犬猿の作品情報・感想・評価 - 6ページ目

犬猿2017年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:106分

3.9

あらすじ

印刷会社に勤める真面目な弟とは対照的に乱暴者でトラブルメーカーの兄。見た目は悪いけど頭がよく勤勉で家業の印刷所をテキパキ切り盛りするブスな姉と、要領は悪いがその容姿と人当りの良さで人気者の妹。この二組の兄弟・姉妹の関係に、あるとき変化が訪れる。それぞれの思いが交錯し、相性最悪なW犬猿ペアの抗争は次第にエスカレートしていく。

「犬猿」に投稿された感想・評価

mayu

mayuの感想・評価

3.5
新井さんの威圧感半端ない。こんな兄貴だったらゾッとするww姉妹なりの、兄弟なりの、悩みや嫉妬が入り交じった作品。
DVDで予告編早送りしてたら、いつのまにか本編へ、、、あれ?やられた!

同性の兄弟いないので実感としては分からない部分もあるけど、やっぱり兄弟、姉妹あるあるな感じが痛いし面白い。ちょっと極端過ぎる組み合わせだけど、分かり易い。

子供の頃から比較されて、嫉妬したり妬んだり喧嘩は絶えない、、それでも一緒に遊びたいからついていく。なんだかんだ言って好きだったり。複雑な気持ち。

この監督は、そういう人の愚かで、それでも簡単には変えられない、内面を炙り出すのが上手い。

吉田大八監督と混同しやすい吉田恵輔監督。この監督も「さんかく」「純喫茶磯辺」「ヒメアノ〜ル」など結構好きで観てる。この作品も中々面白かったです。

とにかく主役の4人がいい味出してます^_^
最後の方の4人の会話のシーンが自然すぎて、役ってよりも役者本人が喋ってるみたいだった。でもそれが違和感ないから、相当ベストなキャスティングだと思った。
ヒメアノ〜ル以前の吉田恵輔作品とヒメアノ〜ル以後の吉田恵輔作品の特徴がうまく溶け合った作品。

日常と非日常が入り混じる混沌とした内容のようでいて、とても身近な問題を描いている。

新井浩文の威圧感が圧倒的に凄い。
kate

kateの感想・評価

3.9
面白かったー。

妹も弟も、年下なりに色々考えて立ち振る舞ってる(つもり)んだよなぁ。
これってあんまり上には伝わってない気がする。
我々は大人ぶりたがるし、お姉ちゃん(お兄ちゃん)に認めてもらいたいんです。

新井さんとニッチェさんの炒飯のくだりとか、病院でお互いを労るシーンはなんか、the年上の会話って感じです。
波長があってるんだろうねぇ
(ベビースター?盛大にぶちまけてるのに冷静にチキン味がうんたらなんたらって話してて笑った)

人はそんなに変わらないけど、そんなに気負わなくていいのでは~。
たまには姉とお出かけしよう。
サコ

サコの感想・評価

3.5
キャスト最高!
うちは姉妹仲良いけど、
よくよく掘れば憎悪はある、
なんなら一番怖い憎悪、
でも、それは愛でもある

兄弟最高かよ!!
面白い!超犬猿!
でもそれぞれ劣等感を抱き、それぞれ尊敬もしてる。
犬猿の仲されど喧嘩するほど仲が良い
どれだけいがみ合っても決してきれない血の繋がり
たった1人の兄弟姉妹だから見捨てれない
見捨てるなんてできない

いやー良かった!
Kaori

Kaoriの感想・評価

3.9
うわーこれは😳
家族だからこその愛情と憎しみ😥

兄弟姉妹ってそんな感じなの?🤔
お兄ちゃんはいるけど、こんなことないな〜いつも付きまとう私のことをお兄ちゃんがうざがってたくらいかな🤔

お兄ちゃんが遠くに引っ越すとき、空港で号泣して引き止めてたの思い出した笑笑

兄妹設定で、絶妙な距離感の映画作ってほしいな☺️笑

映画のレビューというよりは、日記や映画観て思い出したことずらずら書いてるだけやね🤔笑
1番の理解者であり、1番の障害。

兄弟姉妹4キャストが期待を裏切らない好演でした。

物語は少々重めですが兄弟姉妹あるあるに共感。
ウメダ

ウメダの感想・評価

3.8
仲が悪い兄弟、姉妹の2組の話。
レビューを見ると共感している方が多いのでびっくり。

自分は、兄がいますが仲は良いです。
喧嘩とかも口喧嘩が2回ぐらいなもので好きな女性のタイプも全然違うし、同じ服を買ってしまうことなんてありえない。

前半は、色々と共感ができず、とくに新井浩文さんにイライラしっぱなしですが、

後半からは勢いが増してきて楽しめました。
何だかんだで、うるっとする。


そして吉田恵輔監督! 次回作が漫画家、新井英樹の初の映画化!
そして、監督の最高傑作との噂で、少し、いや、かなり期待してます!