レザーフェイス―悪魔のいけにえの作品情報・感想・評価 - 7ページ目

レザーフェイス―悪魔のいけにえ2017年製作の映画)

Leatherface

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:89分

3.1

あらすじ

5歳の誕生日プレゼントにチェーンソーをプレゼントされた少年。 ソーヤー家の異常な環境で育った少年は、農場近くで起きた少女の変死事件により、青少年の更生施設へ送られる。 -10年後、錯乱した未成年の患者達に強いられて、看護師を誘拐して施設を脱走。道連れにされた彼は、狂気に満ちた警官に執拗に追われ、そして、悲劇のどん底へと追い詰め得られていく。 最恐・殺人鬼誕生の裏に隠された衝撃の真実と戦慄の…

5歳の誕生日プレゼントにチェーンソーをプレゼントされた少年。 ソーヤー家の異常な環境で育った少年は、農場近くで起きた少女の変死事件により、青少年の更生施設へ送られる。 -10年後、錯乱した未成年の患者達に強いられて、看護師を誘拐して施設を脱走。道連れにされた彼は、狂気に満ちた警官に執拗に追われ、そして、悲劇のどん底へと追い詰め得られていく。 最恐・殺人鬼誕生の裏に隠された衝撃の真実と戦慄の過去が、遂に明かされる。

「レザーフェイス―悪魔のいけにえ」に投稿された感想・評価

グロい系のホラー
暗くて何が起きてるか分からん事が多かった。。
しがい

しがいの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

『飛び出す悪魔のいけにえ』の世界線で描かれる前日譚。
今作も、レザーフェイスは「ジェド」であって「ババ」ではないんだ…と分かって観はしたものの、描かれたキャラクター像がやっぱり自分好みでは無いなと思ってしまった。
イケメンで、知能も普通で、恋愛もして…って、そんなレザーフェイス誰が期待するんだ😓
あの、バド少年がレザーフェイスでも何ら問題なかった。彼がレザーフェイスと見せかけて…みたいな演出不要じゃありませんか?素直にエー!イケメーン!って驚嘆するとでも?
そんなオリジナルのレザーフェイス愛を差し引いても、なんだか妥当すぎる生い立ちがイマイチな印象。
ラストでのジェドの心変わりも急すぎて、まったく感情移入できず…
結局何が彼を変えたの??っていう。
精神病院を出てから行動を共にするカップルはなかなかいいキャラしてました。
それと冒頭のソーヤー一家の晩餐で、初めて現役のグランパがハンマーを振るうシーンがあったところはめちゃくちゃ褒めたいです。
レザーフェイス誕生!!誕生しました!

ところが開始十分近くしてから入ったので見逃したわ!残念!


悪魔のいけにえのヒロイン、レザーフェイスくんの誕生秘話。まあなんかそういうのやんのどうなの?みたいな話あるけどええんやないかな。


レザーフェイス擁するソーヤー一家。開始5分、10分がその一家の特にみどころだったかもねぇというくらいに舞台は精神病棟へ。そして逃避行。


名前が入院時に変わるのでだれが後にレザーフェイスになるかわからない!というミステリ要素もあり。


まあ、こんなもんやろ!むしろレザーフェイスの実家をかなり再現しようとしててニコニコしちゃうね。オチでニッコリしちゃった。
狂った奴らの逃避行ロードムービー。
純粋で他人思いのソーヤー家の末っ子ジェド。そんな彼は友を失い、想いを寄せた人に裏切られ…こみ上げる怒り、憎しみ、悲しみ。
そして狂った一家によってレザーフェイスへ変貌する。
そりゃあんな家族に生まれればレザーフェイスになりますよ…。


今作はR18とグロに振り切り、今まで悪魔のいけにえシリーズではなかったグロテスクさがこの映画をより狂気に、よりリアルさを極めた。


この映画ただのレザーフェイス誕生映画かと思っていたら、まさかのお前がレザーフェイスだったんかいワレェ!というミステリー要素もアリで楽しめた。
みつば

みつばの感想・評価

1.0
誕生日プレゼントっていうから、ピカピカのチェーンソーかと思ってたらボロい中古だった!

レザーフェイスの設定がオリジナルと全然違ってたことが違和感しかない。
生まれつき顔が醜かったはずが元は普通だし、少しも大男じゃない。
ストーリーも穴だらけでツッコミきれない…
もっと狂気が欲しかった。

暑そうなテキサスの荒野と、チェーンソー持ってのっしのっし走るレザーフェイス、動けるソーヤー家のおじいちゃんが見どころ。
最初の悪魔のいけにえの、あの不気味な理不尽な恐怖に、無理矢理理由をつけてしまった感じ。
単体で観たら、テンポも良く怖さもちょうど良かった。
tomomo

tomomoの感想・評価

4.3
仲良しサイコ家族の過去。
レザーフェイスの良心の死から狂気の誕生。
グロより痛そうなかんじ。
叫びは無し。チェーンソーあり。
Yuki

Yukiの感想・評価

3.7
「悪魔のいけにえ祭り」完結!3週に渡り、極音上映での鑑賞をして参りました。ようやく最新作を観れたわけですが、今作は鑑賞後に精神的な疲労感が残りました。ここに来て残酷描写が胸に刺さってしまったのです。ただ、どちらかと言うとグロくて観ていられないというよりは何なんだよソーヤー一家、何でそんなことするんだよっていう嫌悪感がここに来て湧き上がってしまったという感じ。おそらくこの感情は親が子供に殺人を強要するシーンから湧き上がったのだと思います。レザーフェイス可哀想だよ。ラスト、善悪の狭間に揺れるレザーフェイスが完全に悪となった徹底的瞬間は悲しかったです。そろそろ明るい映画も観たくなってきました笑。
「悪魔のいけにえ」の前日譚
理不尽惨殺ホラーを期待したが
サスペンス要素多めで流血控えめだった。
前作知らずに独立した映画としてみた方が楽しめる。
シリーズとしては完全に不要なエピソードでファンである程ガッカリ感は多いだろう。
oucky

ouckyの感想・評価

2.5
あの「悪魔の生贄」の前日譚。お話自体は、よくある話ですが、まぁまぁ纏まったお話だったと思います。しかし、面白い、怖い、その辺りには疑問が…。オリジナルと比べるのもなんですが…。
前作はそりゃビビりました。そして、あまりにも理不尽な人殺しに吐き気を覚え、嫌悪したものです。今回の話は、言ってしまえばよくある話。しかも、テンポとかあんまり良くないです。さらに、人を人とも思ってない、ソーヤー家も甘かったし、娘を殺された保安官もかなり中途半端。
レザーフェイスに関してはキャラ設定に無理が…。何で、あんなに安易に怪物が誕生しちゃうの???って感じ。理由が無いならそのままの方が異常性が保てるし、理由を付けるならそれなり納得のいく理由を見せて欲しかったです。
唯一、ぐっと来たのは診療所から脱走して来た殺人カップル。彼らがドライブインで大量虐殺するシーンはちょっとゾワってしました。その後の死体を交えた3Pとか中々嫌悪モノでしたね。