マコッサ

女の一生のマコッサのレビュー・感想・評価

女の一生(2016年製作の映画)
3.2
メロメロな部分は敢えて端折って、淡々と話が進む。思い切った映画化の方法だと思うけど、そのぶん感情表現はえらく乏しい。もうちょいエモくてもいいんじゃない?