リディバイダ―の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

リディバイダ―2017年製作の映画)

Kill Switch/Redivider

上映日:2018年06月09日

製作国:

上映時間:91分

2.6

あらすじ

エネルギー枯渇問題に直面した近未来。人類はコピーしたもう一つの地球 ≒エコーワールドからエネルギーを得ることでその危機を脱しようとしていた。 しかし、二つの世界を繋ぐ巨大タワーの暴走により各地で異常現象が発生、 地球は崩壊の危機に陥ってしまう・・・。人類は存亡をかけ、元NASAのパイ ロット・ウィル(ダン・スティーヴンス)をエコーワールドへ送り込むが、そこには 戦争の後のような荒廃した世界が広が…

エネルギー枯渇問題に直面した近未来。人類はコピーしたもう一つの地球 ≒エコーワールドからエネルギーを得ることでその危機を脱しようとしていた。 しかし、二つの世界を繋ぐ巨大タワーの暴走により各地で異常現象が発生、 地球は崩壊の危機に陥ってしまう・・・。人類は存亡をかけ、元NASAのパイ ロット・ウィル(ダン・スティーヴンス)をエコーワールドへ送り込むが、そこには 戦争の後のような荒廃した世界が広がっていた―。

「リディバイダ―」に投稿された感想・評価

POV映画といえばハードコアを思い浮かべますが、リディバイダーはPOVだけの映像ではなく、客観視点と一人称視点の混合シーンで構成されており、よりドラマ要素が描かれていて、観ていて飽きさせない仕上がりになっていました。
客観視点でよりドラマティックに、一人称視点でよりゲーム感覚に没頭できる作品です。
POVシーンでのハードコアとの違いとしては、画面の切り替えしというか、カメラがハードコアほどコロコロ向きを変えないので酔いにくいというところでしょうか。
あと、常に主人公のステータスが表示されていたり、敵の出現でスコープが出たり、ゲームをプレイしているかのような画面構成になっているところでしょうか。

なんといっても私の愛するダンスティーブンス主演なのでそれだけで最高です!
この作品の噂を聞きつけた当初は、POVってことなので、ダンたんの美しいお顔が全く拝めない作品になるのでは…と心配しましたが、客観視点シーンも多く、その心配は無用でした!
POVシーンでもダンスティーブンスのステキな声がずっと聞けるのでどこを取っても最高です!笑
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.3
近未来、深刻なエネルギー枯渇問題に直面した人類は、コピーしたもうひとつの地球≒エコーワールドからエネルギーを供給を行っていたが、各地で異常な現象が起こり始め、世界は崩壊の危機に陥る。SFアクション作。客観映像で描かれる現実世界と、FPS映像(一人称)で描かれる複製世界という設定はアイディアが光る内容。ゲーム感覚もあり、それぞれでSFアクションとして見どころはあるが、斬新さが感じられない、惜しさが目立つ物語。現実世界と複製世界を交互に描いてはいるが、上手く物語を際立たせるに至っていない感が強い。出演のダン・スティーヴンスの演技は良いが、FPS映像では活かされない、伝わらないのが残念。
たたみ

たたみの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

アイデアや映像の感じやヨシ!特にFPSのパートはテンポ良かった。
しかし、ストーリーがなあ~。単純に練りこみ不足だと思った。特に、各人物の目標設定があやふや過ぎるので、誰の何に物語の焦点を当てればいいのか分からんかった。あと、天丼ギャグかと思うほど劇中で何回も気絶するのはどうかと思う。
「ハードコア」が完成度メチャクチャ高かったせいで比べちゃうのも止む無し!実に惜しい作品。
せっ

せっの感想・評価

3.3

ゲーム実況映画。
過去の映像は普通の撮り方で今がゲーム画面みたいな主観アングル。しかもご丁寧に打たれたり怪我を負うとちゃんと警告してくるあたりほんとゲーム(笑).
.
主人公何回脳しんとう起こして気絶するの(笑)何から何までゲームだった。これは映画にするよりゲームとして発売した方が売れるよ。うん。
実之

実之の感想・評価

3.0
劇場 字幕版

・短編映画を元にした作品。FPS、複製世界(エコーワールド)、ダン・スティーヴンスで絶対好きなやつ!と思い、滑り込みになってしまいましたが観ました。

元宇宙飛行士の主人公がコピーされたもうひとつの地球に向かい、そちらの世界ではFPS(一人称視点)で進むという面白い設定。

しかしそのわりにはあっさりした展開で、主人公やその家族の設定もあまり生かしきれていないため物足りなさを感じました。
良く言えば静かな近未来SFドラマという印象なんですけど、個人的にはキャラクターでもアクションでも音楽でも何でもいいのでもう少し突き抜けるような、ぶっ飛んだ部分が欲しかったです。いや、ドローンの派手なシーン等あるにはあるし見所にはなってるんだけど。

FPSの映像は悪くないし、好きな要素が多いだけに色々と惜しい作品。同じFPS映画『ハードコア』のようなものを期待してしまったのがいけなかったのかも…。

FPSなのでダン・スティーヴンスの出演は冒頭くらいかなぁ、とほとんど期待してませんでしたが、現実パートとFPSパートが交互に展開するので思っていたよりは出てたかな。あくまで“思っていたよりは”です。

