犬猿のネタバレレビュー・内容・結末

犬猿2017年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:106分

3.9

あらすじ

印刷会社に勤める真面目な弟とは対照的に乱暴者でトラブルメーカーの兄。見た目は悪いけど頭がよく勤勉で家業の印刷所をテキパキ切り盛りするブスな姉と、要領は悪いがその容姿と人当りの良さで人気者の妹。この二組の兄弟・姉妹の関係に、あるとき変化が訪れる。それぞれの思いが交錯し、相性最悪なW犬猿ペアの抗争は次第にエスカレートしていく。

「犬猿」に投稿されたネタバレ・内容・結末

あー。あれはやられるわ。思わず、後ろの映写室見たもん(笑)あれに乗せられてキラキラした漫画原作を数々観てる私たちへのブラックエールね(痛々しい風刺…)

めっちゃ楽しかったー\(^o^)/
何度も声だして笑ったのが、ユリア様の言動。なんか私もユリア寄りじゃないかな?同じことしてなかったかな?とドキドキ(*^^*)ワンピース着てるよ。いけてると思ってちゃうよ。コーヒーカップ酔っちゃうよ。バックは大きめが安心だよ。嫉妬も日常茶飯事。いや…顔とスタイルが良ければいいじゃん。でも妹の気持ちもよくわかる。武器を振りかざして必死に生きている。まあ、よく観てるよ。女子の事を。監督は何者?凄い脚本に唸りました。

とにかく鬱々した嫉妬と会話。負のループ。しだいに観客も追い詰められていき…。

あーもう観たくない!聴きたくないって思ったときにあのピアノが遮る秀逸さ。まじ最高です!

ヒメアノールもそうでしたが、勧善懲悪ではなくてどこかしら歪な愛が見え隠れしてなんか好き。。。チャーハンのトッピングなんて最高。

でも、昔の力関係を一生背負ってたりして、イニシアチブを取りたがる兄姉。それを打破したい弟妹。気持ちは痛いほど伝わってきました。子供の頃の映像と救急車のリンクは反則技。うるっとしてしまうわ。長女だった私は兄弟に『姉ちゃんのこと大好きだった。』って言ってもらえてたのかな…なんて想い出に浸れるのです。上がいたら、甘えるとか頼るとか守られ方とか、上手く出来てたのかな?なんて(笑)


印象的なシーンはマッサージ機の居心地の悪いくだりと屋上での傷を舐め合うような無の会話。そして歯の浮くような完璧で無駄のないエンディング。からのラスト。あーもう最高です!

家族なんて兄弟なんてそんなに簡単じゃないよ!血縁に生かされて守られて縛られて、知らず知らず守って受け継いでいってるんだから。妬み嫉みは一生消えない。運命にも宿命にも誰も叶わないよね。


だから家族はやめられない(#^.^#)
この配役完璧!って思える映画
特にニッチェの江上さん凄かった!好き♡
料理上手な所とか本人とリンクしてるからなのかホントにこんな姉妹居そうって思った
個人的には遊園地で弟妹が自分が兄姉の事言うのは良いけど、他人に言われるとさりげなく反論しちゃうシーンが印象に残ったかも…
人殺しそうな目してるって同僚に言われた窪田くんの目のカット欲しかった…
報われない役でお馴染みの?窪田くんだけど、今回って姉への当てつけで妹が窪田くんと付き合ったなら可哀想だな…と思ったり。。。

エンディングのACIDMANも良かった!
バラードとかだとなんか重苦しくなりそうだからACIDMANで正解な気がする

#犬猿
4人のキャスティング、脚本、構成がちゃんとハマった良作。

筧美和子さん、健闘。
いや〜な空気感や気まずい空気の作り方が上手すぎていたたまれなくなりました。良かったです。

姉と弟のデートのシーンでフガフガ言ってからのジュース吹き出しは、それはお前ダメだよってなりました笑


姉妹はいないですけど、兄弟ってやっぱり特別な存在だと思います。
自分ともっとも近い時間を過ごした、自分とは違う存在。

世の中には兄弟仲の悪い人たちもいるでしょうけど、自分はもし兄弟になにかあったら、なによりも誰よりも身が裂かれるように感じます。

だから窪田正孝が泣きながら謝ったり、新井浩文がお前俺のこと好きだったんだよと言う下りは、涙腺にきました。

というか窪田正孝の身体がバッキバキで、そこはガン見してました。
最初劇場間違ったのかと不安になるオープニング(笑)
終始テンポ良くて面白かった。新井さんが筧ちゃんに手を出すと思ってたのに出さなかった(笑)

誰にも感情移入しないけどポジション的に江上さんなのかなー🤔💭なんて。
同性のきょうだいではないけれどわかる気が😅
オープニングから面白かった〜〜
まんまと騙された(笑)

きょうだいあるあるの映画で
思ってたよりも涙がいっぱい出た

最初は暗い感じなんだけど
クライマックス熱かったな〜
江上さんの姉に一番共感した

最後は仲睦まじく終わってたら
イマイチだったけど
睨みで終わるので満足でした🙆

窪田正孝は普通の人の演技が
とてつもなく魅力的だなあって再確認
ちょっと説明的に感じるセリフも多かったけど、面白かった。兄弟姉妹って他人にバカにされるのはやなのよね〜笑
いいですね~。𠮷田監督の関係性の描き方、キャラの絡ませ方が素晴らしい。
チャーハンのシーンとかこの人にしかできないだろうな。

四人ともすごくよかった。この手の役全部やってる新井浩文はもちろん、やはり窪田正孝も天才か。(独りのシーンや会社の=兄がいないシーンでの佇まいから発する淀んだオーラたるや!)
さらに江上&筧コンビもお見事!単なるコメディリリーフと可愛い以上の魅力でした。

遊園地での弟と妹の「アイツのこと、お前がどうこう言ってんじゃねーよ!」のシーンと、まぁちょっとわかりやすさがくどいけどクライマックスは普通に泣いた。

割と映画的にスケールの小さな話でこれだけヒリヒリさせるのすごい。
そのうち弟にも観てほしい笑
同じ血が流れているからこそ、
赦せないこと、受け入れられないこと。

最後まで「犬猿」なのもよかった。

こういう尖った新井浩文が好き。
燃堂力も好きだけど。
・オープニングヒット
・ニッチェの人
・犬猿

映画の暗転が好きで暗転で視界が狭まるんだけど他の人の反応もうかがえるのが映画館の良さ。暗転して映画が始まる時間が至高。って思ったら暗転後に映画予告?しかも1番嫌いな試写の後の感想みたいな最悪な予告だなと思ったらそこから映画始まってた。まんまとやられた。オープニングヒットとられた。

ニッチェの江上って人演技うまいんすね。驚いた目立ってた。ほかの三人が控えめだからそうかんじるんだろうか?チャーハンのトッピングのシーンで笑ったし、笑いが起きてた。

対立軸があってそれが血縁でかつ2組いて片方は兄弟でもう一方は姉妹。そりゃ興味深い。だけどもっと仲悪いのを想像していた。兄弟で仲悪いってお互いに口聞かないってのが今まで(人生の中で)みてきたパターンだから。ケンカするのは同じ土俵に上がっているわけで愛憎とか龍虎とか犬猿なんだろうと思う。

※話変わりますが「わたしは絶対ゆるさない」の予告怖すぎ。キャタピラーの監督さんってのも怖い。たぶん自分は見れないやつだ。
>|