部屋とYシャツとサオリ

女の一生の部屋とYシャツとサオリのレビュー・感想・評価

女の一生(2016年製作の映画)
3.0
人間関係とか時代背景の描写が淡白だし、台詞が少ないため話自体も淡々と進む。
たまたま原作を読んでいたから理解できたけど、未読の人には非常に不親切な構成だと思う。