんだな〜!って感じだったんですけどちゃんといいおじさんなのでご安心ください。娘のことを想ってるシーンで同じ列のおっちゃんが泣き出してやっぱソンガンホすげえなあっておもった。


なんだかうまいこと言葉にできないけど友情も家族愛も人として失ってはいけないものも描かれてるし、笑いも涙もカーチェイスもあって超てんこ盛りだった…!こんなことが本当にあったっていうのはなんだか信じられないけど、自国が犯した間違いとちゃんと向き合おうという姿勢がいい。韓国映画界のそういうところ見習わなきゃだよ。
ShinMakita

ShinMakitaの感想・評価

2.0
1980年春の韓国…全斗煥による軍部政権に反発し、各地で民主化運動が高まりつつある頃、光州では学生や反政府主義者らのデモが暴徒と化し、軍の兵士に死傷者が出ていると報道されていた。そんなニュースなど特に気にせず、戒厳下だし学生デモで道塞がるしで、こちとら商売あがったりだよ!とキレているおっさんがいた。我らがソン・ガンホ兄貴である。ガンホ兄貴の商売は、ソウルのタクシー運転手。妻を亡くし、幼い娘を1人で育てる苦労人だ。そんな兄貴が、昼飯を食ってるときに耳にした「美味しい話」。それは、国際劇場前にやってくる外国人を乗せて光州に連れていけば10万ウォンになるという仕事だ。家賃滞納でカネが欲しいガンホ兄貴は、早速待ち合わせ場所に出向いて、その外人をボロタクシーに押し込んだ。外人の名はユルゲン・ヒンツペーター、在日ドイツ人記者。光州の真実を取材するため、極秘裏に韓国入りしたのだった。そうとは知らないガンホ兄貴は、くだらねえデモを見るために深刻な顔してわざわざ来るとは酔狂な野郎だなぁと呆れながらも光州へとクルマを走らせるが、まさか光州で起きていることが単なるデモではなく、軍による一方的な暴力と虐殺であったとは、まだ知る由もなかったのである。



「タクシー運転手」。ハリウッド産のナチものやマーベル映画でも見かけるトーマス・クレッチマンと、ガンホ兄貴ががっつり共演の韓国映画です。


以下、ネタバレは海を越えて。


➖➖➖➖


「タクシー運転手」という、およそ映画のタイトルっぽくない題名が韓国っぽいかなあ。「taxi」じゃカーチェイス映画になっちゃうし、「タクシードライバー」じゃガンホ兄貴がモヒカンになっちゃいますからね。確かに前半の人情喜劇風なストーリー展開からは「タクシー運転手」というのがしっくり来ます。中盤、ユ・へジンの家でメシ食った後の突然の銃声から全く別の映画のようにどシリアスになってきて面食らいますが、それこそがこの映画の味。冒頭のガンホ兄貴が運転しながら1人カラオケに興じるというシーンが中盤にも出てきますが、二回目は意味も雰囲気も全く異なるという対比が見事です。ガンホ兄貴がおにぎりを食べるシーンも二回ありますが、二回目のおにぎりの意味も、胸にズシンとくるものがありますよ。この映画は食事映画とも言える側面もあって、メシの時に相手と打ち解けたり理解しあったりするってところが多いんですよ。もやしスープを食べる父子、キムチ料理を囲む皆さん…とかね。いい雰囲気で食卓を囲む映画に悪いものは無いんです(笑)。

唯一醒めてしまった場面は、私服軍人部隊に追われるガンホタクシーを、唐突に現れた光州タクシー軍団が助けに現れるところ。あまりにマンガ的でしらけちゃったんだよなぁ。それ以外は、のめり込んでちゃんと涙腺も刺激されましたけどね。「国家による非人道的弾圧の事実を知らなかった主人公が、やがて真実を目の当たりにして行動を起こす」というキャラは「弁護人」ともカブリますが、ガンホ兄貴にはピタリとハマるので許せます。

戦場記者とガイド(助手)の友情というアウトラインからは、ちょっと「キリングフィールド」も連想。最後は再会させてあげたかったなあ…
jinhee

jinheeの感想・評価

4.5
光州事件を基にした映画。
設定は映画的に脚色しているが、実在の人物を描いている。

自国に何も疑問を持たず生きていたタクシー運転手のキム・マンソプが、ドイツ人記者を光州まで乗せた事で自分の知らない現実を突きつけられる。
実話ベースなので事の顛末はわかっているのだが、ソウルで平和に生きてきたマンソプが、命を賭けるまでに至る心理描写が巧みだった。マンソプの態度も表情も時間とともにどんどん変わっていく。ここはさすがのソン・ガンホだ。
映像的にもソウルと光州の対比、光州と順天の町の対比に、観る側もギリギリと胸が締め付けられていく。
(当時と現代の対比も印象的)
人が人として扱われない事件は観ていて辛いシーンが多い。けれど、そこかしこに良く知る温度の生活感があり、そこには希望もあった。
特にユ・ヘジン演じる光州のタクシー運転手やその仲間たちの格好良さたるや。
彼等は、自分たちを正義などと大仰に言わない。ただ、人として当たり前の事を当たり前に行う。困っている人は助ける、怪我人は病院に運ぶ。
この状況下で自分なら正しく生きられるだろうか。運転手らのラストシーンは涙無しに見られない。

