犬猿の作品情報・感想・評価

犬猿2017年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:106分

3.9

あらすじ

印刷会社に勤める真面目な弟とは対照的に乱暴者でトラブルメーカーの兄。見た目は悪いけど頭がよく勤勉で家業の印刷所をテキパキ切り盛りするブスな姉と、要領は悪いがその容姿と人当りの良さで人気者の妹。この二組の兄弟・姉妹の関係に、あるとき変化が訪れる。それぞれの思いが交錯し、相性最悪なW犬猿ペアの抗争は次第にエスカレートしていく。

「犬猿」に投稿された感想・評価

かよ

かよの感想・評価

3.5
最近は毒親を描いたものが多いけど、こちらは兄弟姉妹の犬猿の仲。縁を切りたくても切れないのが家族なんだなぁ。

私には姉も妹もいないから同性兄弟の関係性は我が事としてはわからないし、人のことを羨んだり妬んだりする気持ちはあるけど、他人だからぶつけることはないから。
小さい頃は単純に仲良くやれてたのに、いつからかダメになってしまうのは、他人の評価が入ってしまうからなんだな。
あの子の方が出来がいい、あの子の方がかわいい。
いい方だけを気にすればいいのにね。

追記。
この映画、オープニングが秀逸だった。さんざん予告編を見せられた後だったから、東映のクレジットが入った後にも関わらずまた予告が入ったかと思って、しかも誰が見るんじゃこの○○映画、観客役の人も下手くそすぎるだろ、あれ…?と、途中まで本気でムカついてた(^^;

笑いポイントとしては、ノーチェンジのたくじがツボでした。

このレビューはネタバレを含みます

それぞれのきょうだい喧嘩の末、カズナリの兄は恨みをかった奴らの襲撃を受けて刺され、マコの姉は手首を切った。
カズナリは一瞬救急車を呼ぶのを躊躇ったが、兄弟は救急車の中でお互いの思いを吐露する。それはマコと姉が乗った救急車の中でも同じだった。
同じ病院に搬送された二人は、一命を取り留める。屋上で四人は食べたい物の話で盛り上がり、それぞれのきょうだいに平和な空気が流れた。
拘置所で面会し、出所後の仕事について話す兄弟、昼休みに仲良く弁当を食べ、料理の話をする姉妹。しかし、些細なことからまた言い争いが始まった。
姉は嫉妬の目で、マコは気持ち悪いモノを見るような目で、カズナリは怒りの目で、兄は殺すような目で、お互い睨み合う。
tree

treeの感想・評価

3.7
とにかく 面白かった
私も弟がいるけど あそこまでじゃないけどね^_^;
yumeayu

yumeayuの感想・評価

4.0
共感、共感の嵐ですうっ!

オープニングで筧美和子演じる妹の真子がコメントするこのセリフのとおり、今作は兄弟がいる身としては共感の嵐でした!
それにしても、あのオープニングはサイコーでした。日本映画界への強烈な風刺が効いてましたね(笑)。

今作を見て改めて感じたのは、兄弟(姉妹)という不思議な関係性について。
正直なところ兄弟の差って、年齢差だけの優位性ぐらいだけで、後はたいした差はありません。もっとも近しいライバルっていうんでしょうか。
だけど兄はずっと兄、弟はずっと弟なんです。その関係性は一生変わらずにつきまとう。それをひっくり返すことはできません。

嫌な奴だと思ったとしても、血の繋がりが邪魔をする厄介さがあるし、友達と違ってそんなに簡単に縁を切ることもできない。何より見捨てることができないんです。

劇中でもありましたが、自分では散々文句を言うくせに、他人に兄弟の悪口を言われるのはムカつくのは、やっぱりどっかで繋がっている部分、似ている部分があるからなんでしょうね。

自分も弟がいる身なので、兄の視点から窪田正孝演じる和成の立場を思うと、「産まれてからいきなり弟ってのもかわいそうかもな」と思ったりもしました。
まぁ、兄には兄なりの大変さもあるんですけどね。

こんなエグい映画を作るなんて、吉田監督はホントに性格が悪い(これは褒め言葉ですからね)。

物語はすごくミニマムな話で、たいしてドラマチックなことは起こってないんですよね。ホントに延々と兄弟喧嘩が続くだけ。なのにこんなに面白い。

キャストもみんな役柄にすごくマッチしていました。
本業ではないニッチェの江上、筧美和子の姉妹が想像以上に良かった。
新井浩文はいつもどおり(笑)。

とりあえず、兄弟のいる方は見たほうがいいと思います。
ちゃんと自分の兄弟のことを重ねて、愛憎入り混じりながら見ましょうね。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.0
新井さん、ビシっと決めてくれてるねー。
ヤクザな兄ちゃん、めっちゃ似合うじゃーん!
小さい時はとっても仲が良かったのに、大人になるとなかなか難しいのね。
兄弟姉妹なのにここまで全てが違うもんかねー。
でも、最後はやっぱり身内なんだなー。
KASIO

KASIOの感想・評価

-
ここ最近見た邦画の中で1番面白かったかも。あのなんとも言えん空気感。うちは兄弟、家族も、仲良いけどさ。

あー役者さん達がピッタリだった。
兄弟・姉妹の話。四人、どのキャラにも共感するところがあった。終わり方も良かった。
吉田恵輔さん
面白かったけど最後の展開は想像できた
家族の大事さきってもきれない
スズ

スズの感想・評価

4.0
兄弟たちの話がリアル
>|