winos

レザーフェイス―悪魔のいけにえのwinosのレビュー・感想・評価

4.0
ゴア描写も程よく、耐えられる範囲だし(良い子は観たらダメ)、更生施設という名の下の精神病棟も素晴らしい世界観。

中盤からは一転してサイコ野郎のロードムービー。
頭ふっ飛ばされて口から煙が出るシーンなんて素敵じゃないですか。
ソーヤー家の面々はもとより、逃亡者、追跡者全てがイカレポンチなのも凄い。

「悪魔のいけにえ」とは別映画と考えて、サスペンス風味の青春ロードムービーとして観れば、もうこれは名作ではないのか。

難をあげるとすれば、レザーフェイスが狂気に走った理由が何とも弱い。
しかしラストの森のシーンでは神々ささえ感じましたよ。

結末ありきで、ここまでのものを見せられるとは。すんばらしい!!

でもグロいもんはやっぱグロいよ。