いち麦

女の一生のいち麦のレビュー・感想・評価

女の一生(2016年製作の映画)
4.0
ほぼ50年ぶりの再映画化。家族から次々と裏切られていく過酷な運命。狭いスタンダードの画角。急展開の見せ方や、回想の独特な重ね方、駄目ジュリアンの顔を写す角度の容赦ない使い分け、など映像に拘りが窺われ興味深かった。