リディバイダーの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「リディバイダー」に投稿された感想・評価

せりな

せりなの感想・評価

2.5
設定とかPOV視点とか色々と生かせてないものが多すぎるよね。
ダン・スティーヴンス主演だけどPOV方式のカメラワークだから主人公が回想シーンでしか映らなくて俳優ファン的には物足りないんじゃないかな?
声しか聞こえないから演技とかが伝わらりにくいし。
知名度がある役者さんでこういう撮り方するなら、うまくやらなと微妙な感じになる気がする。

何が起こっていて、どうしたいのかっていうのは分かるんだけど、終わり方も中途半端な感じがして、面白いというのは難しいかな?

他の人も言ってるけど、ドローンの描写は力入ってると思う!
SUNAO

SUNAOの感想・評価

2.2
『ハードコア』を観て、FPSゲームみたいなSFのPOVモノを作ればすごいって言われると思ったのでしょうか。

( *`ω´)『ハードコア』のストーリーの綺麗さを見て学べぃ!
単純なSFのFPSなど、ほとんどがHalf Lifeの真似になるのです!

白眉たるシーンなど、何もなし
端的に言うと「無駄なシーン」しかない笑笑

CGがショボいとかそんなことは別にどーでもいいのです‼︎‼︎何鏡の国のアリス⁉︎あの世界を作った理由も主人公が送り込まれる理由も敵組織も何一つよくわからない上に主人公はただモタモタしてるだけで「動き」に乏しく「一人称」視点からカットの連続でPOVの意味がない。主人公どんだけ脳しんとう起こしてんねん笑

それなのに「野獣センパイ」は出るわ「ボンドガール」は出るわ……
sally

sallyの感想・評価

2.0
見に行く予定ではありませんでしたが、「悪魔のいけにえ」とのキャンペーン応募資格欲しさに見に行ってきました。

まず、ポスターやチラシのイメージからSF映画のような印象がありますが、ま、近未来アクションと言うべきでしょうか。

CGを駆使して出来ているので、映像的には見応えがあり、低予算であり、インディ映画であろうが、脚本次第では、メジャーに負けない映画作りが可能になりましたが、本作品、少々お話の作り方、進め方に問題があるのかな・・・・

正直、見応えある映画ではありません。

よくありがちな陰謀の巻き込まれた人が追ってから逃げるアクション映画なんですが・・・・

題材が良いと言うか、この手の内容は、お話とテンポ次第だと思うけど、テンポが悪い訳じゃないんだけど・・・

主演のダン・スティーヴンスって何処かで見た事があるなと思っていたら「ゲスト」で見た人だね、ただ、主役であるのだが、なかなか顔を映像に出して貰えない役なのでなんか可哀そうかな・・・
mpc

mpcの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

地球のコピー(笑)に自爆しに行かされるNASA飛行士(笑)のお話。

文にするとお笑いだけどなかなかスケールが大きいCGで楽しませてはくれる

元々おもろいお話なのに時系列のシャッフルとPOV展開が頭痛に

エンディングも謎😹💦
Qvoymi

Qvoymiの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

ダン・スティーヴンス主演ということなので観ました!


…が、予告もあらすじも見ないで行ったのでなんかちんぷんかんぷんでした。私に理解力が無いだけなのかもだけど…全部現実味が無くて、近未来という設定なんだけど別世界の話…って感じで。

資源枯渇の近未来、大手の電力会社が無人の宇宙(地球)を複製し、その複製の星と本来の地球を電力で繋ぎ複製されたエネルギーを吸収する…というプロジェクトが実施される。
成功したかと思われたが、複製の星は無人ではなくまんま複製で人類もいるわけ。そしてエネルギーを吸収される代わりに船とか電車とかの物体?を本来の地球から吸収し返しちゃうわけよ…。
それを阻止するべく無人と聞いたままの元NASA飛行士の主人公が複製の星へ送られる(ジャンプという)んだけども…目が覚めたら乗組員は自分以外全員死亡、外へ出ても人々が殺されまくっている。
警察?のドローンには追われ殺されかけ、本来の地球の同僚が反旗を翻して電力会社を襲撃して居たり…主人公は何が起こったのかわけがわからず。ただただ託されていた”BOX"が救済の鍵と信じて星同志を繋ぐエネルギーの橋へと向かうが………

