カランコエの花の作品情報・感想・評価

カランコエの花2016年製作の映画)

上映日:2018年07月14日

製作国:

上映時間:39分

4.1

あらすじ

「カランコエの花」に投稿された感想・評価

えび

えびの感想・評価

-
たった40分の映画に込められたメッセージに思い馳せる。
ある日突然、LGBTの授業が行われる。
高校生たちは、このクラスにも該当者がいるんじゃないかと疑い、探し始める。

クラスの緊迫感、あまりにもリアルだった。同じようなことはもちろんなかったけど、似たような空気が思い起こされて胸に冷たいものがながれて行く感覚だった。

「あなたを守る」
つきちゃんが守ろうとしたもの、桜ちゃんが本当に伝えたかったことが悲しくすれ違っていく。

その時にどうする?問題提起の映画でした。
素晴らしい。

ただ、実際、養護教諭はあんなに不用意な授業は展開しないです。


オープンしたばかりのアップリンク吉祥寺で。クラウドファンディングで寄付したので上映前のスペシャルサンクスでわたしの名前をぜひ探してください。
素晴らしい。
泣いた。

記号としてのLGBTから、リアルな人間に変わること。

セクシャリティではなく、一個人として見るということ。

学生達の心の葛藤が素晴らしい。こうやって心が成長していくと、韓国の空港で暴れるような大人にはならないと思う。
七星

七星の感想・評価

4.5
39分という短い時間とは思えないほどの内容の濃さ。
LGBTを題材としてるけど、周りの人物の描写がとてもしっかりとしてて、どこかの学校の1クラスの日常を切り取ったかのような瑞々しい映画。
エンディングの桜ちゃん演じる有佐ちゃんと保健の先生とのやりとりが辛くもどこか微笑ましく感じる。
凄く考えさせられる沢山の人に年齢関係なく観て欲しい素敵な作品。
eye

eyeの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

"カランコエの花"(2016)

