犬猿の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

犬猿2017年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:106分

あらすじ

印刷会社に勤める真面目な弟とは対照的に乱暴者でトラブルメーカーの兄。見た目は悪いけど頭がよく勤勉で家業の印刷所をテキパキ切り盛りするブスな姉と、要領は悪いがその容姿と人当りの良さで人気者の妹。この二組の兄弟・姉妹の関係に、あるとき変化が訪れる。それぞれの思いが交錯し、相性最悪なW犬猿ペアの抗争は次第にエスカレートしていく。

「犬猿」に投稿された感想・評価

yossy

yossyの感想・評価

3.7
破天荒な兄というアクセントがありながらも、淡々とした日常でここまで惹き付けられる映画も珍しい。

特に兄役の新井浩文さん、姉役の江上敬子さんが素晴らしい。この二人のシーンに感情を揺さぶられた。

日常を見てきただけなのに、とあるシーンで涙が出そうになったのは、その描き方がとてもリアルだからなのだろう。気づいたら心を揺さぶられていた。

こういうの作れる日本映画、いいと思う。
面白い!
主要キャストの演技が素晴らしいが
特にニッチェ江上の熱演が印象的。
実際には仲良し兄弟って少数派だと思うので、兄弟がいる者にとってはアルアルネタで笑える。
今年観た邦画では暫定No.1
最も尊敬する監督さんの一人、吉田恵輔監督の最新作。
毎回、この人は実は女性じゃないのか?と疑うほど、女性の心理描写がうまい。男性の変態的な妄想で描かれた残念な女性像を見せられることがあって絶望的になることは少なくないけど、この人は女性の可愛さと醜さをとてもうまく描いている。女性特有の欲望や嫉妬、よくわかってるなーと感心する。

対照的な兄弟、姉妹。まったく違った4人をうまく絡ませ、憎いけど愛おしい、愛おしいけど憎いの繰り返しを笑いだったり優しさを盛り込んでライトにしてくれているからストレスなく見れる。本当にすごい。4年待った甲斐があった。
juncat

juncatの感想・評価

4.0
私にも姉妹がいるけど、
高校生くらいまではよくケンカした。めちゃめちゃ言い合って泣いたり仲直りしたり。
大人になってからはケンカしてないなぁ。

大人になると兄弟、姉妹ってなんとも素直になりにくい存在なのかな。

遊園地でお互いの兄と姉の悪口言われると怒ってるの笑った。
大嫌いだけど大好きなんだなー。

劇場内でおばちゃん達が声出して笑っててそんなのもいいなぁって思える映画だった。
自分は妹と仲が悪かったのでかなり共感できたというか、痛いところ付いてくる作品だなあと思いました。
相手の行動全てが癪に触る時期が恥ずかしながらあって、その度に牙を向けてみたり、余計な一言を言っていた頃があったっけ。でもどれだけ嫌いでも一応血の繋がった兄弟なので何も知らない他人に貶されるとそれはそれで「いや、違うんだ」と言いたくなるのも事実。でもそれを本人には面と向かって伝える勇気はないし、兄弟の間で明確な年齢的な上と下はあっても兄だから、妹だからとお互いに譲歩することは絶対にない。
心の奥底では尊敬の念やあいつも頑張ってるとは思っていても次に会話するときにはそんなことは完全に頭から抜けていて、やっぱり合わないとは思いつつもめちゃくちゃ嫌いというわけでもない。
こういう兄弟って結構多いんじゃないでしょうか?

窪田正孝&新井浩文という安定感抜群コンビとニッチェ江上&筧美和子という一見まさかのキャスティング!?と思いつつもバッチリ役柄にハマっていた2人。これは選んだ製作陣のファインプレイでしょう。特にニッチェ江上上手い。普段のコントでも若干芝居っぽいものが多いですが、映画初出演?でこれだけ魅せてくれるなんて。ストーリー的には地味なんですけれど2人の演技が最後まで映画の鮮度を保ってくれていたような感覚。コーヒーカップでフガフガ言ったり、ブスブス連呼されたり、エロいイメージビデオに出演したり他の役者には出来なさそうな演出が結構ありましたね。
冒頭の昨今の映画界に対するアンチテーゼも好きです。
お寿司

お寿司の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ニッチェ江上さんがすごかった

何か
・知的でしっかり者で家事能力が高い感じ
・顔の赤みとか毛量の多さ、エネルギー過多な感じ
・美人の妹がいそうな感じ(ご本人は美人キャラじゃないけど目鼻立ちがハッキリしてる)

が、もうハマり過ぎてて、“そういう人”にしか見えなかった…すごかった…

きょうだいに対する容赦のなさって、親子・夫婦・恋人・友人など、他の関係にはないものだと思うので、そのへんの表現めっちゃ忠実だと思った。

“好き期”“嫌い期”があったり、好きと嫌いがまだらに入り混じってたり、仲良くしようとした途端裏目ったり嫌になったり、色々ある。
「他の人に言われる筋合いのなさ」のセリフも絶妙だと思った。

チャーハンにベビースター?が乗って逆に美味しいみたいなシーンが変にインパクトあって、しばらく(何だったんだ今の…)と思ってたらちゃんと回収されて(意味あったんだ…)と思った

最後の救急車の独白は要らなかった気がする。言わなくても分かるから野暮に感じた。
兄弟間にある複雑な感情がよく描写されてて、あぁ、わかるわその気持ち、ってなる。
"大嫌いだけど、良いとこも知ってて、でも憎くて腹立って、だけど他人には馬鹿にされたくない、けど、、、"みたいな複雑な気持ち。

その場の空気感がよく伝わってくるから映画館全体がクスって笑ったり悲しくなったりしててよかった
兄弟だからこそ容赦ない感じも見てて面白い

そして、ニッチェも含め演技めっちゃリアルで良いし、窪田の筋肉やっぱやばい。やばい。

それにしてもかなりの確率で、姉がブスで妹が美人の公式が成り立つのなんなんだろうなぁ、七不思議
人間の醜悪な部分をこれでもかと描きつつ、どのキャラもかわいげがあって憎めない。ラストのオチで共感度がさらにUP!人間なんてそうそう賢くできていないってところに、逆にちょっと救われる感じがした。
dita

ditaの感想・評価

3.5
@テアトル梅田
胸きゅん映画欲をまさかコレで満たされるとは!ポスターの100倍悪そうな顔を一瞬覗かせる窪田くんが最高。兄の性格を「デリヘルノーチェンジ」で表現したり姉妹のいざこざは直接的にしたり色んな描写が見事。このまま終わったら嫌やと思ったらちゃんと落としてくれた!
shiori

shioriの感想・評価

4.0
期待以上だった。
完全に新井浩文目当てだったけど、ニッチェ江上にやられた。適役すぎる。
ここまでではないけど兄弟、姉妹のそれぞれの思いとかリアル。江上と筧美和子姉妹が言い合ってる所、ちょっと前の自分と姉の心境に近かった。。

最後いい雰囲気で終わるのかと思いきやあの4人の顔。
ずっと険悪な感じではなく、会話とかちょいちょいシュールで面白かったー。