犬猿の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

犬猿2017年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:106分

3.9

あらすじ

印刷会社に勤める真面目な弟とは対照的に乱暴者でトラブルメーカーの兄。見た目は悪いけど頭がよく勤勉で家業の印刷所をテキパキ切り盛りするブスな姉と、要領は悪いがその容姿と人当りの良さで人気者の妹。この二組の兄弟・姉妹の関係に、あるとき変化が訪れる。それぞれの思いが交錯し、相性最悪なW犬猿ペアの抗争は次第にエスカレートしていく。

「犬猿」に投稿された感想・評価

たいき

たいきの感想・評価

4.3
映画館で見たかったけど観れてなかった作品!結論から言うと面白かった!!四人の配役がピッタリすぎる笑そして、全員演技が上手い!笑そして、序盤からは想像出来ないオチとちゃんと考えさせられる内容…迷わず高評価。
最後に筧美和子めちゃくちゃ可愛い。タイプ。
犬猿の仲って、仲が悪いんだけど、最初は凄く仲がよかったことを言うらしい
家族の好き嫌いは根が深いぞ
どこか似ていて、離れられないから、とにかく救いようがない、喧嘩しながら年を重ねるのね
それでも兄弟姉妹はいいものなのかなぁ
永遠のライバルか
似てないはずなのに、最後はどっちも顔が似てるような気がしてきた
Masataka

Masatakaの感想・評価

3.8
4人それぞれ、キャスティングが良かった。特に兄と姉。新井浩文はこういう役ほんとに似合うし、いかにも半グレっぽい嫌な暴力的な雰囲気を出すのがうまい。そのくせ「俺はノーチェンジのタクジって呼ばれてんだ」とか微妙にユーモアのある感じも憎めない。
そしてニッチェの江上も、やはりコント等で磨かれた演技力だろうか、すごくうまい。そして面白いし切ない。笑わせてくるし泣かせてくる。

ちょっと見続けるのがつらくなるような、でもやっぱり見ちゃうようなムズムズする嫌悪感がクセになりそう。吉田監督、この路線で突き進んでいってほしい。
Yuumi

Yuumiの感想・評価

3.8
久しぶりにカメ止め以外の長編映画を観た。まさに「犬猿」と言った内容だけど、構成やカメラワークがすごく好みで良かった。自分も兄と姉がいるからこそ共感できるところもあってラストにかけては号泣。前情報なしで観たからか、余計に人間臭さが胸にグッときた。アタリです。
私自身、1人っ子なので「兄弟」とか「姉妹」とか昔から憧れていた。この映画を見てるとなにかリアルなものを感じた。自分で身内(家族)の悪口を言うのはいいのになぜ他人から言われるとムッとしてしまうのだろう。すごくそこに共感した。
カノン

カノンの感想・評価

3.5
・ニッチェ江上の力よ
・筧美和子おっぱいトランポリンにして飛びたい
・何か似たようなんあったようなと思ったら「さんかく」の吉田監督
始まりかたにはやられた~!

兄弟がいないから、こんなかんじなのかぁ、としか思えなかったけど、すごい究極な犬猿だったけど(笑)、それでもやっぱり兄弟姉妹には憧れてしまうのです! 一人っ子の性なのです!
一人っ子には一人っ子の苦しみがあるんですよー!ってね 笑
n0ri

n0riの感想・評価

3.5
とある兄弟と姉妹の物語。根底にある灰汁って抜け切らないんだなあ。ヒメアノ〜ルの監督の作品。
人非人

人非人の感想・評価

2.5
「ヒメアノ〜ル」でもあった、取って付けたような、おセンチな部分が面白くない。刺し違えるくらいまで兄弟・姉妹関係が悪化して欲しかった。
ピロ子

ピロ子の感想・評価

4.9
少しづつ蓄積されていく棘のある言葉やイライラする言動、行動。血縁の黒い禍々しい感情。リアル過ぎて具合が悪い。兄弟、と姉妹とで微妙に違う所とか、監督…ヒメノアールの…アッパレデス。
この作品は、私の拙い語彙力では無理です。精一杯書いても、もっと違う表現の仕方が!でも分からない。観て欲しいです。凄いです。
新井君目当てだったのに、ある人が全員をかっさらっていった感じ。脱帽。