花筐/HANAGATAMIの作品情報・感想・評価

「花筐/HANAGATAMI」に投稿された感想・評価

sksk

skskの感想・評価

-
すごいものを観てしまった…!以外のことばがでてこない。
命を賭して伝えたかったこと、私はちゃんと受け止めることができたのかしらね。この映画はここからどんどん、自分の中で育っていくようなきがする。
目黒シネマラスト一本で観た。あいしてるぜ、目黒シネマ!
ノリコ

ノリコの感想・評価

4.0
分からない。ほんとにすごいかった。映画館で観れてよかった。
Haruka

Harukaの感想・評価

4.1
難しい
Jean

Jeanの感想・評価

4.4
大林宣彦監督独創性、そして映像美で繰り広げる3時間弱の世界。
戦時中の恋愛を描くことで戦争は決して繰り返してはいけないというメッセージが痛烈に染みてきた。
死ぬとわかっていても、誰かを愛するということの美しさはこの上ないものであった。
この映画が描く愛は大林監督の人間力と彼の映画愛が見事に融合したことにより映画として多くの人に伝わったと思う。
仮に僕が余命宣告されたとしても、好きな人にはちゃんと愛を伝えたいですね。

若干間延びしたように感じられたのが少し気になりました。

好きなショット
教室に入って桜が舞う
薬を口に入れる
鏡が割れて2人が映る
卵の殻でワインを飲む
満月の使い方
HOUSEの合成は正直違和感しかなくて受け入れられなかったけど、本作の合成はパワーで最後まで持って行ってくれたから違和感はさほど感じずに見れた
現代においてここまで合成を使って成立するのは、偽物として大林唯一無二の世界が完成しているからだと思った
一年越しにやっと鑑賞。大林作品の初期作(特に『ハウス』)を連想しつつ、ラストのダンスパーティーから始まり少女の叫びに終わる一連のカオスには今まで見たことのないパワフルさ、切実さを感じ感動してしまった。残酷で悲恋な青春群像劇の中に大林監督の未来からの視点が入ることによる次の時代への希望も健在。また凄いものを見せてもらった。
れな

れなの感想・評価

3.0
なんとも言えない感じ。
嫌いじゃないけど、好きってわけでもない。
楽しい映画ではないし。
オカルトな感じもあり、キレイに血が出る。
そして常盤貴子の赤いドレス。
誰と誰がどうなってんだ?
今よりも寿命は短いし、戦争は始まるし、治らない病気も多い。
いつやるの?今でしょ!って言葉がしっくりくる時代だったのだろうね。
ただ義務教育を終えて、なんとなく大学行って、社会人つまんないって言ってる私たちってなんなんだろう。ってふと思った。
andhyphen

andhyphenの感想・評価

4.0
すごい色彩。血の赤。ものすごく作りものの映像だとわかるのに、そしてえらく前衛的で物語がするっとは入ってこないのに、没頭した169分。若者たち(えっ?長塚圭史?と思ったのは否定しない)が抗えないものに対して抵抗するさま、生を輝かせ、散らす少女、なんというか何もかもが...強い。
映像の強さに幻惑され、登場人物たちの掴めない様に主人公同様翻弄され(窪塚俊介の翻弄され感ときたら半端ない)、そして否応なくやってくる戦火の色に暗澹とさせられる。
映像はコラージュめいていて、そして色彩の派手な使い方、光、影、エロス。観ていてひたすら幻惑された。大林宣彦監督はよくもまあこんな緻密な映画を作ったなあと感嘆してしまった。そして、彼の戦争というものへの強い姿勢を感じた。喪うもののなんと多いことか。
これだけ映像を強くしても、物語というかキャラクターが負けていなかった。
いちこ

いちこの感想・評価

4.4
どう考えても俺があれこれ言っていい作品じゃない
Josh2000

Josh2000の感想・評価

4.5
創作に対する執念。
>|