女の一生の作品情報・感想・評価 - 6ページ目

「女の一生」に投稿された感想・評価

Ayali

Ayaliの感想・評価

3.5
年始、岩波ホールにて。
疲れていたのか途中でうとうとしているうちに、主人公は人生の曲がり角を2つくらい曲がっていた。それくらい、静かなのに壮絶な映画。
どこまでも受け身的で、幸不幸も他力本願を強いられた「女の一生」。
ゆー

ゆーの感想・評価

2.0
ゆっくり時間が経っていってると思ってたら次のシーンで急に話がすすんでて??と思ってたらゆっくりして…と訳がわからないまま進んでたらジャンヌにイライラさせられ…観終わって私は嫌悪感しか残りませんでした
GACKT

GACKTの感想・評価

3.6
the old wives’ talesの根元にあるやつな、いかにもだった、
coco

cocoの感想・評価

-
岩波ホールにて。いやー良かった。身終い、ティエリーを見たけどどれも監督らしさが揺るがなくて好きだ。
猫

猫の感想・評価

3.6
原作は未読。
何となく想像はしていたけれど、暗い~!クライ!…
時代が時代
しかも、いいとこのお嬢さまの話なので仕方がないかもしれないけれど………
なんで、わかんないの?
私はわかるよ。父親が誰かなんて
(きっと観客はみんな知ってる)
どうして、そんなにお嬢さんなの?涙

途中で、一応決断できるときがあるんだけれど………
(私は心の中で、NOと言え~!と叫んでいました!)
………やっぱり………涙

映画の構成は面白かったです。
(が、寒空を歩いて劇場→暖かい小屋=少し寝落ち………涙)
寝たのが勿体なかった。

一応、明るいlastで、ちょっと安心したのですが
それでも後から考えると、
心の支えが替わるだけにならないか?
ちょっとだけ心配になりました。
原作!! 読みます!

 2018.01.03 名演小劇場にて鑑賞
1850年あたりの生活、価値観が丁寧に描かれている。この時代から、引きずらなくてもいいことを、私たちは引きずっている。
bunroku

bunrokuの感想・評価

3.5
照明を抑えた焦点深度の浅い絵作りで、しかもスタンダード。好みの画面。何十年もに渡るストーリーというのも好み。かなり長めのカットがあるかと思えば劇的になるはずのシーンを二つの短いインサートショットですっ飛ばしたり緩急自在。これはかなりの腕力仕事と感銘。回想やイメージ的なショットがちょっと邪魔に感じられる所もあったけど、見終わってみると全てが上手く回収されているみたいで違和感は消えた。僕はかなり満足したのだが、同行者は司教をはじめ出てくる人物がいいかげんな奴ばっかりでイライラした、とあんまり気に入らなかった様子。
とにかくたしかに主演の女優が美しい。17歳から40代(50代?)までを演じたので後半は少々老いきれてない感じもしますが美しいは美しいのでまあ良しとしましょう。
1号

1号の感想・評価

3.9
退屈だという人もいるようですが、わたしはとても好きでした。映像も、心象描写も美しく、かつ自然だった。
表情を真正面からとらえずに横顔が多く、その分抑制的で、描かれた時代の、育ちがよく、しかし抑圧された女性像が伝わると思った。横顔の美しさが主演女優の条件だったのかと思うほど印象的。
9642

9642の感想・評価

-
1. 19世紀フランスの文学作品の映画化。美しいフランスの田園、美しい邸宅、美しい貴族の娘。

2. 説明的ではないシナリオ、行間を想像させるようなシーン配置、隠し撮りのような構図の多用。

3. 主人公の息子がクズ過ぎるので、後半の展開が一周まわってコメディ。

041/100