AS

あしたはどっちだ、寺山修司のASのレビュー・感想・評価

3.8
75年の市街劇のくだりは興味深く観ることができた。中盤以降は、生前交流のあった人々による回顧ドキュメンタリーの域にとどまる