この映画について思ってることを吐きだしたいので、ちょっとレビューを書いてみようかと。

よろしければお読みくださいませ。

劇場公開されてたのは昨年で、渋谷UPLINKで公開されてた頃に観た映画。

ちょうど同じ頃、ルカ・グァダニーノ監督『君の名前で僕を呼んで-Call Me By Your Name-』も観てた。

SNSも含め昨今の社会風潮でもあるLGBTについても考えるキッカケが個人的にあった頃だった。

鑑賞した当時この映画は異例とも言えるロングラン公開を続けていた。

同じようにいつまでもロングランヒットを飛ばし続けてた
"カメラを止めるな!"
にあやかって、
"カランコエを止めるな!"
とかインスタでタグ付けを促さてもいた。

話が横道にそれそうだから、もとに戻す。

映画は39分と、とても短い。
画面が暗転してから、保健の先生に対して好きな子への想いを語るラストシーンが何故か今も記憶にずっと残ってる。

純粋で無垢で、うそ偽りのない想いが馳せられていて、小さな子どもが発する好奇心を含んだような言葉が今も忘れられない。

水をためた筆洗いのバケツに絵の具が混ざって一瞬にして水の色が変わってしまうように、ソレによってカンタンに疑念や疑惑が広まる。

「悪気はなかった」っていっても何気ない言葉や行動がLGBTのヒトを傷つけてるってことがたくさんあると考えさせられた。

そして思春期のLGBTってどう向き合えばいいんだろうかと。
ピュアな気持ちだけじゃ世の中は生きていけないから余計に苦しみが伝わる。

映画が終わって、思わず劇場で泣きそうになってしまったから、しばらく席を立たずにその場にとどまってた。

数日経って、自分はこの映画は「道徳の教材で使うべきなんじゃないかな」って思った。

関わりあうそれぞれの人の考えや想いがたくさんあるからこそ考えさせる必要があるじゃないかと。

そこに正解を導き出すことに焦点を当てるんじゃなく、その人物の気持ちを捉えていくことが大切だと個人的に思う。

白や黒、0か100ではなく、その間にある見えない部分を勉強していくことが理解する一歩なんじゃないかな。

そして、それが"カランコエ"という花が持っている花言葉の意味とリンクしていくと思ってる。
A7

A7の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

なんやろう。あのリアルな空気。高校のころを思い出してしまった。
多くが語られ過ぎないところがまたリアル。
知らないということは恐ろしい。悪意の有無に関わらず、人を追い詰めてしまうことがあってしまう。それが例え「守りたい」という気持ちに基づくことでも。
もし私が高校生のときに、あの教室にいたとして、大事な友達を傷つけずにいられていただろうか。
いやいやもしかしたら、自分でも知らないうちに、誰かを傷つけていたかもしれない。
映画に出ていた人たちは、私かもしれない。私はあのひとたちになりうるかもしれない。
だからこそ知らねばならないし、考えなければならないと思う。みんながしらねばならない。
そしてエンドロールの美しさ。美しくて尊くてかなしい。
異性愛だろうが同性愛だろうが、同じ愛で、どちらが普通とか特別とかそんなんじゃない。
すごい映画だった。
あ

あの感想・評価

5.0
素晴らしい
LGBTを扱った映画という視点で見れば画期的だし そもそもそういう括りを超えてこれは青春映画なんですよね
そして当事者が誰なのか途中までわからない(しかもミスリードもある!)
それがこの映画の映画的にも素晴らしいところでもあって
短編ながらも密度が濃く 本当に観てよかったし いまいちばん人にすすめたい作品

すみませんとにかく見てほしいのでここまでネタバレなしでネタバレの表示つけてません 以降はネタバレです








39分という短さなのに シーン毎の人物の映し方がとても丁寧に捉えられている印象

でも映す部分・映さない部分を監督はきちんと分けていて 例えば桜が「やっぱいいや」というところは本人の表情が見えなくて 彼女がわたしたちの見えないところでどんな表情をしているのかを想像するだけで胸が苦しくなった

そのあとのバスに乗っている桜を捉えるカメラがガタガタ揺れていて 彼女の心情そのもので 前述のシーンも含めてほんとうに撮影もうまい
すきな人の気遣いで生まれた傷ついた表情が観ていてほんとに辛い

自転車の二人乗りもそうだし 教室も然り
想いを伝えようとして でもそれがバッサリと跳ね返されてしまうことがもうほんと見ていて苦しくて
すきな人への想いをどうしたらいいのかわからなくなるのっていちばんつらいことだし
あのバスでの涙はキャロルを思い出したりもしました

冒頭シュシュをつけながら母親と話す主人公は鏡を見ているのですが
2度目にシュシュを無理して付けなくていいよと言われたとき 今度は鏡越しの表情が映ることによって主人公の葛藤や心の揺れが垣間見られて 花言葉とともに自分の顔を鏡で見つめる眼差しがとても印象的でした
映画における鏡の使い方にはいつも注目するのですが、、
「あなたを守る」という花言葉は桜を守ってあげたいという気持ちもある一方で心のどこかで それをすることにより周りの目からもわたしを守ってくださいみたいなことを無意識に思っているのではないかなと感じた
ここらへん観た人はどう感じたのか聞きたい

保健室の先生の病気じゃないから大丈夫という言葉や
すぐに話を変えてしまい食卓から離れる母親や
クラスの男の子のからかい
隠すように着替える女の子
気持ちに気づかないふりをする気遣い
このすべてが残酷で そのどれもが日常で起こりうるようなことで 第三者の目線で何度もハッとさせられる

当事者が誰かわからないという手法は新しくて(わたしがこれまで観てきたLGBTものの作品は全て主人公が当事者)
このなかの誰なんだろう?と探してしまっている自分もいて それがまた予想していた子と違っていたときの驚いてしまったことや
改めてその子を見るときに次に何が起こるんだろうかと構えて見てしまっているのが この教室にいる子たちとなんら変わりはないのではないかと感じた

