犬猿の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

犬猿2017年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:106分

3.9

あらすじ

印刷会社に勤める真面目な弟とは対照的に乱暴者でトラブルメーカーの兄。見た目は悪いけど頭がよく勤勉で家業の印刷所をテキパキ切り盛りするブスな姉と、要領は悪いがその容姿と人当りの良さで人気者の妹。この二組の兄弟・姉妹の関係に、あるとき変化が訪れる。それぞれの思いが交錯し、相性最悪なW犬猿ペアの抗争は次第にエスカレートしていく。

「犬猿」に投稿された感想・評価

ats

atsの感想・評価

3.3
兄弟や姉妹っていろいろ。終わり方が納得。

このレビューはネタバレを含みます

まるくおさまるわきゃないさ…
4人のキャスティング素晴らしい。
その中でも、江上熱演! 凄い。
ニッチェ江上が好きになった。
自分は姉と仲良いから、仲悪いこの兄弟と姉妹みたいな人達はよく分からないけど逆に面白かった。最後泣くとは思わなかったしオチもよかった。
死ね!!!って思ってたとしてもやっぱ兄弟って大事だよね~
そして気付いた窪田正孝の演技が好きだ。この4人面白い。
自分に足りないもの、表層化するコンプレックス。

終盤の脚本、展開にはやや無理があると思ったのと
演出がややくさかった。

大人になった兄弟間でのドラマだと、オダギリジョー、香川照之の演じた"ゆれる"の方が好き。

このレビューはネタバレを含みます

 見た目も性格も違う兄弟姉妹がぶつかり合いまたくっつきあう話。

 主演4人の配役が素晴らしくて、この配役ができただけで面白さが担保されていると思いました。わかりやすい見た目や性格の対比や対立、嫉妬や劣等感などの張り合いをそれぞれの兄弟姉妹で見せてくれて面白かったです。兄弟姉妹ならではのぶつかり合いで当人たちにしかけなすことはできなくて、他人に文句を言われると許せなくてフォローしちゃうとかも見ていて納得してしまうやりとりでした。

 ただクライマックスで救急車をそれぞれ交互にカットバックで見せていくところで心情を全部セリフで吐露し始めて、更には回想で子どものシーンを見せるというのは今まで描いていてわかりきっているのに、そこで号泣しながら話し始めるというのも急に冷めてしまうクライマックスでした。

 とはいえ、さすがの吉田恵輔監督作品らしい楽しい日本映画を見ることができて満足の1本でした。
zk

zkの感想・評価

3.7
テンポ良くコントのように進んでく掛け合いが面白かった。いわゆる"家族あるある"の描き方が上手く、基本コミカルからの一気にハンドルを切る古谷実的なバランスが良い。

ただ、後半の展開はちょっとリアリティに欠け、そこで減速してしまった印象・・・
暗くし過ぎないように意識したのかもしれないけど、個人的にはもっとダークなものを見せてほしかった笑。ともあれ、キャストの4人が何とも魅力的で概ね満足。
アルアルの世界。本当に兄弟、姉妹って何でしょうね?
仲が良くても悪くても お互いをなんとなく 比べ合ってるというか、嫉妬したり いがみ合ったり…あります。
でも、縁が切れない関係。
その辺りを上手くついた作品です。
わに

わにの感想・評価

3.8
うわーーー私もきょうだいがいるのでわかる!と思いながら鑑賞。いや、全く同じってわけではないんだけど、血が繋がっているといっても顔も得意不得意も性格も似るわけではなくてどうしても自分と違うタイプのきょうだいに憧れるし劣等感も感じるし逆に優位に立ったように感じるときもあるしそのプラスとマイナスのどっちもある感じがわかるなーと思いました。愚痴は言うけど関係ない人からけなされるのは嫌っていうのもなんかあるあるというか(笑)
兄弟、姉妹がいる人にとってはものすごくリアリティのある作品。近くて遠く、好きで嫌い。絶妙なバランスだよな〜。