えみlyVanCamp

リディバイダーのえみlyVanCampのレビュー・感想・評価

リディバイダー(2017年製作の映画)
3.8
POV映画といえばハードコアを思い浮かべますが、リディバイダーはPOVだけの映像ではなく、客観視点と一人称視点の混合シーンで構成されており、よりドラマ要素が描かれていて、観ていて飽きさせない仕上がりになっていました。
客観視点でよりドラマティックに、一人称視点でよりゲーム感覚に没頭できる作品です。
POVシーンでのハードコアとの違いとしては、画面の切り替えしというか、カメラがハードコアほどコロコロ向きを変えないので酔いにくいというところでしょうか。
あと、常に主人公のステータスが表示されていたり、敵の出現でスコープが出たり、ゲームをプレイしているかのような画面構成になっているところでしょうか。

なんといっても私の愛するダンスティーブンス主演なのでそれだけで最高です!
この作品の噂を聞きつけた当初は、POVってことなので、ダンたんの美しいお顔が全く拝めない作品になるのでは…と心配しましたが、客観視点シーンも多く、その心配は無用でした!
POVシーンでもダンスティーブンスのステキな声がずっと聞けるのでどこを取っても最高です!笑