レザーフェイス―悪魔のいけにえの作品情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

「レザーフェイス―悪魔のいけにえ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

殺人一家ソーヤー家の次男、ジェドの誕生日。プレゼントはチェーンソー、臓物入りのケーキで祝われる。
しかし、まだ彼には殺しに対する躊躇いがあった。実行するのではなくおびきよせる役目を果たして、一人の女性を死に至らしめる。
彼女は、ハートマン保安官の娘だった。証拠がないが、周りで事件が多発するソーヤー一家からの保護という形で、ジェドは家族から引き離された。
それから月日が経過し、ジェドのいる施設に美しい新人看護婦リジーが現れる。
ジェドの母親はジェドを諦めておらず、再三面会の申請をしていた。
ある時、面会を断られた母親は、施設内に強引に突入してジェドと会うことを強行。その混乱に乗じて、多くの収容者が脱走をする。アイクとクラリスが車を盗み、リジーとジャクソンを人質に、バドも連れて逃走した。

ひょろりとしたまだ幼いバドに対して、余りにでっかいプレゼント。
母親がやばいっていうのは、サイコにしたって13日の金曜日にしたって同じなんだなぁ。
ハートマンの名前に、某軍曹が頭を過る。別の意味でハートマンはキチガイ保安官だったわけだけど。
保護できたクラリスを問答無用で撃ち殺すとかね。まぁね、逃走しようとしたから撃ったとでも言えば問題ないわけですけど。逃亡中に結構殺してるし。
このクラリスも、トレーラーハウスで発見した自殺体を交えてアイクとセックスとか、ちょっと新しいジャンルを垣間見た気がする。ぺろぺろ。

見るものは、誰がジェドなのかを想像しながら見ると思うんだけど、レザーフェイスはガタイが良かったからバドかと思いきや、ジャクソンだったとは。

ハートマンからの逃走中に、警察犬が投入されたのを知ったジャクソンたちは、傍で倒れていた大きな牛の蛆虫まみれの死体の皮を被ってその場を凌ぐ。
個人的にはこのシーンが一番気持ち悪かった。
割りと近くに小川が流れているのに、顔だけ洗って歩き始める三人。いやいや、くさいだろうし気持ち悪いだろうし、ちゃんと洗いなさいよと。
その赤黒くべったりとしたままで逃走。

バドを殺され、パトカーを奪って逃走するも、後ろから撃たれてパトカーが横転。リジーが目覚める時には、隣にジャクソンはおらず。
ジャクソンはマッマにお顔の傷を縫い縫いしてもらっており、彼こそがジェドだったわけで。
施設内では、家に帰るつもりはないと言っていたのに、母親の顔を見ると逆らえないのか、ソーヤー家の血が騒ぐのか。
バドを殺したハートマンをチェーンソーでぐりぐり。血が滴り落ちるチェーンソーのカットは結構好き。
逃走するリジーを追い詰めるけど、息を潜めている時に小枝を踏んで音を立てるとか古典的なことで捕まる羽目になるとは思わず、ちょっと笑ってしまった。
追い詰められたリジーは、「あなたのお母さんはイカれているわ!目を覚まして!」と叫ぶ。その直後に間髪いれずにリジーを首チョンパ。
唯一の家族だと思っていたバドを殺されて、ジャクソンの心も踏み留まれなかったんだろう。
自分の生育上の一番の土台になっていた母親を否定されるということは、それまでの自分の否定になり、許せなかったのかもしれない。
ラストは、リジーの皮を剥いだマスクを作るジェド。リジーだからお化粧しないとね、と口紅を塗り塗りするも、はみ出てうまくいかなくて鏡を叩き割るシーンで終幕。
母も息子も裁縫下手くそ遺伝子が流れている。

あっという間に脱走される施設のザルさと、バドみたいな巨漢の服も楽々手に入るところはご都合主義だけど、強引にストーリーを進めるのには些末なことなんだろう。突っ込んではいけない。
リジーは患者の更正に携わることができると熱心な看護師で、何も悪くないのに散々引き回された末に殺されるなんて、可哀想しかない。
B級だなと思うけど、少しもダレずにあっという間に見終わった感じがあったのは良かった。
レザーフェイスが結局母親の手に戻ることは分かっていたにも関わらず。
まぁ、何度も見る映画ではないかな。
はい。なるほど。わかりました。
という感じ。
そのまま、レザーフェイスの誕生のお話です。
あ、スティーブン・ドーフが意外でした。
Rikuto

Rikutoの感想・評価

2.7
2020年83本目

悪魔のいけにえの前日譚である必要性は皆無。まあまあグロいし看護婦さんとばっちりすぎるしでなんだか色んな意味で心が痛くなる映画。
いちろ

いちろの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

ゴア描写まあまあ
ストーリーまぁまぁ
キャスティングん?
って感じでした!

絶対にあのひょろい青年が
これから身長伸びて難いよくならないでしょ

太っちょが息子だと
勘違いされてソーヤファミリーに
向かいいれてもらうほうが面白いよ笑
memo

memoの感想・評価

2.0
2020 #62
悪魔のいけにえの前日譚のはずだが、何か色々と違う気がする。最近過去の映画をどうにかする新作多いけど大体残念な印象。
Kado

Kadoの感想・評価

3.3
レザーフェイス誕生物語。
まあまあ良かったと思うけど、友達殺されただけであんなトチ狂う??
レザーフェイスって8歳児くらいの知能しか持ってなかったんじゃなかったっけ?結構頭良さそうだったけどこの作品では?笑
あの動物の死体に3人入れるか?

など、若干の疑問はいろいろ残る。笑
aoi

aoiの感想・評価

2.5
まぁまあ、、、、レザーフェイスがなぜそうなったか、の話。
母親が息子たちに人殺しをさせていて、そこから保護されて施設で大人になった主人公。施設で暴動が起きて脱走。そのさなかで心友が警察に殺され、おかしくなってしまった、という話。
そんなんでそこまで行くかー?と思うけど、、、
グロいシーンはそんなにはない。
みみみ

みみみの感想・評価

2.4
グロさ以外に何も思わなかった。途中から誰にもなんなにも感情移入できないし、正直殺されていく人皆かわいそうと思えなかった。ホラーって本来そういうものなんですかね
バドちゃうんかーい(゜ロ゜;ノ)ノ
別に観なくてもよい映画です。
作品自体は嫌いじゃないのだけど、有名作品「悪魔のいけにえ」の前日譚なだけに期待しちゃってたし、元ネタのソーヤー一家やレザーフェイスのえも言われぬ不気味さが謎めいたままの方が良かったなぁと思ってしまう所もある