花筐/HANAGATAMIの作品情報・感想・評価

花筐/HANAGATAMI2017年製作の映画)

上映日:2017年12月16日

製作国:

上映時間:169分

4.0

あらすじ

少年は魂に火をつけ、少女は血に溺れる。 1941年の春、アムステルダムに住む両親の元を離れ、佐賀県唐津に暮らす叔母(常盤貴子)の元に身を寄せることになった17歳の榊山俊彦(窪塚俊介)の新学期は、アポロ神のように雄々しい鵜飼(満島真之介)、虚無僧のような吉良(長塚圭史)、お調子者の阿蘇(柄本時生)ら学友を得て“勇気を試す冒険”に興じる日々。肺病を患う従妹の美那(矢作穂香)に恋心を抱きながらも、女…

少年は魂に火をつけ、少女は血に溺れる。 1941年の春、アムステルダムに住む両親の元を離れ、佐賀県唐津に暮らす叔母(常盤貴子)の元に身を寄せることになった17歳の榊山俊彦(窪塚俊介)の新学期は、アポロ神のように雄々しい鵜飼(満島真之介)、虚無僧のような吉良(長塚圭史)、お調子者の阿蘇(柄本時生)ら学友を得て“勇気を試す冒険”に興じる日々。肺病を患う従妹の美那(矢作穂香)に恋心を抱きながらも、女友達のあきね(山崎紘菜)や千歳(門脇麦)と“不良”なる青春を謳歌している。しかし、我が「生」を自分の意志で生きようとする彼らの純粋で自由な荒ぶる青春のときは儚く、いつしか戦争の渦に飲み込まれてゆく。「殺されないぞ、戦争なんかに!」・・・俊彦はひとり、仲間たちの間を浮き草のように漂いながら、自らの魂に火をつけようとするが……。

「花筐/HANAGATAMI」に投稿された感想・評価

10/28 東京国際映画祭で花筐を観てきた。地方を舞台に映画を作ってきた監督が、佐賀の唐津を舞台に、戦争の足音が迫る時代を生きる若者達の青春群像を描く。自分自身、大林監督の映画は殆ど観た事が無く、激しい感情を露にしたゴッホの油絵のような映像と作風には驚いた。

檀一雄の花筐の言葉の由来をネットで検索すると室町時代の世阿弥が作った能の演目が見つかる。花筐の映画は、公家と武士の文化が混ざり合った華やかで力強さを感じるが、織田信長の様な狂気を含む混沌とした能の舞だった。

以前、何処かで能と狂言は違うと聴いた事があるが、能がシリアスなストーリー、狂言はコミカルなストーリーで、狂言は能と能の間に気分転換で舞われると聴いた。花筐の映画自体は狂言のようなコミカルな表現に終始するが、大病を病む監督が、次の時代を担う世代に伝えたい願いはシリアスで真摯、その物だった。

自分の父は富山の新湊で生まれたが祖母に連れられ、何度か新湊曳山祭を見に行った事がある。漁師町の曳山には、漁師町らしい魂が揺さぶられる魅力が在り、映画を通して観る唐津くんちの曳山も素晴らしい。

北陸能登の輪島塗りは、室町時代に生まれたそうだが、映画の「花筐」は、輪島塗りのように何層にも漆を塗り固めた漆器のような映画なのだろう。自分は静かな映画が好きなので感性が合わない映画だったが、監督の故郷、友情、戦争等に対する真摯な思いは受け止めたい。
なしこ

なしこの感想・評価

4.0
はじめは独特なコラージュのような背景などビジュアルに入り込みにくかったけど、気がついたら没入していた。
キャストの面々を的確に美しく映していて、各人の映し方を見抜いてるのが観て取れて、惚れ惚れとしてしまった。

窪塚俊介ははじめて見たけども、俗的ではないかっこよさ。眼差しや口元が女性的で素敵。何者だ〜〜〜

エンドロールの厳かな音楽としゃがれた歌声の重なりは印象的。
湯

湯の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

美那の名前を美那子と呼ぶことで自分の物として相手に紹介してしまった。自分の女として。子に含まれる独占欲的な印象に気づいた。
87

87の感想・評価

3.3
始まりは癖が強く抵抗感があったけれど、話が進むにつれて虜になっていった。おおげさな演出、それとわかりやすいCGは、まるで舞台でもみているかのようだった。
ちょ、ちょっと待って

いっぺんにそんなエネルギーを見せられても

消化できない

吐きそうぇっぷ
激しい映像表現から見る側に押し寄せてくる反戦への強い意志に圧倒される3時間。
鑑賞後の疲労が凄かった、、、
戦争と青春を描いた、と言うとありきたりな風になるが、一人一人のキャラクターがとにかく濃い。
音楽と映像から生み出される世界観は圧巻の一言だったが、少々くどく感じた節もある。
なんにせよ老監督の渾身の傑作。
り

りの感想・評価

-
地元唐津の風景とお祭のお囃子だけで地元民としては楽しいのですけど、それ抜きにしても良かった(地元の人たちには不評と父から聞いた)(馬鹿者!)
2時間半ある作品なのでとても見応えありました。何だか不思議の世界にいるようでした。

このレビューはネタバレを含みます

大阪の「シネ・ヌーヴォ」にて本日鑑賞。

ともかくあらゆるカット全てが極端にドラマティックで、画のよう。まるで刻々とせまりつつある出兵を前に残された時間は一秒一秒がまばゆい──とでも伝えたいのだろうか。

ともかく個性的な登場人物。桜の花弁舞い散る冒頭の教室から「ただ事では済まない」予感が漂いはじめる。中でも大林作品「らしい」ものと言えばやはり日本家屋の登場回数の多さで、光と陰に多くを語らせようとしているかのようだ。

見る前には果たして約3時間に及ぶ長尺に不安もあったが、基本スライドインによる場面転換でテンポはよくあっという間であった。迫る戦火=死と肺病で残りわずな命の美那が「逃げおおせぬ死」を否応なしに見る者に突きつける。

この作品は戦争の悲惨を映画を通じ伝え続けている大林監督にとっての『ゲルニカ』なのであろうか。
>|