ちいすけ

レザーフェイス―悪魔のいけにえのちいすけのレビュー・感想・評価

3.0

ジェドは5歳の誕生日にチェーンソーをプレゼントされる。いきなりクレイジー。

なんやかんやあって更生施設に送られたジェドは、10年後またまたなんやかんやあり、看護師とともにクレイジーな脱走グループに巻き込まれる。

逃亡劇の始まり?



冒頭からなかなかぶっ飛んでる。
5歳であの誕生日会はトラウマですよね。

ラストはお馴染みのレザーフェイススタイルの誕生が描かれていて、なるほどーという感じでした。

看護師の偽善感は清々しかったですね。笑




吹き替えで見るとハートマン保安官が山路さんなので、ラストの方あの家の中の感じであの声を聞くとバイオ7のファミパンパピーが蘇ってく(ry