サンズ・オブ・ザ・デッドの作品情報・感想・評価

「サンズ・オブ・ザ・デッド」に投稿された感想・評価

MakiMinami

MakiMinamiの感想・評価

2.7
ゾンビと女性のロードムービー。
薬中のカップルは、
ラスベガスから砂漠を越え
飛行場に向かっていた。
向かう途中、
男はゾンビに喰われてしまう。

1人で50km砂漠を歩いて
飛行場に向かう事になる。
執拗に追ってくるスーツゾンビ。
「ステイ❗」
彼女を噛もうとすると
犬のように怒られる。

彼女は姉に息子を預けていた
彼と高飛びすることより、
息子が気になっていたが、
ポールダンサーで薬中の
自分の愚かさに
息子に会いに行く約束を守れなかった。

そんな時、
出逢った二人の男に助けられるが、
二人はサイコ人間で、
彼女を襲っている最中に、
男はスーツゾンビに喰われる。

そして、また彼女は
飛行場に向かうのだった。

炎天下の砂漠。
ラスベガスで暑さは感じられないが、
広大な砂漠では、
2日間歩けるのだろうか?
砂嵐と夜の寒さと昼間の暑さ。
彼女の赤くなっていく、
日焼けが気になるし、
ゾンビの返り血も洗えよーってなる。
口や目に入ったら感染しないのか?

と、のんびりした
史上再少人数のゾンビ映画です。
なかなか面白かったけど最後の展開はいらない。完全に蛇足だと感じました。
ゾンビが基本1匹しか出ないし、激しい展開もない。
ただ、それが家のソファーでゴロンしながら見るにはちょうど良い。
kaahho

kaahhoの感想・評価

2.8
思ったより何も起きない、歩くスピードもほぼ同じゾンビに隠れる所もない砂漠でずっと追われる話。

でも助けて?くれて言うこと聞く?
え?(笑)


子供は可愛かった
最後ら辺は結構ありがち。
ビーム

ビームの感想・評価

4.4
ジャンルはゾンビじゃなくて完全にロードムービーだろうがって林修が言ってた。

ゾンビジャンルだとしたら、ほぼ昼間のシーンで動くゾンビは1体、ハラハラさせず、ゾンビが一番やっちゃいけないあれもあるし、全然違うだろうがって池上彰が言ってた。

様々な人や苦境によって主人公が成長していくロードムービーだろうがってHIKAKINが言ってた。

ケバいメイクやドラッグが過酷な環境によって消え去る演出とか、スモールやチェイスって名前が逆とか、飽きさせないコメディ要素を序盤にいれたり、グダグダしがちな成長のタイミングをゾンビのおかげで強制展開させたり、秀逸って日本人の金と女を喰い物にしてる韓国アイドルが言ってた。

ゾンビをうまく使う別ジャンルって、それだけでいいもの見たというか…って闇営業の関係者と繋がりありそうな本田圭佑が言ってた。

ゾンビが見たいって思ってんなら見ない方が吉。ってベンチャー企業代表の若手起業家が搾取行為の片手間に言ってた。

景色とか色彩の入れ方とか初っ端から完全にロードムービーなんだけどなー、なんでゾンビ物扱いすんのかペロペロペロペロ。
まぁなんでもいいか!今日も元気だご飯がうまい!って車燃やしてるルンペンが言ってた。
イカした撮影にバッキバキな色彩、そして小道具の気の利いた使い方などなど思わずため息が出るほど巧い。ロードムービーとしての醍醐味(出会い・別れ・成長)もしっかり味わえる良いゾンビ映画。
シンプルでありながらアイデア抜群の脚本、キマッた構図と色彩のコントラストで魅せるハッとするような美しいショット。スローなテンポはこのドラマを描く上で必須で、ひたすらのろのろ後をついてくるゾンビとそれに付きまとわれる主人公の関係が何のメタファーとして機能しているのか、それが伝わってきたとき、しみじみと静かな、でも確かに感じられるアツい感動に浸ることができた
ま

まの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ちょっと甘さを感じる部分(なぜかステイ成功、脚を撃たれて立ち上がれなくなるなど)もあるけどだいぶ好き。

タンポン投げるシーンエグかった。
飛行機修理成功の次にはもう飛行機が離陸してるカットで、モリーが残ると決めたってすぐ分かるのいいやんと思った。言わずとも分かる簡潔。テンポ保たれてる感じ。
結局お母さんががんばる映画好きなんだよなあ。

ここからは余談だけど、ゾンビものにおいてどこから感染でどこまでがセーフなのかは作品によってまちまちだと思うし、どういうルールが好きかも人によりけりだと思う。
噛まれた部位をソッコーで切り落とせばセーフっていうルール。ちょっと甘いと思わないでもないけど、好きなキャラの生存率が上がるし、切断シーンそのものがエグいから個人的にはあり。この映画ではモリー自身がやらなきゃいけない、しかも石でっていうシチュエーションがよかった。怖いのグロいの色々見て慣れちゃったけど、こういう精神的にエグいやつはいまだに目背けちゃう。切れるその瞬間は見せない、本題はグロ描写じゃない、テンポの良さ、コストカットみたいなのにもめちゃくちゃな好感を感じた。
絶叫しながらゾンビを殺すときに目も口もかっ開いて返り血浴びまくってるシーン。よくあるやつ。直接噛まれる以外にも、粘膜にゾンビの体液が入る=アウトが公式ルールだと勝手に思ってる(従って目・口に血が入るのはアウト)からあんまり好きじゃない。

あと全編通して画がきれいだった。砂漠と青空〜
こういうクソみたいなゾンビ作品の売り文句に、ロメロ三部作以来の傑作とか絶対書いたらアカン。

これを書いた奴は犯罪
流星

流星の感想・評価

1.0
つっこみたくなるところもしばしば。
何も起きない時間が長い。
x10055xx

x10055xxの感想・評価

3.0
お金かけないぞ
〜という強い意志を感じる一品。女性がもう少しだけでも可愛ければ見易さが増すがそこもお金はかけれない。
>|