タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜の作品情報・感想・評価 - 96ページ目

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜2016年製作の映画)

택시운전사/A Taxi Driver

上映日:2018年04月21日

製作国:

上映時間:137分

4.2

あらすじ

ソウルのタクシー運転⼿マンソプは「通⾏禁⽌時間までに光州に⾏ったら⼤⾦を⽀払う」という⾔葉につられ、ドイツ⼈記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま⼀路、光州を⽬指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に⼊る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの⾔葉に⽿を貸さず、ピーターは⼤学⽣のジェシクとファン運転⼿の助けを借り、撮影を始める。し…

ソウルのタクシー運転⼿マンソプは「通⾏禁⽌時間までに光州に⾏ったら⼤⾦を⽀払う」という⾔葉につられ、ドイツ⼈記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま⼀路、光州を⽬指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に⼊る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの⾔葉に⽿を貸さず、ピーターは⼤学⽣のジェシクとファン運転⼿の助けを借り、撮影を始める。しかし状況は徐々に悪化。マンソプは1⼈で留守番させている11歳の娘が気になり、ますます焦るのだが…。

「タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜」に投稿された感想・評価

garura07

garura07の感想・評価

4.9
ソン・ガンホが演じる主人公マンソプはがさつで教養があるとは言えない、だが愛嬌と人情味のある、どこにでもいる平凡なタクシー運転手だ。一方トーマス・クレッチマン演じるピーターは知性が溢れ、問題意識と使命感を持つ記者だ。そんな共通点のない二人の間には言語の壁以上のディスコミュニケーションが立ちはだかる。ディスコミュニケーションは同じ韓国人同士であっても存在する。ソウル在住のマンソプと光州在住のファン(ユ・ヘジン)たちでは話が噛み合わない。何せマンソプは学生たちのデモの意図を理解できなかった人物だ。そして目の前に広がるのは軍に弾圧されるデモ隊の地獄絵図。そんな絶望的な状況に放り込まれた(?)マンソプの“覚醒”こそ本作の見所だ。 光州の人々との交流や絶望的な状況を目の前に突きつけられ、戸惑い、挫折しながら変化していく主人公をソン・ガンホが「殺人の追憶」を彷彿させる名演技で表現する。ピーターも記者としての正義感と悲惨な現実に困惑する人間的な一面を見せ、平板なキャラクターにならず映画に奥行きを与えている。またユ・ヘジンをはじめとする光州のタクシー運転手たちも味のある面々も見所の一つ。彼らのような存在が今日の韓国の民主主義の礎となり、光州の事件を風化させてはならないという事に説得力と感慨を持たせている。
またこの映画を支える確かな演出力にも触れておかなければならない。牧歌的な雰囲気と後の惨劇をさり気なく予感させる導入部や見事な伏線回収、サスペンスの盛り上げ方、反復演出、タクシーの配色一つにも拘った画作り、これら全てが高いレベルで演出されており、映画に説得力をもたらしている。予備知識無しで観賞しても十分に訴えかける力が本作にはあるし、「韓国は住みやすい国」という何気なさの中に危うさを含むセリフは決して他国の話だけではないかも知れない。
くまな

くまなの感想・評価

3.5
これ1980年の史実?っていうくらい信じがたい事件。
最後のカーアクションはちょっとやりすぎ感が、、、
でも総合的にエンタメ性にも優れていて、色んな人に観てほしいと思える大切な映画だと思いました。
ソンガンホは韓国No.1

シリアス展開になる急展開具合が素晴らしい
マッドマックス展開もよき
KMD

KMDの感想・評価

4.0
本国においてどれだけ賞賛されるべき作品かは、全く知識の無い僕でもビンビンに感じ取れる。ギャグから社会問題まで映画として本当に作りが上手。ソン・ガンホはもっと世界に評価されるべき名優。
Ayax

Ayaxの感想・評価

3.8
2017年の韓国観客動員数ぶっちぎり1位のようなので観た。
前半はギャグ多めのコメディーで、真ん中あたりからものすごいシリアスで、クライマックスはマッドマックス。観るシーンによって全然違うので、一本の映画でこんなに雰囲気をがらりと変えるなんて面白いね。
ベタベタのお涙ちょうだいにもっと振り切れたと思うけど、実話をベースにしていて行き過ぎないとこが品が良かった。そして自分が生まれた時(ほぼドンピシャ)にお隣の国でこんな事があったのかという学び。
記者とタクシー運転手が一緒におにぎりを食べるシーンがあったらもっと良いと思ったけどどうだろうか。
こういう映画(かっこいい人やきれいな人が出てくるわけでなく、骨太な内容)がちゃんと大ヒットしてて韓国っていいね。

このレビューはネタバレを含みます

人情コメディから社会派ドラマへのギアシフトの妙が白眉でとにかく見事な秀作。

主演のソン・ガンホは勿論のこと、脇を固めるユ・へジン等、コミカルな掛け合いから阿鼻叫喚の弾圧に直面しての悲壮感溢れる哀惜の表情まで眼を奪われるばかり。

この作品が真に見事だと思うのは、主人公のタクシー運転手の中年男性が勇気を奮い起こして状況打破への偉大なバトン渡しを行いつつも、あくまで自分が一介の小市民である事実を忘れなかったこと。これに尽きる。

クーデターに反発する民衆も、それを弾圧する当局も、自らの側に大義・正義があると信じるからこそどこまでも過激になっていったわけで、その危うさを主人公は頭ではなく肌で感じ取ったのではないか。

だからこそラストでは、生死を共にしたドイツ人記者との再会を切望しながらも、自らその機会を固辞し続けたのだろう。
何故なら自分は弾圧の惨劇を目の当たりにしながら、一度は記者を置き去りにして一人娘の元に舞いもどろうとした只のやもめ中年であり、記者を無事国外に送り届けられたのは道中で協力してくれた無名の人々の献身と犠牲あってのものであったから。

大きなことを成し遂げる人は凄いが、それによって驕ることの無い人はその幾倍も素晴らしい。
評価が高かったから観賞
1980年にこんな事件あったんだという驚き
涙あり笑いありそして恐怖あり。
最後は人情映画だなぁ〜って感じちゃんちゃん
enid

enidの感想・評価

4.4
こんなことが30数年前にあったなんて。そしてやはりガンホは世界屈指の俳優だと再認識。
akimi

akimiの感想・評価

-
1980年、軍事独裁下に起きた民主化運動(のひとつ、と、今は位置づけられている)"光州事件"を、実話ベースに描いた作品。


実話とフィクションを上手く織り交ぜて、とてもベタに実直に作られている、という感触。
韓国エンタメ界は、軍事政権下時代の自国を自戒を込めて、でもちゃんと"エンタメ"として昇華した作品を作り上げていて素晴らしいなぁ…と、いつも思います。


それにしても、ソン・ガンホ。
まさに彼の独壇場。
韓国映画にそこまで明るくないけれど、彼の出演作ではいつも圧倒されるばかり。
ほんと、力ある役者だなぁ。


帰宅後、光州事件について少し調べました。
こうして、自分の知見が広がるきっかけをくれるのもエンタメの力だ。
出た。今年の暫定ベスト。

光州の面々が愛おしすぎて、いずれくるであろうことを予期して苦しくなる。韓国映画はそのへん容赦ない。
みんなで食卓囲んだ一時間後にはあれよ。地獄や。これが現実にあったって。

後半はずっと泣いてた。ソンガンホが泣く時は観客席から嗚咽が聞こえる。

ソンガンホは天才。化け物。