犬猿の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

犬猿2017年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:106分

3.9

あらすじ

印刷会社に勤める真面目な弟とは対照的に乱暴者でトラブルメーカーの兄。見た目は悪いけど頭がよく勤勉で家業の印刷所をテキパキ切り盛りするブスな姉と、要領は悪いがその容姿と人当りの良さで人気者の妹。この二組の兄弟・姉妹の関係に、あるとき変化が訪れる。それぞれの思いが交錯し、相性最悪なW犬猿ペアの抗争は次第にエスカレートしていく。

「犬猿」に投稿された感想・評価

笑ったときに鼻がフゴッって鳴っちゃうのは本人のせいではないことなので、そこで嫌いの評価加算するのはやめてあげて欲しいw
エイジ

エイジの感想・評価

4.2
窪田正孝の人殺しそうな目させたら日本一説。

オープニングが好き!

コンプレックスにまみれるのは辛い。
ERICA

ERICAの感想・評価

4.0
リアリティの異常さ。主題であるきょうだい関係に気持ち悪いほどの質感がある。その上でラストが小気味よくどこかカラッとしているのが気持ちいい。窪田正孝の演技がいい。
よっ

よっの感想・評価

3.5
2時間近くずーーっとギスギスギスギスギスギスしてるのになぜか観れてしまう謎。

前作「ヒメアノ〜ル」がエンタメと闇を上手く混ぜ合わせた傑作だったけれど
今作は闇部分がほとんど、ガス抜き部分があまりなく、ちょっと残念だった
それでもストレスなく見せてしまうのが吉田監督およびキャスト陣の手腕なんだろうなあと思う。
「兄弟姉妹」って、他人じゃないけど結局他人

「ヒメアノ〜ル」よりもポップで観やすいし、いろんな人とりわけ兄弟がいる人にオススメしたいなあという作品でした。
毒っ気のある演出も健在で、アバンタイトルなんて皮肉の塊。
兄弟の演技合戦は言わずもがな、姉妹ふたりも予想以上に良かったです。

兄弟姉妹同士のマウンティング合戦、一筋縄ではいかない複雑な感情なんだよな〜をものすごくリアルに描いてて胸が痛んだり思わず笑っちゃったり。
予告編観てたら突然真っ暗になって・・・・すっかり勘違い。驚いた。
こんなにオープニングで驚いた映画初めて。
もっと窪田に狂って欲しかった。目つきが怖かったので期待したが、モノ足りない。兄弟の関係はわかりやすかったが、姉妹の関係はイマイチ。
お笑い映画だったら姉貴の笑えるシーンも、真面目な話しだと痛い感じになった。兄弟、姉妹で同時進行系っていうアイデアは面白かった。
とにかく、真っ暗になったときに、てっきり映画館のトラブルだと思って、スタッフにクレームしようかと思った自分が一番ウケた(笑)
GW直前、四月公開の注目作もぜんぜん観られず、見たいのがいろいろある。悩んだ末、映画館の会員証の更新と、欲しいパンフレットもあったからこの映画も見てきた。

吉田監督の映画は『ヒメアノ~ル』以来、二本目。『レディ・プレイヤー・1』も観てーなーあっちにすりゃよかったかなーと本編直前まで考えてたけど、そんなことも忘れて、最後には満足した。笑えるし、泣けるし、怖いしで、面白い映画だった。

犬猿の仲の姉妹一組、兄弟一組を描いたドラマ。兄弟間でありそうな嫉妬の関係と、互いの立場がどうなるか予想を裏切っていく展開が気持ちいい。

怖い場面はしっかり怖いから、怖い場面と笑える場面、泣ける場面と急に変わって、変化の振り幅も大きいから次の展開にびっくりする。怖い場面は窪田正孝と江上敬子の配役が大きいと思う。どっちも追い詰められると何をするか分からないと思えるし、特に窪田正孝は気弱そうに見え、人を見下す振る舞いも似合って超こわい。同僚に「人を殺しそうな顔をしてましたよ」って言われて、この人ならしそうだなって感じられるのは成功してるってことだと思う。

人間関係の残酷さも出ててきつかった。いちばんわかりやすいのはコーヒーカップに乗った時の表情の違い。どう思ってるかここまでハッキリ分かる。互いが互いをどう思っているか分かってるのもあって、クライマックスの救急車のシーンは泣けてくる。救急車が同じ病院に向かうのは上手かった。社会の世知辛い描写もあって、甘々社会人の自分にグサグサ刺さる内容なのも響いたな。足立区ナンバーなのも、なんかリアリティがある。

いちばん印象に残って驚いたシーンは、窪田正孝の裸が映るところ。ちらっとしか映らないけど、メチャクチャいい体してるんですよ。あんなに線が入ったムキムキの筋肉は観たことがなかった。漫画?と思うような肉体。この体もあって、もしかしたらヤベー奴じゃねえのかと危険な匂いがする。新井浩文の兄貴がやられたときは、仕返しに全員殺して回るんじゃないかと思った。
最後が……あのやり方は、誰でも出来てしまうのでは??

そこまでのプロセスがしっかりしている分、裏切りが裏切りになりきてないような?

作品自体は、期待値もあった分ハードルを下回った。
ヒメアールが良かったので……
次回、「愛しのアイリーン」楽しみにしています。
patitaku

patitakuの感想・評価

4.0
かぞくの空気感
かぞくの距離感

きょうだいの空気感
きょうだいの距離感

きょうだいの愛憎
nooooori

noooooriの感想・評価

4.3
「blank13」「勝手にふるえてろ」などこのところ笑えた映画は記憶に新しいところですが、中でもダントツ笑えた作品。周りのおばちゃん終始爆笑、僕は映画館なんで我慢に我慢した挙句引き笑い。なんか、笑いのセンスが映画的で最高に素晴らしいんですよね。仲の悪い兄弟の愛憎、言ってみれば兄弟喧嘩の話でしたが、それはともかく笑ったというレビューが相応しい作品なのではと思います。最高!