インタースペースの作品情報・感想・評価

「インタースペース」に投稿された感想・評価

こちらでも
ムーピーゲームしてる
300年前後の宇宙船でAIの反乱と不時着した惑星のお話

「全ての定めがここに記されている」
今より300年ほど先の未来、地球への帰還を目指した宇宙貨物船が舞台。帰還途中にAIが暴走を始め、修理のためにある惑星へ不時着する事に。そこで入植した人類の生き残りがいて…といった話。

まず冒頭の1950年代のくだりいる?もう少し語るのなら伏線にもなり得るだろうが、あれだけでは意味不明。すぐ300年後だし。
暴走したAIと対立するってのは使い古されてはいるものの悪くない、しかし辿り着いた惑星が酷い。住民たちはまだいい、しかしあのクリーチャーはなんですか?グレムリン?いきなり80年代のクオリティで笑ってしまう。

なんだか思わせぶりに難解なテーマを描きたかったのはわかるが評価はできない。
映画JP

映画JPの感想・評価

1.0
ジャケットに惚れて観たけど、観なきゃ良かった。宇宙船の中で体が浮くことがない、宇宙感が全くない。予算が無さすぎてショボすぎる。B級映画。
スペースウォーカーと間違えて借りてきてしっかりつまらないというオチまでがこの作品だそうです。(実体験に基づく)
烈海王

烈海王の感想・評価

2.0
2001年宇宙の旅で草
はまも

はまもの感想・評価

1.0
原題はSomnus
ローマ神話の眠りの神。
原題通り見ていて眠くなる作品。セットも衣装も何もかもがショボい。冒頭からいきなり300年後に飛んだのには笑った。
2001の劣化版。少しソラリスも入ってるかな。
もう少しヒネリがなきゃ、映画作る意味ないでしょ。
短いだけが取りえの映画。
これは早くも忘却の彼方。
>|