ネタバレ
無人と聞かされていた複製の星にはコピーされたままに人類がいて、エネルギー供給のしっぺ返しにと、重力異常を続ける複製版…。
このままではどちらの星も崩壊してしまう為、どちらかの星を破壊せねば救われる道はなく、主人公は複製の星を破壊するべくジャンプさせられていたのでした。
そのジャンプは片道切符で、託されたBOXをエネルギーの橋の元に埋め込むことで自爆で星が破壊されることになっているのでした。
その計画を知った複製の星の住人たちがエネルギー会社を総攻撃してその計画を潰そうとする為、主人公をあっちもこっちもが狙うわけですよ…。

元の地球では普通にダンスティが演じ、複製の星の彼はヘッドカム目線から見る画面…という風に分けていて分かり易くしてるんだけど…
ヘッドカム画面もそんなに凝ってないし、ダンスティの顔もっと見たかったし、普通にダンスティに演じて欲しかったよね…w
主人公には妹と障害を持った甥とかいるんだけど、彼らとの関係の深さも全然現実味なかったし、、電力会社の女は終始雰囲気があやしくて気持ち悪いし…

なんかよくわからない映画でした…。
複製の星でなんでみんなが殺されてるのか、最後複製の星を破壊した後に本来の地球でその破壊を見守って安心してる妹と甥を主人公が見つめてる目線で終わるんだけどなんで見えたのか…
全然わからなくて鑑賞後にネットでそっこーネタバレあらすじを検索しましたww
なかなか良い感じはあったが何かドンドン微妙な空気が。

みんなが褒めるドローンが見どころ。

誰かが上手くリメイク出来そうな作品。

46本目 800円(株主優待)
タイトルの「REDIVIDER」が、右からも左からも「リディバイダー」と読め、表裏一体の世界を描いたこの作品にぴったりな、秀逸なタイトルだと思った。

とにかく、FPSのゲームをしているような映像が近未来的で、ワクワクした。ただ、カットすぐに変わってしまうため、リアルタイムの感じが無く、違和感を覚えた。現実世界と別世界が交互に展開していくのだが、現実世界の物語に深みが無く、別世界の物語の補完程度になっており、交互に描く意味が感じられなかった。

そして、登場人物の行動にはかなり違和感があり、重要そうなシーンもどんどんあっさり終わっていくので、置いていかれた気分になった。

近未来感を楽しむ作品なのだろう。
えっ!?ヒロインいないの?(笑)

先日大阪遠征した時に劇場でチラシを見て気になってた作品。
めちゃめちゃ公開規模は小さいけど、なんとか見れました。

2つの世界を移動出来る唯一の男の話し。
いやー、これはなかなか面白い!
冒頭から客観視点の日常と、主観視点の荒廃した世界が映し出され、一体何が起きてるのかと一気に引き込まれた!
チラシ読んで想像してた現実世界の災害の原因が仮想世界にあって、2つの世界を行き来して解決する、と言うのとはかなり違って、結構本格的なSFでした!
エコーと呼ばれる荒廃した世界での先の読めないサスペンスと、オリジナル世界の日常がどの様に交わっていくのか、前半はテンポも良くとても面白かったです!
ただ、中盤以降目的が明らかになってから少しテンポが悪くなったのが残念。
ラストは予想通りだったけど、ストーリーとしては僕は結構好きです!(笑)
まあ気になるところもあって、主人公しか2つの世界を移動出来ない理由の説明がされてなかったり、主観視点のアクションが『ハードコア』や『悪女』に比べたらかなりショボいし、そもそもエコーを主観視点でやる意味があったのか疑問なんです(笑)

先日MOVIX京都で映画を観た時の話しなんですが、今のシネコンって1ッのスクリーンで1日中同じ作品がやってる事って少ないじゃないですか?
で、時間に余裕があってまだ前の作品が上映中にシアター前のロビーに着いたら、入口の掲示板には当然今やってる作品のタイトルが表示されてる。
そこに僕の後からきた男性が掲示板見て、チケット見て、シアター番号見て…、めっちゃ焦ってた(笑)
1〜2分ウロウロして結局スタッフに聞いてました(笑)
他人事やけどかなり笑えました(笑)
ダン・スティーヴンスが主演ということで早速鑑賞しました。
一人称視点と客観視点が入り交じる新しいタイプの映画。迫力が凄まじかった。ダメージを負った時に聴力や視覚が鈍る表現がリアルでした。
ラストはう゛あ゛あ゛あ゛、まじかあっていう感じ(笑)あの電力会社の女...

4DXで上映したらとても面白いだろうなと思う作品でした!一人称視点映画大好き!