映画太郎

鈴木家の嘘の映画太郎のレビュー・感想・評価

鈴木家の嘘(2018年製作の映画)
3.8
事実とは 本当にあった事柄
真実とは 嘘 偽りのないこと

引きこもりの兄【 浩一 】の自殺に
ショックで 記憶を失った母親

【 浩一は アルゼンチンで生きている 】
取り繕った 鈴木家の家族 ( 父、妹 )

窓ガラスの割れた 父親の車
ビニールを貼って 取り繕っている
これが鈴木家の やり方か

いつかは暴露る 鈴木家の嘘

【 大切な人を失った人 】の会 セラピーに 毎回タクシーでやってくる ご婦人

金持ちの冷やかしなのか

夫が 電車に飛び込み
それ以来 彼女は電車に乗れない

目に見えるもの それが
真実とは かぎらない

事実と 真実とは 違う

浩一は 生きていると 嘘をついた事実

生きている意味ないじゃん 死ねば
兄に 毒づいたのも 事実

鈴木家という セラピーで
残された家族が 心の中を
吐き出した時

少しだけ 垣間見えた 鈴木家の 真実