にっきい

リディバイダーのにっきいのレビュー・感想・評価

リディバイダー(2017年製作の映画)
3.3
えっ!?ヒロインいないの?(笑)

先日大阪遠征した時に劇場でチラシを見て気になってた作品。
めちゃめちゃ公開規模は小さいけど、なんとか見れました。

2つの世界を移動出来る唯一の男の話し。
いやー、これはなかなか面白い!
冒頭から客観視点の日常と、主観視点の荒廃した世界が映し出され、一体何が起きてるのかと一気に引き込まれた!
チラシ読んで想像してた現実世界の災害の原因が仮想世界にあって、2つの世界を行き来して解決する、と言うのとはかなり違って、結構本格的なSFでした!
エコーと呼ばれる荒廃した世界での先の読めないサスペンスと、オリジナル世界の日常がどの様に交わっていくのか、前半はテンポも良くとても面白かったです!
ただ、中盤以降目的が明らかになってから少しテンポが悪くなったのが残念。
ラストは予想通りだったけど、ストーリーとしては僕は結構好きです!(笑)
まあ気になるところもあって、主人公しか2つの世界を移動出来ない理由の説明がされてなかったり、主観視点のアクションが『ハードコア』や『悪女』に比べたらかなりショボいし、そもそもエコーを主観視点でやる意味があったのか疑問なんです(笑)

先日MOVIX京都で映画を観た時の話しなんですが、今のシネコンって1ッのスクリーンで1日中同じ作品がやってる事って少ないじゃないですか?
で、時間に余裕があってまだ前の作品が上映中にシアター前のロビーに着いたら、入口の掲示板には当然今やってる作品のタイトルが表示されてる。
そこに僕の後からきた男性が掲示板見て、チケット見て、シアター番号見て…、めっちゃ焦ってた(笑)
1〜2分ウロウロして結局スタッフに聞いてました(笑)
他人事やけどかなり笑えました(笑)