原題は『Kill Switch』ですがそのタイトルはちょっと…。もうひとつのタイトルで邦題にもなっている『Redivider』の方が左からも右からも読める遊び心もあって好き。
ちなみに監督がティム・スミットさん(Tim Smit)なんですけど、自身の名前が右からも読めるからこういう作品(対称的な二つの世界)を作ったのかなぁ、と妄想しました。

元になった短編『What's in the Box?』
https://youtu.be/IU_reTt7Hj4

シネマカリテでは初鑑賞。ミニシアターはあまりいい印象なかったのですが、雰囲気もいいし結構行きやすい場所なので今後カリコレなども行ってみたいです。
ai

aiの感想・評価

3.0
ダン・スティーヴンスのイケメンぶりを堪能するために観たのに、活躍シーンはほぼPOVなので顔が見えない…。複製世界というアイデアが面白いので、隠れんぼや追いかけっこだけではなく、エコーと元の世界の違いをもっと掘り下げてほしかった。
シネ・リーブル梅田 劇場③にて鑑賞
悪くはないんだけど、丁寧さが逆に仇となったような印象です。
みさと

みさとの感想・評価

1.1
ポスターを見て面白そうかなと思って、他に候補がある中でこれを見たけど、早々に後悔した。
ポスターのコピー以外は情報を入れず主演の役者さんも特に名前も気にせずかっこいいなと思って見てたら、複製世界に飛んで以降はひたすらPOV画像。
あれではあちらでの映像分を彼が演じてたのかすら疑問。正直他の人が演じた分に声だけ当ててたのと疑うほど。
設定はドラえもんとかにもありそうなのでまあ理解はてきたけど、それを全然活かせてなかったと思う。
普段合わない作品は寝落ちしたりしてしまうけど、積極的に途中退場したくなった。今年観た中では一番つまらない作品だった
1.9つけた作品あるけど、これと比べるとそっちの方が
遥かに面白かった
あおい

あおいの感想・評価

3.0
その箱を、壊すために使うか?それとも守るためか?

去年の「ハードコア」に続くFPS映画!主演はダン・スティーヴンス!酔うこともないけど、あまり面白くもない、微妙なSFでした( ^ω^ )

◎ストーリー
資源が枯渇した世界。ある巨大な電力会社は、エコーワールドと呼ばれる複製世界を作り、そこから資源を現実世界へと運ぶシステムを導入する。これにより安定した世界になろうとしていた矢先、システムを制御する塔にトラブルが発生する。そこで元NASAのパイロット、ウィル・ポーターは、エコーワールドへの調査を任される。謎の箱を携えて…

現実世界は普通の映画のような視点、エコーワールドでは、主観という撮影手法を用いた映画。現実とエコーが入り乱れる展開ですが、この見せ方によって混乱せずに理解することができる。その点はすごく良かった。

でも、キャラの行動がよく分からんのと、結局何が問題やったんかはっきりしない。どんどん訳が分からなくなっていって困りました( ^ω^ )エコーワールドは複製やから、最悪死んでも大丈夫じゃないんとか、なんでエコーワールドで住むことに固執するのかわからん。

主人公は頻繁に回送があるから、色々と察することができるんやけど、バディの男や電力会社の悪い人たちは、あたかも俺らのことしってるやろ?的な感じで出てきよるから、置いてかれるわ( ^ω^ )奥さんや思ったら妹やし、そこ奥さんで良くないか?

肝心のFPSは、悪くはない。ただ銃撃極端に戦少ないし、逃げるか、すぐ気絶するかばっかりなので飽きてくる。FPS生かせてないよ!「ハードコア」みたいにバンバンやってほしかった。良かったのは、CGがそこまでひどくなかったのと、ダメージ受けるとゲームみたいに画面が血で染まることかなぁ。

ダン・スティーヴンス主演やけどエコーワールドでは声だけやし、現実世界のシーンはそこまで多くないので、俳優も生かせてないのが残念。さらにヘイリー・ベネットのようなステキなヒロインもいないため、ウハウハもできない( ^ω^ )

どうしても「ハードコア」と比べてしまうけど、こっちはSF感が強めなので、また別物として観るのがいいかも。グロや爽快感よりも、普通のSF+ちょっとFPSな作品です。

2018年劇場鑑賞31作目
エネルギー問題解決のために、この宇宙のコピーを作り、そこからエネルギーを吸い上げようとする、凄いんだからおバカなんだかよく分からないプロジェクトが完成。
ところが問題が起こって、元宇宙飛行士の主人公はコピー世界へ飛ぶ。
これは残念ながら、全く褒めどころがないぞ。
現実世界は普通のテリング、コピー世界はPOVというのも今更新鮮味無いし。
これは冒頭から明かされるのでネタバレにはならないと思うが、有機物が存在しないはずのコピー世界に人間がいるのは良いとして、彼らが自分たちをコピーと認識してるのがそもそもおかしい。
他にも辻褄が合わない設定が多数。
何より、しょっ中気絶する主人公の行動と物語のソリューションに全く感情移入出来ないし、主人公と成り行きでバディを組む男の心理も完全に破綻してる。
なんで自分たちを滅ぼそうとする奴に協力するんだよ。
そもそもこの世界観の設定だと、何をどうやっても“酷え話”にしかなりようがないだろ。
色々残念な映画だった。