ちゃんご

カランコエの花のちゃんごのレビュー・感想・評価

カランコエの花(2016年製作の映画)
-
LGBTを取り扱った作品。
いろいろ考えさせられたし短くまとまっているので、人権研修や道徳の授業で見るのにぴったりだと思う。

とあるクラスで突然のLGBTの授業。
「他のクラスではその授業をしてないらしい」「このクラスにLGBTの人がいるのでは」と噂が広まり、クラスでLGBT探しが始まる。

今作で感じたのは、知らないことや見慣れないことや自分と違うことなどいろいろあると思うけどそれらを認め理解することが大事だということ。
主人公がよかれと思って言った台詞の後とある生徒が走って逃げ出すシーンでそう感じた。

学生の会話のリアルさ、登場人物の年齢設定、担任教師の癖などなど、いろいろ良いなと思った!