光州事件が起きたのは1980年。まだつい最近の話だ。この事件は2007年にも「光州5・18」で描かれているし、99年の「ペパーミントキャンディ」でも(主題ではないが)主人公に大きな影響を与えた事件として扱われている。
全面通行止め・電話も報道も規制もした民間人に対する虐殺事件を、この速度で映画に出来るのが韓国の逞しさだと改めて思う。
ぺしん

ぺしんの感想・評価

4.5
韓国版「デトロイト」な映画

史実に基づいてるらしいが、
かなり映画的な展開であるため疑わしい気もするが、
何はともあれ見応えのある作品でした

コメディとシリアスと胸熱が、
過剰な音楽とともに押し寄せてくる
合わない人はまったく合わないだろうとは思う
BLACKMICKY

BLACKMICKYの感想・評価

4.5
軽快な音楽とともに登場するソン・ガンホに一瞬コメディー観に来たんだっけ?と騙される。普通の人たちが事実を伝えるために頑張る話。ドラマチック過ぎないところが好き。

このレビューはネタバレを含みます

全斗煥による軍事クーデターにより、軍事独裁政権となった1980年の韓国が舞台。日本にいたドイツ人記者が、戒厳令が発動された光州に入り、軍事政権の横暴をを決死の覚悟で世界に報道した実話の映画化。

丸腰の一般市民が銃撃されていくシーンは衝撃的だ。このドイツ人記者がいなければ、暴政は隠蔽されていたかもしれない。

シネマート新宿で観たが、前半の軽快なソンガンホの演技には笑い声が聞こえたが、後半の銃撃戦とソウルへの逃走劇には涙腺が緩ん出る方が多かった。映画館での鑑賞はこういう周囲の反応がわかるのがいい。

ドイツ人記者のインタビューがラストに挿入されているが、この事件後、タクシー運転手には再会できなかったらしい。

全体的に出来は良いが、やたら感動を煽る音楽に若干集中力削がれたり、カーチェイスあたりで主人公のタクシーのノロノロさにイライラしたりしてしまった。
まさん

まさんの感想・評価

5.0
やばすぎ
全人類が観るべき
初日に空くまで待った甲斐しかない
シルク

シルクの感想・評価

5.0
これは…
ネタバレしないように書くのは難しい。

ソンガンホの泣き顔は。
もう…ダメだ。

風化してはならない史実。
これは凄い…。不勉強で光州事件について殆ど知らなかったんですが、その怖さも恐ろしさも全て教えてくれた。前半のコミカルなシーンの連続に笑わされ、後半は思い切り韓国映画お得意の容赦ない暴力の数々に圧倒されました。そしてそれが史実である事に全く疑いようがない、細やかに取材して作り上げられた脚本と映像。ポスターのソン・ガンホの守りたい笑顔が、ひたすら恋しかったよ…。

凄いと思ったポイント①。ソン・ガンホ演じるタクシー運転手が非常に等身大である事。運転が仕事である彼にはデモ活動なんて邪魔でしかないし、貧乏な彼には学業よりデモを優先している学生は頭にくる。何度も危ないから帰ろうと説得する姿も、遠くの現状より自身の貧困と娘の事の方が考えるべき事態だから納得できる、つまり決してウザく見えないのだ。そんな彼があまりにも悲惨な現状を見て、一度は戻るもまた引き返すまでに出会う数々の要素。靴、おにぎり、歌…。やっぱりあそこが一番泣けた。

凄いと思ったポイント②。最後のカーチェイスがちっとも「やり過ぎ」に見えない事。あそこやっぱりフィクション入っていると思うし、冷静に考えればあんな展開ないだろうと思うのだが…それまで光州での悲惨な現状、多くの死傷者、サディストと化した軍人達、といった光景をあくまで「史実にあった事」として映しており、そこが観ている側が目を覆いたくなる程に上手く絶望的に撮れているので、カーチェイスでの彼らの覚悟は大いなる説得力を伴っている。あれだよ、さながら「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」だよ! あの悲しきリレーは現実でも起こるよ!