犬猿の作品情報・感想・評価

犬猿2017年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:106分

3.9

あらすじ

印刷会社に勤める真面目な弟とは対照的に乱暴者でトラブルメーカーの兄。見た目は悪いけど頭がよく勤勉で家業の印刷所をテキパキ切り盛りするブスな姉と、要領は悪いがその容姿と人当りの良さで人気者の妹。この二組の兄弟・姉妹の関係に、あるとき変化が訪れる。それぞれの思いが交錯し、相性最悪なW犬猿ペアの抗争は次第にエスカレートしていく。

「犬猿」に投稿された感想・評価

1度でいいから『あなたは顔しか取得がない。』なんて悪口を言われた人ってどんな気分なのかって味わってみたい。
本人は傷つくんだろうけど、他人事としてはなんて天にも昇る褒め言葉なのかと思ってしまいます。
味わってみたい。

最近面白い邦画ばかり観ている!!!
この映画の中身はタイトルの二文字だけで説明がつく!!!!

ひじょーに面白かった。
映画の中身は本当に、犬猿。
オチがあるとか、びっくりする展開があるとか全然なくて、ただ兄弟の仲が悪い。
それだけの話。なのに面白い!!!
あとオープニングにもギョッとしちゃいました。
あの手の映画を見かけだけの中身のないバカと形容してるかと思うと攻めてますね!!
あまりに面白かったので、なんかポストカード渡されて邪魔だななんて酷いこと思ってたのに、映画館を出る頃には大事なものをゲットした気分になりまった!!

怖い話だけど、明らかに笑っちゃうことを狙ってるダークコメディとか沢山あるじゃないですか、僕はその手の話が大好きなんですが、この映画にびっくりしました。映画の中で起こってることは全部コメディで一応殆どが日常にあってもおかしくないドラマを描いていているのに全然笑えない!!!
超スリリング!!!
普通の会話なのに怖い、ただ家事をしてるだけなのに、介護してるだけなのに怖い、いつ爆発するか分からなくて怖い!!!
笑っちゃう内容なのに怖いことが全編に繰り広げられてるとか、もう胃が痛くなりました。
ラストね、真に兄弟を大事にする所があるですが、それまでの緊張のせいで涙が止まりませんでした。
まとまりがイイとはいえませんが、こんな体験なかなかできない!素晴らしい!!!

あと筧美和子さんのことをあまりよく知らなかったのですが、なんて可愛い人なんでしょう、この役もぴったり!!
劇中のイメージビデオはこの映画のためのものでしょうか?!
(だとしたらもっと見たかった)
既存のものでしょうか?!
気になります!!!



ここからは全然、1ミクロンも柿の種ほどにも関係ないけど、映画見終わったあとタバコ吸おうと喫煙所で休憩してたんですけど、女子高生くらいの子(彼女がタバコを吸ってた訳ではない)が携帯で多分友達と電話してたんだけど、その会話が聞こえてきて、それが非常に深い話というか、「お母さんも言ってたんだけど、男はそういう所で優位に立ちたがるなんちゃらかんちゃら」
えっ?!お母さんとどんなディープな話してるの?!とか、本当に興味津々で、一歩間違えれば刑務所行きなくらい会話を盗み聞きしちゃいました。
ありがとうございました!!
まつき

まつきの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・兄弟喧嘩見てるだけで泣ける。兄弟喧嘩してるときは、まるで子どものように幼く、明らかに愛情がすけていて、とにかく感情的だから。こころをうつ。それを熱演する役者たち。こころをうつ。まさしく愛憎。嫉妬と優越感のせめぎ合い。複雑に絡み合った感情がとてつもなく愛おしい。

・ニッチェを中心とするコメディ描写は本当に笑える。いいコメディエンヌ!繰り返しになるけど演技も良い!ナイスなキャスティング!

