犬猿の作品情報・感想・評価

犬猿2017年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:106分

3.9

あらすじ

印刷会社に勤める真面目な弟とは対照的に乱暴者でトラブルメーカーの兄。見た目は悪いけど頭がよく勤勉で家業の印刷所をテキパキ切り盛りするブスな姉と、要領は悪いがその容姿と人当りの良さで人気者の妹。この二組の兄弟・姉妹の関係に、あるとき変化が訪れる。それぞれの思いが交錯し、相性最悪なW犬猿ペアの抗争は次第にエスカレートしていく。

「犬猿」に投稿された感想・評価

1度でいいから『あなたは顔しか取得がない。』なんて悪口を言われた人ってどんな気分なのかって味わってみたい。
本人は傷つくんだろうけど、他人事としてはなんて天にも昇る褒め言葉なのかと思ってしまいます。
味わってみたい。

最近面白い邦画ばかり観ている!!!
この映画の中身はタイトルの二文字だけで説明がつく!!!!

ひじょーに面白かった。
映画の中身は本当に、犬猿。
オチがあるとか、びっくりする展開があるとか全然なくて、ただ兄弟の仲が悪い。
それだけの話。なのに面白い!!!
あとオープニングにもギョッとしちゃいました。
あの手の映画を見かけだけの中身のないバカと形容してるかと思うと攻めてますね!!
あまりに面白かったので、なんかポストカード渡されて邪魔だななんて酷いこと思ってたのに、映画館を出る頃には大事なものをゲットした気分になりまった!!

怖い話だけど、明らかに笑っちゃうことを狙ってるダークコメディとか沢山あるじゃないですか、僕はその手の話が大好きなんですが、この映画にびっくりしました。映画の中で起こってることは全部コメディで一応殆どが日常にあってもおかしくないドラマを描いていているのに全然笑えない!!!
超スリリング!!!
普通の会話なのに怖い、ただ家事をしてるだけなのに、介護してるだけなのに怖い、いつ爆発するか分からなくて怖い!!!
笑っちゃう内容なのに怖いことが全編に繰り広げられてるとか、もう胃が痛くなりました。
ラストね、真に兄弟を大事にする所があるですが、それまでの緊張のせいで涙が止まりませんでした。
まとまりがイイとはいえませんが、こんな体験なかなかできない!素晴らしい!!!

あと筧美和子さんのことをあまりよく知らなかったのですが、なんて可愛い人なんでしょう、この役もぴったり!!
劇中のイメージビデオはこの映画のためのものでしょうか?!
(だとしたらもっと見たかった)
既存のものでしょうか?!
気になります!!!



ここからは全然、1ミクロンも柿の種ほどにも関係ないけど、映画見終わったあとタバコ吸おうと喫煙所で休憩してたんですけど、女子高生くらいの子(彼女がタバコを吸ってた訳ではない)が携帯で多分友達と電話してたんだけど、その会話が聞こえてきて、それが非常に深い話というか、「お母さんも言ってたんだけど、男はそういう所で優位に立ちたがるなんちゃらかんちゃら」
えっ?!お母さんとどんなディープな話してるの?!とか、本当に興味津々で、一歩間違えれば刑務所行きなくらい会話を盗み聞きしちゃいました。
ありがとうございました!!
osusix

osusixの感想・評価

3.8
絶望描くときの容赦なさすごい
nooooori

noooooriの感想・評価

4.3
「blank13」「勝手にふるえてろ」などこのところ笑えた映画は記憶に新しいところですが、中でもダントツ笑えた作品。周りのおばちゃん終始爆笑、僕は映画館なんで我慢に我慢した挙句引き笑い。なんか、笑いのセンスが映画的で最高に素晴らしいんですよね。仲の悪い兄弟の愛憎、言ってみれば兄弟喧嘩の話でしたが、それはともかく笑ったというレビューが相応しい作品なのではと思います。最高!
chii

chiiの感想・評価

4.5
いやあ面白かった!久しぶりに邦画がガツンときた!
同性の兄弟姉妹がいる人にはもれなく刺さるのではないでしょうか
姉として、長女としての自分のちょっとイヤな一面をさらけ出された気がして、「も、もうやめて!」と目をそむけたくなった笑
しかしなんだかんだ笑ったし、ボロッボロに泣かされてしまいました

どうなることやら…と思っていた姉妹の演技が大変良くてびっくり
可笑しくて悲しくてバカでみっともなくてかわいくて、どう見たって似てないのにどう見たって姉妹だった!拍手!!