黒板を見た教室の子が みんな何も言わないなか 真っ先に声をかけたのが主人公で あぁきっとこういうところもすきになった部分なんだろうなぁと気がつくけれど その発された言葉や行動が決して救いや相手を守るものにはなっていないのが 辛い 観ていてほんとに苦しかった

わたしは吹奏楽経験者なので 映画における吹奏楽シーンはかなり気になる方なのですが 高校生にありがちな弱奏音の立ち上がりのばらつきや 一生懸命さからの緊張感など 冒頭の演奏は学校の閉塞感や人物たちの姿そのもので よかった
楽器置き場の湿っぽさも泣き崩れるシーンにぴったり

すきな人のことを幸せそうに話す姿ってめちゃくちゃいいじゃないですか きらきらしていて
その話っぷりにもう涙が止まらなくて
彼女もニコニコしていたけど きっとすきな人がニコニコしてるから無意識にそれに似てきたのもあるし すきな人がいるからうれしさもあったんだろうな

ラストのあのシュシュを握りつぶして泣く主人公からのエンドロールを見ながらほんとに涙が止まらなくて
なんかもう誰も悪くないのに いや逆にみんなが悪いのか 知らずに人を傷つけてしまう
恐ろしさとかすべていろんな感情がぐちゃぐちゃになっちゃって
これはきっと現実に起こりうることだし

男の子がハッとしたように ここからみんなが何かに気付ければ 次に繋がるというか 絶望だけのラストではない締め方も100点だとおもった

クラウドファンディングしようとおもってたのに気づいたら終わっててほんと最悪だ

監督、この次に障害者の話?をとるってなにかで見て どんな作品になるのか楽しみ

本当にいまいちばんみるべき映画
ちから

ちからの感想・評価

3.5
今までLGBTに当てはまる人が主人公の映画を触れたことはあったが、この映画は当てはまる人の周りにいる人に焦点が当てられており、40分とは思えない内容の濃い映画だった。
自分の周りにいる人が当てはまる人だったらどうしたらいいか考えさせられた。
善意からだけになお厄介な事態を悪化させるしかない無思慮なお節介ほど人を傷つけることはないということを嫌というほど教えてくれる。

くっそあの保健の先生!!なんや得意気な顔で授業して!!笑

修学旅行の班決めで1人残っていたA君を入れるようにクラスのみんなにお説教していた小学校の先生と気まずそうに下を向いていたA君のことを思い出した。

教師の気づかいが当の本人からすればさらし者になっているだけでもうやめてくれよ!!となっているような経験は誰しも一度は経験したことがあるんじゃないかな。



どことなく岩井俊二作品を思い浮かばせる鮮やかで美しい画作りや教室の生々しく見ていてこちらの胃が痛くなるほど気まずい空気感は完全に画面の向こう側の当事者にさせられるほどの力があるし前述したような学生時代の似たような記憶を無理やり引きずり出された。

40分程度の短編だが見終わった余韻やその後に深くズシンと残る感慨はそこらのメジャーの長編映画よりよっぽど大きいし観客を引きずりこむのに上映時間の長さは関係ないんだなぁとつくづく思わされた。


近年日本でもLGBTQに関する理解やリテラシーはゲイの方のテレビ出演の増加や(それによって生まれるまた新たな問題もあるがそれは置いといて)多くのハリウッドスターなどのカミングアウトによって昔と比べて高まっているとは思うが、実際に身近な人からのカミングアウトを受けた時の反応まではわからない、という人も多いだろうし、それを考えるためにも正に中高生などに教材として授業で流してほしいと思う。
kumo

kumoの感想・評価

4.2
教室の空気感がリアルで、それだけで息が詰まる。
40分という短さのなかでテーマを綺麗に描ききっている。エンディングがものすごく辛かった…。
先生も教室の生徒達も主人公も、皆悪いことはしてないんだけど、そうじゃないんだよ。当事者以外は理解している気になっていても、無意識に傷つけてしまうことがある。私にもきっとあるから、そういうことは考えておかなきゃなぁ。
>|