ハード・コアのネタバレレビュー・内容・結末

「ハード・コア」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ひたすらハードボイルドな主人公と愉快な仲間たちの話

日曜の夜に見たんだけど、見終わったあと不思議な気分に、、、
あらすじも書きようが無い。
人生において全く見なくていい作品だと思うし、特に得るものもない!!
けど、笑ってしまう作品。
着地点がよく分からないから、見終わったあと、「で、何なん、一体??」って思うけど山田孝之と荒川良々の独特な世界観がまあ凄い。
山田孝之が来てるTシャツとか日本刀持った老人とか突っ込みポイントが無茶苦茶多いから退屈はしなかったけど

山田愛、荒川愛が強ければ好きな感じやと思う!
好き嫌い分かれるやろなぁ、、、
うーん。とても独特な世界観!

ロボ男(;A;)

左近生きててよかった!

ちょっと見終わって
ぽかーん。
平成最後の瞬間をこの作品で過ごしました。

平成はこの映画のように、他人から羨ましがられるような肩書きを一生懸命作り上げることに価値が置かれた時代。

令和は自分が心底幸せだと実感できることに価値が置かれた時代。そう思いたい。

ラストシーンのように、文明とはまるで蚊帳の外で出会う最高の瞬間を、探そうと思います。

ベタですが、やっぱり山田孝之が好き。
原作未読。
山田孝之、佐藤健、荒川良々らが出演なので、きっと面白いはず!と思いレンタル。

んー。長いよね。
特に前半なんて間延びして眠かったよ😴

佐藤健の社内Hシーンは珍しいなぁと思ったんだけど、あまり上手じゃなさそう💧
やっぱりこういうシーンは桃李よね(笑)

よく分からなかったのが、ロボオの登場シーン。
牛山が「人が死んでる」と泣きながら右近を訪ね、行ってみると布で覆われたロボット。。。??
薬品メーカーの工場跡地じゃなかったっけ?何故?
別のロボットもあったし。。
なんか唐突だったんよね。
ずっと住んでたのに。

左近が生きてたのは、やっぱりねって感じ。
丸儲けかい?いいなぁ。

そして終わったのかと思ったら、出産シーン😳
えーーー。どっちの子なの?(笑)

横たわるロボオが気の毒というか、可哀想というか。いい子だったのに(-∧-)合掌・・・


追記)山田孝之の胸毛が気になって仕方なかった。腕とかは薄いのに何故…
テレフォンセックスと飛翔シーンが良い。
断絶が深刻化する時代だからこそ、ボーダーを引く事でしか生きれない人間を描いた原作を今、映画化するに至ったのかも知れないが、いくら何でも古い。原作の夢想シーン(クジラ釣りとか)が無いと奇天烈さが弱い。もっとカルト映画に仕上げて欲しかった。映画オリジナルの「完」の後のシーンは完全なる蛇足。全然ハードコアじゃない。世間的な価値観(周囲への迎合)へ反発する右近達がたどり着く先が謎の孤島(?)で資本主義社会から解放されるのは一つの結論としては正しいけど、原作同様問いかけで終わった方が良くないか。
水沼にはめられた右近と牛山は、金城殺しの過激派として警察に包囲された。投降する右近と牛山だが、プログラムに無い感情に目覚めたロボオが2人を抱え空へと発射し爆発した。
左近は死んでいなかった。埋蔵金の現金化に成功して廃虚に戻るが、右近と牛山の姿は無い。



右近と牛山は南の島にいた。右近は、牛山と原住民との間にできた子供のお産に立ち会っている。子供は無事に産まれ、夜の浜辺で感動を共有する右近と牛山。傍らには2人をこの島まで運んできたであろう壊れたロボオが横たわっていた。
最後はハッピーエンド!
大好きな山田孝之と山下監督のタッグ!!
中盤まで、うわ、何これハズレか!?って感じだったけど旦那氏には序盤からずっとウケていた模様。
後半ロボ男さんが登場してからがほんっとに面白かった!!
この2人最高ですね!!

佐藤健も安定のかっこよさ。

ふざけてるんだけど、切なかったりして一度観る時間なくて返して再レンタルしたのですが、二回借りた甲斐がありました(^^)
キャスト見て借りた。
松さんといい
豪華なキャスト!
なのにB級映画感すごい。。

だいぶながら見で
最後までゆる〜く楽しんだ。

健くんがエロい。
ロボさんと空ビューン…笑った。

エンディングおしゃれ〜と思ったら
ovall♩
キャストの良さもあって原作の空気感を再現できてたけど、なんか物足りないしラストのアレは完全に蛇足だし…。なんか、例えるならハードコアバンドのコピバンみたいな、そんな感じ…。
>|