金山兄弟は言うまでもなく最高でした
一番まともなようで一番ナチュラルに狂ってる和成、兄ちゃんはきっと最初から全部わかってて「あいつ昔からそういうとこあるからなー」って思ってたんだろうな
人を殺しそうな目、画面には映っていなかったけど紛れもなくDNAですね

窪田正孝を放っておくなんて邦画界はいったい何をしているんや!と長いこと思っていたのでこういう良質な映画のなかで彼の姿を見られて幸せだった〜

好きな役者さんがたくさんいるので、「その人でなければならない理由」みたいなものが見える映画はやっぱり嬉しいです
きよこ

きよこの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

あー。あれはやられるわ。思わず、後ろの映写室見たもん(笑)あれに乗せられてキラキラした漫画原作を数々観てる私たちへのブラックエールね(痛々しい風刺…)

めっちゃ楽しかったー\(^o^)/
何度も声だして笑ったのが、ユリア様の言動。なんか私もユリア寄りじゃないかな?同じことしてなかったかな?とドキドキ(*^^*)ワンピース着てるよ。いけてると思ってちゃうよ。コーヒーカップ酔っちゃうよ。バックは大きめが安心だよ。嫉妬も日常茶飯事。いや…顔とスタイルが良ければいいじゃん。でも妹の気持ちもよくわかる。武器を振りかざして必死に生きている。まあ、よく観てるよ。女子の事を。監督は何者?凄い脚本に唸りました。

とにかく鬱々した嫉妬と会話。負のループ。しだいに観客も追い詰められていき…。

あーもう観たくない!聴きたくないって思ったときにあのピアノが遮る秀逸さ。まじ最高です!

ヒメアノールもそうでしたが、勧善懲悪ではなくてどこかしら歪な愛が見え隠れしてなんか好き。。。チャーハンのトッピングなんて最高。

でも、昔の力関係を一生背負ってたりして、イニシアチブを取りたがる兄姉。それを打破したい弟妹。気持ちは痛いほど伝わってきました。子供の頃の映像と救急車のリンクは反則技。うるっとしてしまうわ。長女だった私は兄弟に『姉ちゃんのこと大好きだった。』って言ってもらえてたのかな…なんて想い出に浸れるのです。上がいたら、甘えるとか頼るとか守られ方とか、上手く出来てたのかな?なんて(笑)


印象的なシーンはマッサージ機の居心地の悪いくだりと屋上での傷を舐め合うような無の会話。そして歯の浮くような完璧で無駄のないエンディング。からのラスト。あーもう最高です!

家族なんて兄弟なんてそんなに簡単じゃないよ!血縁に生かされて守られて縛られて、知らず知らず守って受け継いでいってるんだから。妬み嫉みは一生消えない。運命にも宿命にも誰も叶わないよね。


だから家族はやめられない(#^.^#)
33koya

33koyaの感想・評価

4.1
18.04.21 @ufotable
兄弟あるある。泣けた。
兄弟というもののクソさ、面倒臭さが改めて実感できた。とてもやるせない。全員クソ。でも人間って結局こんなもんなんですよ。血の繋がった家族の縁からは一生逃れることはできない。大傑作。
めちゃんこおもしろかった。まさに犬猿。健太郎、みーこが出演していて、テラスハウスファンにはたまらない作品でした。
こんな兄弟は嫌だ!笑

新井浩文がめちゃくちゃでまさに歩くナイフと言わんばかりに触れたモノ全てを傷つけていく映画。

頼むから睨まないでくれ(;_;)

最後はやっぱりねて感じである程度は満足できたたので良しとします。
>|