・『ヒメアノ〜ル』でおなじみの麦茶。一応でてきた。意図してるからなのか、単純に夏だからかはわからない。でも嬉しかった。

・『ヒメアノ〜ル』といえばえげつないクロスカッティングがあったけど、本作でも熱いクロスカッティングがある!ホントに上手だなぁと思う。

・身内のことは、自分は悪口言ってもいいけど、他人に言われたくないというのはあるある。めっちゃわかるわかる。

・印刷会社あるあるが割とブラックに笑えた。印刷会社だからこそわかる苦しみ。

他人の喧嘩を観るのが面白いと思える人にはいいのかもしれない。けど、ほんとにそれだけなんだよな…。キャラクター正反対の姉妹兄弟、2組のいがみ合いがシンクロする意味もあまり感じられず。ただ男女バージョンにしたい、4人の関係だけに絞りたいとしか。兄弟姉妹だからって理由だけで、自立しないままどうして離れられないのか。不仲の要因って個々の性格よりも、むしろ家庭環境や社会環境の方にあるはずなのに、そこにはノータッチ。お姉ちゃんが1人踊るシーンだけは良かった(選曲以外)。
うん!そう!

気持ちって1つじゃない!!

「こいつのせいで!」って気持ち、糞ほど憎い時、かけがえのない存在の時、

兄弟姉妹の中で起こる切り離したくても切り離せない日々の感情に
グイグイと引き込まれました。
さや

さやの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

そんなんだから チンコちいせえんだよぉ


『犬猿』
監督は『ヒメアノ〜ル』の吉田恵輔。
キャストは、多部ちゃんを食べちゃんした窪田正孝。
片っ端から食べまくってる新井浩文。
Bカップの江上敬子。
Eカップの筧美和子。


【あらすじ】
🐕 🐒


ポスターの筧美和子の表情が120点だったため鑑賞。
面白かったですよ。本編はそれはそれは素晴らしいものでした。
ただ本編の直前に流れたありきたりなティーン向け(a.k.a.頭悪い系)映画の予告が最悪なものでしてね。「恋する君の隣には」なんて安っぽい映画をマナーコマーシャルの後に流すのだから、大層呆れましてね。
いまどき客に感想を言わせる系の低級トレーラーがあってたまるか!なんてヘイトを向けていたら実はオープニングだった、と。
そう、私は吉田恵輔のマリオネット(何この書き出し)

兄弟と姉妹、それぞれを描いた脚本を組み合わせた本作は、どちらか一方が足を引っ張ることはなく、各々が最上級の役目を果たした秀逸な一作といえます。
窪田新井兄弟が素晴らしいのは言うまでもありませんが、誰しもが不安に思う(私は期待してたよ)筧江上姉妹も期待以上で満足しかありません。
賭けに見えて計算高きキャスティングは見事の一言。リーサルウェポンが見事に機能しています。
特に窪田くんは頭1つ抜けてました。アクションのイメージが強い彼ですが、あんな繊細な演技もできるのですね。感情とそれに伴う表情の幅が広く、アクション映画には勿体ないくらいですだなんて言っちゃったらアクション映画ガチ勢にパルクールとかで追い回されそうなので撤回します。

笑わない登場人物にずっと笑っていられる一作。
面白くわかりやすい作品に仕上がっているため万人にオススメできます。
ラストで冒険しなさすぎて惜しい作品、冒険しすぎて惜しい作品は山ほどありますが、本作のラストは想像の域を出ないものの最善だったのではないでしょうか。
このクズとクズとクズとクズによるテンポ良き一大決戦に時間を忘れ没入し、鑑賞後は高揚感に包まれること間違いなし。これほどに体感時間が短かった作品は初めてです。
愛憎って素晴らしいなぁ。
結論: 吉田はんぱないって。アイツはんぱないって。こんなクセ強い4人が調和してるんやもん...そんなん出来ひんやん、普通。
Machi

Machiの感想・評価

4.0
兄弟あるあるだなと思いました。
みなさん個性がスゴく強い役柄でしたね。
健太郎くんが演じている若いお二人さんのラブストーリーの続きが個人的に気になりました。
みみみ

みみみの感想・評価

3.4
こういう新井さんそろそろ見飽きた感ある。
あい

あいの感想・評価

4.0
20180316

兄弟(姉妹)とか家族って嫌になるけど、なりきれない部分がある。
腹が立ってどうしようもなくて人にこぼしてみても、人から批判されるとかばいたくもなったり(笑)
不思議なもんだ。

兄弟(姉妹)あるあるがつまった映画、楽しめました。
ぎぎぎ

ぎぎぎの感想・評価

3.0
4人で話してるとこがいい
miki

mikiの感想・評価

3.8
あんなに兄を毛嫌いしててあいつとは違うって思ってるのに、ふとした時に無自覚に兄と似てる顔をする弟。
この窪田くんの演技が大好きなやつでした。
全員クズでよかったなー。
>|