つん

カランコエの花のつんのレビュー・感想・評価

カランコエの花(2016年製作の映画)
3.8
ヒリヒリする痛みを胸に感じながら観終えた。
今やっているドラマ「腐女子、うっかりゲイに告る」でもいるけど、揶揄して差別的な発言を繰り返す男子生徒。
作品の中では1人悪者になってしまっているけど、世の中の悪意とか無理解を具現化した存在なんだろうなぁ。

咄嗟に、違うよ、という庇い方しかできないよねぇ。。
だから何?それでもいいじゃんと言ってあげるには、年齢的にも時代的にも追いつけてないのかなと思える。
学校という狭い世界で、思い通りにはならなくても、苦しくない青春を送って欲しいと切実に思う。

女の子たち、みんな良い演技でした。
この作品、短編だから良かったのかもしれないな。