犬猿の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

犬猿2017年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:106分

3.9

あらすじ

印刷会社に勤める真面目な弟とは対照的に乱暴者でトラブルメーカーの兄。見た目は悪いけど頭がよく勤勉で家業の印刷所をテキパキ切り盛りするブスな姉と、要領は悪いがその容姿と人当りの良さで人気者の妹。この二組の兄弟・姉妹の関係に、あるとき変化が訪れる。それぞれの思いが交錯し、相性最悪なW犬猿ペアの抗争は次第にエスカレートしていく。

「犬猿」に投稿された感想・評価

ああつらかった

筧美和子さん演技上手だ…めちゃくちゃ頭弱そうにしか見えん…


しかしエンディングの粗さは気になる…
ACIDMANも好きだけどこの映画には違う気がする…最後まで気を抜かずに絶望を与えてくれよ
はま

はまの感想・評価

2.5
嫌な人を、嫌な感じに表現し続けて、垂れ流し。
血が繋がってるってめんどくせえ。

大嫌いな人、大好きな人、色んな人がそれぞれの人生にはいる。
でも血が繋がってる人だけは好きか嫌いかだけでは片付けられない。
たとえ大嫌いでも家族は一生その人の人生についてくる。
自分の選択だけで人間関係は選べないからこそ上手く折り合いをつけながら生きていく必要がある。
そんな家族との関わり方を考えさせられた。

いやーそれにしても主演の4人全員ハマり役だったが、特に江上敬子の演技が上手くて最も輝いていた。私の映画よ!とでも言わんばかりの存在感を感じた。もっと他の映画でも見たいと思った。

そう思うのは彼女の演技力ももちろんだが、監督の観察力がとても優れているのかなと感じた。最高のキャスティングに加えて、作中の至る所で見られる嫌に生活感のある表現の数々が共感ポイントをひたすら積み上げていく。

気持ちがとても分かる作品だっただけにエンディングのチープさが残念だった。
2組の兄弟が同じ局面に同じタイミングでなるのは、必然性を感じられないのでご都合主義が過ぎる展開で少し冷めた。
あと、それぞれの幼い頃の映像もなんだか急な安っぽい演出でやめて欲しかった。

最後にかけて評価が下がる演出が目立ったが、全体的にはかなり楽しめた。
ぱなお

ぱなおの感想・評価

3.5
観る人により、その状況により、いろいろ思うことはあるだろうね。
私は丁寧に生きようと思い直しました。
同性の兄弟が欲しいなと思うこともあったけれどやっぱりいらないや。
僕には僕の陰の部分を抽出したような弟と、陽の部分を抽出したような妹がいて、多分二人はこの映画の二組に似たような関係なんじゃないかなと思いながら身につまされる気持ちで見てました。
最後はバイオレンスで一気に収束させようとする邦画のやり方には若干飽きてきたものの、それでもオチは良かったしドス黒い意味で笑いあり涙ありでハラハラもしたし感情が動かされたという意味では満足度は凄く高かった。
そして何と言っても筧美和子さん。
これまでは、それこそゴロゴロいるグラビア崩れぐらいにしか思っていなかったけど、彼女の魅力に一気にやられてしまいました。
これは彼女にしかできない役だったと思う。
素晴らしかった。
可愛いは正義じゃなく、可愛いの本質は悪だ。みーこにゃんが本作を通して叩きつけたファイナルアンサー。今年初めに弟と一本キャバクラにも行ったわけだし、そういやあれ以来会ってないし、そろそろもうしっかりしないと死ぬ。
s2c

s2cの感想・評価

3.5
正反対の兄弟、姉妹が織りなす群像劇。

兄弟、姉妹がいる人は必見。
人はそう簡単には変われない。
Tomomi

Tomomiの感想・評価

3.9
死ぬほどわかる、兄弟って本気で憎いけど残念ながらそれでも兄弟なんだよねえ。窪田&新井の睨む目つき最高か。
笑ったときに鼻がフゴッって鳴っちゃうのは本人のせいではないことなので、そこで嫌いの評価加算するのはやめてあげて欲しいw
byrd

byrdの感想・評価

-
@シネマテークたかさき